« 8/3の反薄明光線 | トップページ | コガネバナ(Scutellaria baicalensis) »

ニシキソウ(Chamaesyce humifusa)

ニシキソウ(Chamaesyce humifusa)は
トウダイグサ科ニシキソウ属の1年草で、
道ばたや畑など、人里近くに自生します。

数あるニシキソウ属の中では
本州に自生する唯一の在来種です。

全草はこんな感じです。
Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


葉は少し青みがかった緑色、茎は赤色で、
この色合いの対比が美しいことから
「錦」に例えられて命名されました。


花は杯状花序と呼ばれる
特殊な形態をしており色は明るい赤紫色です。

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

ニシキソウ属の鑑別には
果実の毛の様子が重要です。

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


ニシキソウの場合は果実は無毛です。
一方、茎は無毛もしくは、
白い毛がまばらに生えています。


近年は北アメリカ原産の
コニシキソウ(Chamaesyce maculata)との
競合で負けてかなり少なくなってしまいました。

コニシキソウ以外にもニシキソウ属の外来種が
他にもいくつか見つかっています。

また、ニシキソウの自生地である道ばたは
除草作業で根こそぎ片付けられてしまいやすいことと、
コンクリート舗装や除草剤の普及などで
生存が脅かされています。

ニシキソウ属唯一の在来種であるニシキソウを
取り巻く環境はかなり厳しいものとなっています。

|

« 8/3の反薄明光線 | トップページ | コガネバナ(Scutellaria baicalensis) »

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

うわわっ ニシキソウ・・・ばしばし刈り取ってます(;><)
庭や家のまわりに にょきにょき生えてくるんだもの。
かなり生命力があるのか 刈っても刈っても生えてきますよ~。

そうそう 話は変わるけど 先日「バジル」に花が咲きました^^
白くてかわいい花です。
「アップルミント」は 未だに花が咲きません・・・なんでだろうねぇ。
「ブラックベリー」は まだまだ収穫できていて
息子が 楽しんで食べてますよ♪

バラの管理や 野菜、ハーブの収穫で 冬までは
大忙しです。
でも ガーデニングって楽しいっ!!

投稿: トロにゃん | 2010/08/06 22:24

◆トロにゃんさん

こんにちは☆★

この手のものは生命力が強いですね(>ω<。)
切ると白い汁が出て、子どもたちは
トンボのミルクとか言って、
捕まえたトンボに飲ませたりして遊ぶのだ☆


ガーデニング、
ずいぶん楽しんでいるみたいだね(*^▽^*)o
この夏は高温と少雨で、
ずいぶん管理がきついのではないでしょうか?

こちらも、あちこちの畑で、
葉っぱの大きな野菜たちが
しんなりしてしまっています。

投稿: わぴちゃん☆ | 2010/08/11 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8/3の反薄明光線 | トップページ | コガネバナ(Scutellaria baicalensis) »