« トンボさんの羽化シーン | トップページ | アカシジミ(Japonica lutea lutea) »

アメリカボウフウ(Pastinaca sativa)

アメリカボウフウはヨーロッパで
使われている根菜の和名です。

しかし、海外での呼称である
パースニップという名前が
一番知名度高いかもしれませんね。

これがパースニップの根です。

Photo
(※写真はクリックで拡大)


白く太くて人参のような形をしています。
そのことからシロニンジン

また、食べると甘みがあることから
サトウニンジンとも呼ばれます。

葉は羽状複葉で幅広です。
春になると茎が立ちあがってきて、
初夏に茎の先にセリ科特有の花序をつけます。
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


花は黄色で、
これもセリ科の花に多い特徴ですが、
花弁が内側に折りたたまるような
感じになります。

花を見ていただいてお分かりかもしれませんが、
人参とはセリ科仲間であるという
共通点はありますが、別属別種の植物です。

|

« トンボさんの羽化シーン | トップページ | アカシジミ(Japonica lutea lutea) »

*野菜・有用作物*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トンボさんの羽化シーン | トップページ | アカシジミ(Japonica lutea lutea) »