« オオアブノメ(Gratiola japonica) | トップページ | シソの仲間(縮れない品種編) »

ツルムラサキ2種★

ツルムラサキは、
ツルムラサキ科ツルムラサキ属の
つる性の野菜です。

わぴちゃん自身、あまりなじみのない野菜でしたが、
最近は家庭菜園ブームとともに、
ホムセンで苗が大量に売られるようになりましたね☆

俗にツルムラサキと
一緒くたに呼ばれていますが2種類あります。

1つは、江戸時代に渡来したとされている
茎も葉も緑色のもの。

園芸業界では緑茎種として
販売されていますが、分類学上は
これがツルムラサキ(Basella alba)になります。
Photo
(※写真はクリックで拡大)


花は白色で先がほんのりピンクになっています。
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


で、これはがくで、花弁はありません。
また、半開きのような感じで、
完全に花が開くこともないようです。

果実は熟すと、黒っぽくなります。

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


これをつぶすと紫色の汁がたくさんでて、
この紫色から、「つるむらさき」と
命名された…とされています。

もうひとつ、茎や葉が紫色っぽいものがあります。
これは園芸では赤茎種と呼ばれており、分類学的には
シンツルムラサキ(Basella rubra)と呼ばれます。

Photo_10
(※写真はクリックで拡大)

Photo_11
(※写真はクリックで拡大)

Photo_12
(※写真はクリックで拡大)


茎や葉の色以外には
そんなに相違点はないことから、
ツルムラサキとシンツルムラサキは分類上は
変種程度の関係にとどめる考えかたもあります。

|

« オオアブノメ(Gratiola japonica) | トップページ | シソの仲間(縮れない品種編) »

*野菜・有用作物*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオアブノメ(Gratiola japonica) | トップページ | シソの仲間(縮れない品種編) »