« サンヘンプ(Crotalaria juncea) | トップページ | 8/30の虹 »

ビロードエノキグサ(Acalypha australis f. velutina)

夏~秋にかけて、畑や道ばたにごく普通に生える
エノキグサ(Acalypha australis)という野草があります。

エノキグサはトウダイグサ科エノキグサ属の1年草で、
葉がエノキのそれに似ていることからその名前があります。

このエノキグサは、個体変異が非常に激しく、
葉の形や毛の有無、雄花の花穂の色などが
株ごとに異なります。

そこで、いくつかの品種が報告されており、
タイトルのビロードエノキグサはその1つです。

これがビロードエノキグサ(f. velutina)の全体像です。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


ビロードエノキグサは葉や茎に
伏毛と呼ばれる寝た毛がたくさんあり、
さわるとビロードのような感触があります。

また、典型エノキグサと比べると
草の色合いが、みどりみどりしているような
気もします(笑)

こちらは花穂です。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


上部の穂になっている部分が
雄花のあつまった穂です。

ここも典型のエノキグサは赤茶色ですが、
このビロードエノキグサは緑っぽい色合いですね。

そして、下の舟形の葉のようなものは苞で、
この中心に雌花がつきます。

|

« サンヘンプ(Crotalaria juncea) | トップページ | 8/30の虹 »

*マイナー植物*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンヘンプ(Crotalaria juncea) | トップページ | 8/30の虹 »