« 下方蜃気楼 | トップページ | 春の土手のお花 »

クジラグサ(Descurainia sophia)

クジラグサ(鯨草)を紹介します。

なかなか聞き慣れない名前なのですが、
わぴちゃんが小学生のころから、
河川敷でたまに目にしていました。

最初見つけた時、手持ちの写真図鑑や、
子ども向けの図鑑には載っていませんでした。
やむなく、小学校進級祝いに買ってもらった
牧野富太郎博士の分厚い本格的な
専門文献で必死こいて絵合わせしました。

今はオトナだから難なく読めるけど
小学生のわぴちゃんには難しかった…

それでね。やっとのことで
「クジラグサ」という名前だと分かったのです。

ヨーロッパ原産の帰化植物で長野県には定着しているみたいです。

それ以外の場所ではポツンポツンと
生えては消えてしまう傾向があります。

長野県のものは渡り鳥が運んできた
自然帰化説が有力ですが、
その他の場所で散見されるものは
人為的なものと考えられています。

わぴちゃんフィールドでは、
河川敷で牧草を育てているところに混在しているので、
牧草に混じってきたのかもしれません。

クジラグサはこういう草姿です☆
草丈は50cm程度であまり分岐せず直立します。
Photo
(※写真はクリックで拡大)


クジラグサは果実期には
かなりひょろひょろとした感じになります。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


花だけをアップにしてみると、
細長くてクリーム色の花びらが4枚☆
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


これが葉です。
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

この細かく切れ込む姿を鯨のひげに例えて、
「クジラグサ(鯨草)」になったとされています。

この葉っぱを見ただけで
パッと鯨のひげが思い浮かぶなんて、
やっぱり昔の人の発想力はすごいにゃぁ…。

|

« 下方蜃気楼 | トップページ | 春の土手のお花 »

*外来植物*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下方蜃気楼 | トップページ | 春の土手のお花 »