« コメツキムシ類 | トップページ | 5/30に撮影した昆虫 »

シロガラシ(Sinapis alba)

ホットドックやハンバーガー等で
おなじみの黄色いツブツブの香辛料は
イエローマスタードと呼ばれ、
シロガラシという植物の
種子から作られています。

また、黒いツブツブのマスタードは
ブラックマスタードと呼ばれ、
こちらはクロガラシという植物の
種子から作られています。

実際には、このシロガラシやクロガラシ、
さらにカラシナの種子等をブレンドして、
多彩な味のマスタードが作られています。

今回は、そんなマスタードの原料の1つで、
黄色いマスタードのもととなる
シロガラシを紹介します。

最近は、景観緑化作物としての
導入も行われていますね。

これがシロガラシ(Sinapis alba)です。
Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


葉の様子。
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


おなじみのカラシナやアブラナとちがって
深い切れこみが入ります。
またさわるとざらざらします。
キクの葉みたいなので
キクガラシ」という別名もあり、
慣れれば葉っぱだけでも見分けることができます。


花のアップ。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


花は菜の花類に多い黄色い4弁花です。


そして、果実がかなり個性的です。
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


サヤの部分に白い毛が生えています。
さらに、種は、サヤの半分くらいまでで
1つのサヤには数個しか入ってません。
その先は植物用語では「嘴」と呼ばれます。

この中にできる種子を使って、
マスタードが作られます。

|

« コメツキムシ類 | トップページ | 5/30に撮影した昆虫 »

*外来植物*」カテゴリの記事

*野菜・有用作物*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コメツキムシ類 | トップページ | 5/30に撮影した昆虫 »