« アメリカアサガオ(Ipomoea hederacea) | トップページ | シロヘリクチブトカメムシ(Andrallus spinidens) »

フジマメ(Lablab purpurea)

フジマメは熱帯原産のつる植物で、
豆野菜として導入されています。

ただ、主に西日本で栽培されているようで、
わぴちゃんの行動範囲内では、
いくら探しても見かけないシロモノでした。

隠元禅師が日本に導入したことから
インゲンマメ(隠元豆)と呼ばれます。

現在は、これとは別種のゴガツササゲが
「いんげん」とか「さやいんげん」として
スーパーで普通に見かけますが、
牧野植物図鑑などでは、これは誤用で、
真の隠元豆はこのフジマメだと記載されています。


これがフジマメ(Lablab purpurea)です☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


2
(※写真はクリックで拡大)


花穂がまるで藤の花を連想させることから
「藤豆」と名前がついたとされています。

花のアップ☆

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


マメ科特有の蝶形花で、花色は赤紫色。
なかなか美しいです☆


こちらが果実の様子です。暗い紫色で、
ややひらべったい三日月のようなさやです。

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


フジマメにはいくつか品種があって、
花色が白色で、豆のさやも赤くない
緑色のものもあります☆

« アメリカアサガオ(Ipomoea hederacea) | トップページ | シロヘリクチブトカメムシ(Andrallus spinidens) »

*野菜・有用作物*」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
ウラナミシジミのところのコメントで
実物を見たことがないと言われていましたが
どこかで見つけられたのですね。
私も新潟の田舎の実家で栽培していたのを見た以外
久しく見ていません。もっとも、豆類全般大好き
だった子供のころでも、これだけはあまり好きでは
ありませんでした。サヤインゲンと同じような
食べ方だったと思いますが、ちょっと特有のクセが
あったようなおぼろげな記憶があります。

◆K.oさん

こんばんは☆
コメントありがとうございます☆

はい、やっとフジマメに
出あうことができました(*^▽^*)o

野菜の書籍にも、
少しクセがあるみたいな記述が
なされているものがありました。

わぴちゃんも豆類は
全般的に大好きなのですが、
ソラマメのあの香りはちょっと…(^-^;)

( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

フジマメは食べる機会があったら、
口にしてみますね☆★

ふじまめを育ててみたいのですが 種はどこで手にはいりますか?

こんばんは☆

じつはわぴちゃんも、
フジマメはまだ自分の手で育てたことがないです。

この写真は、たまたま公園に
植栽されていたものを見つけて写したものでした。

西日本では比較的ポピュラーらしいのですが、
わぴちゃんの住む東日本では
タネも苗も売られているのを見たことがないです。

近年、大型ホームセンターを中心に
いろんな珍しい野菜苗が
入手できるようになってきたので、
フジマメもそのうち…と思っているのですが、
今のところ、まだのようですね(^-^;)

この記事へのコメントは終了しました。

« アメリカアサガオ(Ipomoea hederacea) | トップページ | シロヘリクチブトカメムシ(Andrallus spinidens) »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ