« ツメクサ三昧 | トップページ | 北陸で出合えた蝶 »

オトメフウロ(Geranium dissectum)

北陸の旅行では、初見の植物にも
ずいぶん出合いました。

そのひとつがオトメフウロです。

オトメフウロはヨーロッパ原産の外来種で、
雰囲気はアメリカフウロに似ていますが、
花色が濃く、葉の切れ込みも細かい特徴があります。

まず全体像。
Photo
(※写真はクリックで拡大)


わぴちゃんが見た場所では直立して
高さ30-50cmくらいに達していました。

葉の切れこみが細かいので
コチャコチャした感じがします。

花のアップです。
濃い桃紫色で、乙女の名のとおり可憐な花です。
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


葉のアップです。
葉の切れ込みはかなり深く、
斑紋等はありません。
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


果実の様子。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


フウロソウ科特有の果実の形をしています。
熟すとパチンと弾けて中から種子が飛び出します。

« ツメクサ三昧 | トップページ | 北陸で出合えた蝶 »

*外来植物*」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ