« サトクダマキモドキ(Holochlora japonica) | トップページ | エノコログサ類の花穂分枝 »

ミゾハコベ(Elatine triandra var. pedicellata)

ミゾハコベ(Elatine triandra)は
ミゾハコベ科ミゾハコベ属の1年草です。

いわゆる水田雑草のひとつで、
8月以降に姿をあらわしはじめ、
稲刈りをすぎると、
さらによく目につくようになります。

こんな姿をしています。
とても小さな長楕円形の葉をたくさんつけ、
地面を這うように広がる小型の植物です。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


花は1mmあるかどうかの極小のもので、
花弁は3枚、薄桃色です。

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


それでね。日本に自生している
ミゾハコベ科ミゾハコベ属はこれ1種類のみ…。

わぴちゃんの頭の中では
そういう風に覚えていたのですが、
どうも変種レベルでは
2つに分けることがあるみたいです。

1つは、狭義のミゾハコベvar. pedicellata
こちらは、花や果実に柄があります。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


わぴちゃんが撮影したものは、
こんな感じで、果実に柄がついているので、
これは狭義のミゾハコベということになります。


もうひとつは、わぴちゃんはまだ見たことない…、
というか、意識してなかっただけかもしれませんが、
イヌミゾハコベ(var. triandra)と呼ばれるもの。

こちらは花や果実には柄がないそうです。

イヌミゾハコベはていねいに探せば
見つかりそうなので、
見つかったらここにまた載せますね。

|

« サトクダマキモドキ(Holochlora japonica) | トップページ | エノコログサ類の花穂分枝 »

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サトクダマキモドキ(Holochlora japonica) | トップページ | エノコログサ類の花穂分枝 »