« クツワムシ(Mecopoda nipponensis) | トップページ | コフキトンボ(Deiefia phaon) »

ハヤシノウマオイ(Hexacentrus japonicus)

ウマオイ(馬追)は、
童謡「虫の声」に出てくる夜鳴く昆虫の1つです☆

キリギリス科ウマオイ亜科に分類されます。

ウマオイには、
主に林縁ややぶっぽいところに見られる
ハヤシノウマオイ(Hexacentrus japonicus)と、
畑地や草原・河原などに見られる
ハタケノウマオイ(Hexacentrus unicolor)の
2種に大別されます。

両者は外見上の姿はほぼ同じとされ、
生息地と鳴き声のちがいから見分けます。

今回は、ハヤシノウマオイの方を紹介します☆

スイーーーーーーッチョン
スイーーーーーーッチョン

…と、1つあたりの鳴き声が長いのが
ハヤシノウマオイです☆

この時期、樹木が茂っているような場所を
夜に通過するとよく聞くことができますね☆

その鳴き声をたよりに姿を探して
写したのがコレです☆
Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


一見、ヤブキリ等のキリギリス類にも似ていますが、
背中の茶色の斑紋の形が異なります。

こちらはハヤシノウマオイの幼虫です☆
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


バッタやキリギリスの仲間は不完全変態で、
幼虫は親を小さくしたような姿で
触角がちょんちょんして、
また、つぶらな瞳を持った子が多いので
とても可愛いですね☆

|

« クツワムシ(Mecopoda nipponensis) | トップページ | コフキトンボ(Deiefia phaon) »

*カマキリ・バッタ・ギス類*」カテゴリの記事

コメント

2種類あるとは知りませんでした。
ウマオイって耳をつんざくような音量で鳴きますよね…
部屋に入ってきてスィーーチョン!をやられた日にはもう…
つかまえて音が出ないように羽根を切り取ったこともありました。。
きれいな色をしているんですがねぇ。

投稿: ろいこ | 2010/08/09 17:15

◆ろいこさん

こんにちは☆
コメントありがとうございます☆

鳴き声がだいぶちがうようですが、
外見上はほぼ一緒だそうです。

これを撮影するのに、
スーーーーイッチョンの
鳴き声をたよりに探しましたが、
近い位置まで顔を近づけると、
耳をつんざくような音でした(^-^;)

クツワムシも、至近距離で鳴いていると、
かなりの音量ですね。

あんな小さなからだから、
これだけ大きな音を出せるってのは
すごいですよね☆

投稿: わぴちゃん☆ | 2010/08/11 17:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クツワムシ(Mecopoda nipponensis) | トップページ | コフキトンボ(Deiefia phaon) »