« 健気に生きる小さな虫たち | トップページ | オトメフウロ(Geranium dissectum) »

ツメクサ三昧

5月2日~5月5日にかけて、
北陸地方(新潟・富山・石川)方面へと
出かけてきました。

そこで、植物や昆虫、気象現象など
いろいろな写真を写しましたので、
紹介していきますね。

まず、想定外の収穫だったのが、
ツメクサの類がいろいろと
見られたことでした。

そこで、まずツメクサ類を中心にアップしていきますね。
あ。普通のツメクサは今回は割愛しますm(_”_)m

ハマツメクサ
Sagina maxima
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※海岸でよく見られるツメクサです。
普通のツメクサに比べるとやや大型で、
花も大きめ、結構存在感があります。


イトツメクサ
Sagina apetata
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


※西日本では増えつつあるようですが、
わぴちゃんところではまだ見たことなかったです。
花は4数性で、花弁がとても小さく退化して、
茎や葉に腺毛があるのが特徴です。
ヨーロッパ原産の外来種です。

アライトツメクサ
Sagina procumbens

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


※イトツメクサに似て4数性で
花弁がとても小さく退化しています。
ただし、植物体は無毛なのが違います。
ヨーロッパ原産です。


キヌイトツメクサ
Sagina decumbens

Photo_6
(※写真はクリックで拡大)


_2
(※写真はクリックで拡大)


※5数性で花弁もちゃんとあり、
ツメクサに似ていますが、
葉がかなり細くなります。
わりと硬めな草で、根元から黒紫色に
変色していく特徴があります。

上の写真は、その特徴に合致するので
たぶん大丈夫だと思いますが、
情報が少ない状況での同定ですので
違ったらご指摘くださいね。

« 健気に生きる小さな虫たち | トップページ | オトメフウロ(Geranium dissectum) »

*外来植物*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ