« ジュンサイ(Brasenia schreberi) | トップページ | トンボさんの羽化シーン »

ヘラバヒメジョオン(Stenactis strigosus)

ヘラバヒメジョオンは、北アメリカ原産の1年草です。

ヒメジョオンと同属で両者よく似ていますが、
こちらの方が葉は細長い感じで鋸歯はありません。
また、葉は濃い緑色をしていてほぼ無毛です。
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


葉が細長いので全体的にヒメジョオンよりも
スマートな印象があります。
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)


花の形・総苞の形はヒメジョオンとほぼ同じです。

Photo_7
(※写真はクリックで拡大)

Photo_8
(※写真はクリックで拡大)


舌状花(白い部分)と管状花(黄色い部分)の比率で
どうこうというのもあるようですが、
わぴちゃんが見た感じでは、あまりいい
区別点にはならないかもしれません。


参考までに、こちらがヒメジョオンの全体像です。
Photo_9
(※写真はクリックで拡大)


葉はヘラバヒメジョオンよりも幅が広く、
色も明るい黄緑色っぽい感じ、
毛があってざらざらします。

茎の上部の葉は鋸歯のないものもありますが、
茎の中・下部のものは
鋸歯がありギザギザしています。


よく探すと、ヒメジョオンと
ヘラバヒメジョオンの雑種と推定される
ヤナギバヒメジョオンがあります。

また機会があったら紹介しますが、
ヤナギバヒメジョオンは
両者の中間的な姿をしています。

ヘラバヒメジョオンとヤナギバヒメジョオンについては
やや混乱が見られるようで、
ヤナギバヒメジョオンと思われる個体が
ヘラバヒメジョオンとされていることも多いです。

|

« ジュンサイ(Brasenia schreberi) | トップページ | トンボさんの羽化シーン »

*外来植物*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジュンサイ(Brasenia schreberi) | トップページ | トンボさんの羽化シーン »