« 早春の妖精(2)-ミヤマセセリ- | トップページ | セイヨウリンゴの花 »

最近撮影した甲虫類

まだまだ虫シリーズが続きます(^-^;)
だいぶ暖かくなってきて、蝶だけではなく
小さな虫とか、甲虫の類も増えてきました。

最近撮影した甲虫類を紹介しますね☆


ツチハンミョウの一種
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※土手でずいぶん見かけるようになりました。
なんとも不思議な形の昆虫です。

カンタリジンという
猛毒の液を出すので要注意です。

イタドリハムシ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


※見たいと思っていた憧れのハムシさんです☆
名前のとおりイタドリやスイバを食べます☆


モモブトカミキリミドキ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※これも春先によく見かけます☆
「ももぶと」のとおり、
♂の足のモモが太いです(笑)


ヘリグロテントウノミハムシ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


※最初テントウムシかと思ったのですが、
ピョーンとノミのように
跳ねたのでびっくりしました。
関東地方では都市部の公園で
増加傾向にあるようですね。

|

« 早春の妖精(2)-ミヤマセセリ- | トップページ | セイヨウリンゴの花 »

*甲虫類*」カテゴリの記事

コメント

テントウノミハムシには、私も騙されたことがあります(笑)
おまけに名前を間違って覚えてしまい、しばらくテントウミノハムシなんていってました(大汗)

ツチハンミョウは知りませんでした。
ハンミョウらしくない地味な色ですね。


先日、かねてからオオイヌノフグリの花について、関心があったので調べてみました。

そしてわぴちゃんの説(受粉するとポロリと落ちる)が一番正しいように思いました。
良かったら、この記事を見ていただけませんか。
http://blog.goo.ne.jp/mori15donguri0402/e/ba1b4f49c9a1414866c1f2896137a3ee

雨の日も咲いていたので、そのことにも触れています。あめの中で咲いた花がその後どうなるのかまで、見届けていないので気のなっているのですが、あいにくその後大量の雨が降らないので、いまだに観察できていません。
もし、ご存知でしたら教えていただけないでしょうか?

投稿: 森のどんぐり屋 | 2010/04/16 09:53

◆森のどんぐり屋さん

テントウノミハムシはわぴちゃんも
すっかりやられてしまいました。

まさかピョーンと跳ねるとは
想定していなかったので
この失敗写真しか撮れていません(>ω<。)

オオイヌノフグリの興味深い考察拝見しました。

オオイヌノフグリは基本的には1日花で、
1回咲くと翌日同じ花が咲くことはないのですが、
咲いていると中に受粉が成功すると、
そこでポロッと取れてしまう性質がありますね。

よく観察会で実演して見せてます(笑)

雨の日に咲いたのはどうなるか、
わぴちゃんも分からないです。

運よく雨滴によって花粉がくっつけば
受粉成立になるでしょうが、
花粉が流されてしまってだめなような気もします。

投稿: わぴちゃん☆ | 2010/04/19 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早春の妖精(2)-ミヤマセセリ- | トップページ | セイヨウリンゴの花 »