« アサマイチモンジ | トップページ | ヤグラネギ(Allium fistulosum var. viviparum) »

クスダマツメクサ(Trifolium campestre)

クスダマツメクサはヨーロッパ原産の1年草です。
シロツメクサなどと同じシャジクソウ属(Trifolium)ですが、
わぴちゃんフィールドではわりと珍しい外来植物です。
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

Photo
(※写真はクリックで拡大)


黄色い花がまとまってついて、
丸いかたまりになる様を
くすだまに例えたのでしょうか(*´▽`*)
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


花はよくみると1つ1つが
マメ科特有の蝶形花で花弁はしわしわです。

花色は黄色と文献には記載されていることが多いですが、
レモンイエローのような鮮やかな色合いです。

果実期になると、花弁は茶色くなり、
この中をガサガサやると種子が入っています。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


この花や果実期の姿を、
ビールの原料であるホップに例えたのでしょうか。
かの牧野先生はホップツメクサという和名を与えたし、
英名もHop trefoilです。

北海道に帰化している
テマリツメクサにそっくりなのですが、
葉の形に違いがあります。
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


クスダマツメクサの葉は
頂小葉のところに小さな柄があり、
側小葉と少し離れて羽状につきます。

一方のテマリツメクサは
そういった小さな柄はなく、
3つの小葉が同じところからつく
3小葉の形を取ります。

|

« アサマイチモンジ | トップページ | ヤグラネギ(Allium fistulosum var. viviparum) »

*外来植物*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アサマイチモンジ | トップページ | ヤグラネギ(Allium fistulosum var. viviparum) »