« タイガーアロエの果実と種子 | トップページ | トンボさん続々登場 »

シラゲガヤ(Holcus lanatus)

6月上旬に実施した自然観察会で、
見慣れないイネ科植物を見つけました。

どうせ外来植物だろう…と思いながらも調べると、
シラゲガヤと分かりました。

案の定ヨーロッパ原産の外来種で、
明治時代より牧草として使われていたのだそうです。

全草はこんな感じ☆
1
(※写真はクリックで拡大)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


小穂が紫色を帯びることが多く、
また結構ふさふさとつくので、
イネ科ですがなかなか美しい穂です。

シラゲガヤの英名は
Velvet grassベルベットグラス
その名のとおり、全草に白くて柔らかい毛が密生して、
まるでベルベットのような肌触りです(*´▽`*)
Photo
(※写真はクリックで拡大)


小穂をアップにしてみます☆

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


苞頴と呼ばれる小花を
包んでいる部分にも毛が生えていますね。

これに似たもので稀な帰化植物として
ニセシラゲガヤがありますが、
これは、苞頴の中にある小花にまっすぐな芒があり、
それが苞頴からつき出ます。

しかし、これにはそれがありません。
短い1本の芒のようなものは、
小花からではなく苞頴から出ているものです。

« タイガーアロエの果実と種子 | トップページ | トンボさん続々登場 »

*外来植物*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ