« ヒシバッタ3種☆ | トップページ | 赤と白のホトケノザ »

ニセカントウタンポポ(仮称)

もうかれこれ5年前の話になりますが、
わぴちゃんの地元で、
変なタンポポを見つけ採取しました☆

ぱっと見の雰囲気は外来タンポポなのですが、
総苞片が反り返らず、
まるでカントウタンポポのような雰囲気。
しかも、総苞片の色合いは
どす黒く異様な雰囲気を呈していました。
3
(※写真はクリックで拡大)

Photo
(※写真はクリックで拡大)


知人の植物の専門家から、
タンポポの海外の文献を紹介していただき、
取り寄せ、英語を苦労しながら読んでいると、
いわゆる外来タンポポだけで
100種類近くが記載されており、
中には、こういう感じで、
総苞片がまったく反り返らないタイプのものも
複数紹介されてました。

また、在来種のタンポポに見られる
花粉がまったくないのもこれの特徴です。

さらに、2006年春には関東地方のあちこちで、
同じタイプのタンポポを見るようになり、
ニセカントウタンポポ」と仮称して、
折から一般向けの図鑑を執筆していたこともあって
そこに軽く触れておきました。

…というのは、従来の検索方法だと、
総苞片の反り返り具合だけで在来か外来かを判断しており、
それに基づいて、このタイプの外来タンポポを
在来種と紹介していた事例があまりにも多かったからです。


ニセカントウタンポポの特徴は…。
◆原則開花は一季性(4-5月)
 ただし、たまに不時現象も見かけます。
◆花粉が存在しない
◆総苞片は反り返らず黒緑色で異様な感じがする。
◆外総苞片は内総苞片の1/2で
 カントウタンポポとほぼ同じ。
◆突起は鮮明なものから不鮮明なものまである。

と言ったところでしょうか。


ただ、2008年以降、わぴちゃんのまわりでは、
このニセカントウタンポポは、
少々勢いが衰えた感があります。

さらに、これと他の外来タンポポ種群や
在来タンポポとの交雑と思われるような個体も
散見されるようになってきて、
いよいよ事情は複雑になってきました。

なので、この手のものは、フィールドでは
いわゆる雑種系も含めて一括して
外来タンポポ種群」と
してしまっていいのかもしれませんね。

ただし、従来の総苞片が反り返るか反り返らないかだけでは、
外来か在来かを区別することはできなくなった、というのだけを
頭に入れてタンポポと向かい合う必要はあるかな、と思います。


最初に採取した個体は毎年庭で咲いているので、
研究用に枯らさないようにしていきたいと思っています。

|

« ヒシバッタ3種☆ | トップページ | 赤と白のホトケノザ »

*外来植物*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。りかたんでお世話になっております。

このタンポポですが、初めて観察したのが2001年ごろでした。その頃は、てっきりカントウタンポポだと勘違いしていました。。。

しばらくして、結実率が良いし、何だか変だなぁと思いました。そこで、染色体数を確認すると24本、ようするに3倍体であることがわかりました。その後も、いろいろと解析してみると、普通の(?)雑種3倍体とは少し染色体の組成が異なるようでした。

突然、お邪魔してしまいまして,申し訳ありませんでした。
タンポポの研究をしていたので、つい反応してしまいまして‥

いつも、楽しく拝見しています。今後とも、よろしくお願い致します。


投稿: Hoya | 2010/03/09 09:23

◆Hoyaさん

こちらでは、はじめまして☆
りかたんではHoyaさんの記事
興味深く拝見していました。

研究者の方のご意見を
いただけるなんてとても嬉しいです。

2001年とはずいぶん前から
このタイプが入ってきていたのですね。

私の装備では染色体数まで
とてもとても調べきれないので、
貴重な情報ありがとうございます。

確かに結実率がいいですね。
私が採取して栽培を続けているものも、
1個体だけだったのがいつしか数が増えて、
全部同じ性質を持ったタンポポになっています。

そのことから、雑種というよりは
新系統の外来タンポポの帰化と考えていたのですが、
染色体までは調べられずに推測でとまっていました。

そういえば、余談ですが、
最近、西日本で外来系統の
ある特徴を持ったタンポポ2種類に
仮称がつけられたみたいですね。

タンポポの研究は奥深いですね。

こちらこそ、
これからもよろしくお願いします。

投稿: わぴちゃん☆ | 2010/03/09 23:55

はじまして。北区赤羽に住んでいます。このあいだ、近くの公園でがくの垂れていないたんぽぽがたくさん群生していたのでカントウタンポポ健在だと感じ、うれしくてブログのご近所の記事としていたんです。他の地域ではどうなのか?思って検索していたら「ニセカントウタンポポ」ってあるんですね。びっくりしました。でも近所のたんぽぽのがくはこんなに黒ずんだ緑ではないんですが、花粉があるかないかということは気がつきませんでした。

投稿: いまどき | 2010/04/16 05:49

◆いまどきさん

はじめまして★
なのにお返事が遅くなってしまい
申し訳ございませんでした。

いまどきさんのブログ記事の
該当部分の写真拝見しました。

残念ながら在来種のタンポポではなく、
このニセカントウタンポポもしくは、
ニセカントウタンポポの血が入った雑種ですね。

関東地方で見かける在来タンポポ類のがく片は、
やさしい薄緑色に近い感じです。

実はわぴちゃんも、一番最初に見つけた時は、
え?ここにカントウタンポポ?って
喜んでしまったくらいでした
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

投稿: わぴちゃん☆ | 2010/04/19 23:04

こんばんは。
いつも拝見しています。

京都の梅小路公園にて何種類かのタンポポの写真を撮りました。
その中に「ニセカントウタンポポ」に似たものもあったのですが、ちょっと見ていただけないでしょうか。(↓のリンクです。)

それにしてもタンポポ、奥が深いですね〜。

投稿: ろいこ | 2010/05/01 00:31

◆ろいこさん

いつもご覧くださいまして
ありがとうございます☆

タンポポの件、お写真拝見。
ろいこさんのブログのほうに
コメント付けさせていただきました。

西日本のタンポポ事情は、
わぴちゃん自身まだ
把握しきれていない部分がありますが、
このニセカントウタンポポは
外来系と推定されていますので、
セイヨウタンポポ同様に関東だけではなく
全国から報告があって
おかしくないと思っています。

また、変わったタンポポを見つけたら
お知らせくださいね(*v_v)o

投稿: わぴちゃん☆ | 2010/05/11 17:41

わぴちゃん「よくわかる野草のくらし」を買った者です。中にニセカントウタンポポのことも記載されています。
最近公園でタンポポの写真を撮るとき、URLのタンポポを見つけました。ニセカントウタンポポでしょうかね。

投稿: sadatomo | 2011/04/20 11:21

◆sadatomoさん

こんにちは☆
ちょっとレスコメントが遅くなってしまい
申し訳ございませんでしたm(_”_)m

URLのタンポポ拝見しました。

花が開いた状態も見たいところですが、
この黒っぽい総苞片は、
ニセカントウタンポポでいいと思います。

総苞片が反り返らず
カントウタンポポにそっくりですが、
立派な外来系統のタンポポです。

近年、このタイプの外来タンポポがふえてきてしまい、
従来の「総苞片が反り返っていれば外来種、
反り返っていなければ在来」という見分け方の
概念が崩れてしまって、タンポポの世界は
いよいよ複雑になってきましたね(>ω<。)

投稿: わぴちゃん☆ | 2011/04/23 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒシバッタ3種☆ | トップページ | 赤と白のホトケノザ »