« 11/14博物館セミナー | トップページ | 11/16利根川の川霧 »

蝶の早朝日光浴

晩秋の冷え込んだ朝、太陽が昇ってくると、
蝶は日当たりのいいところに移動して、
翅を派手におっぴろげます。

んで。砂利道や道路は
ほかに比べて暖かいんでしょうね

蝶さんたちは、道路のど真ん中で
翅をおっぴろげて日光浴をしています。

翅についた朝露を乾かすのと、
からだを温める役割があると思います。


からだがじゅうぶん温まってないと
動きが鈍いので、 朝の散策では、
踏まないように気をつけないとね(^-^;)

蝶が砂利道の真ん中で日光浴していると
意外にいい感じに周囲と同化して
気づかずに踏んづけそうになるのだ

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

まぁ、蝶の撮影としては早朝の日光浴は
絶好のシャッターチャンスですけどね☆

ウラギンシジミ(秋型・♀)

Photo
(※写真はクリックで拡大)


ツマグロヒョウモン(♂)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


キタテハ(秋型)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


ヒメアカタテハ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

|

« 11/14博物館セミナー | トップページ | 11/16利根川の川霧 »

*チョウ・ガ*」カテゴリの記事

コメント

蝶とはまったく関係ないのですが、先日
道路脇の荒地のような小さな畑で、
多分放置されているようなサツマイモに
花が咲いていました。本州では
開花するのは珍しいようなのですが、今年の
猛暑の影響か、荒地のような環境のせいなのか
おわかりでしょうか。
残念ながら最盛期を過ぎていたようで白い部分に
薄汚れたような色がまじっていました。

投稿: K.o | 2010/11/16 06:55

◆K.oさん

そちらでもサツマイモが咲いたんですねー。

わぴちゃんところでも、今年は初めて
サツマイモの花と、サトイモのつぼみを
見ることができました。

サトイモのつぼみは開花待ちなのですが、
もう朝は霜が降りるようになったので
咲くかどうかはかなり微妙ですけどね。

サツマイモは短日植物で、
開花するのには昼の長さが
短くなる必要があるですが、
本州では、そのころは気温が低くなってしまい
なかなか開花に至れないことが多いんですよね。

今年は、10月半ばくらいまで
わりと暖かい日が続いたので
その影響があるかもしれませんね。

投稿: わぴちゃん☆ | 2010/11/17 13:50

サトイモの花もン十年生きてきてみたこと
ないですね~。みてみたい!
やはり今年の猛暑の影響でしょうか。
サトイモで思い出しましたが、
昔、田舎の実家ではサトイモとヤツガシラの
両方作っていましたが、いまはヤツガシラは
ほとんど見かけなくなりましたね。
ズイキは雪国の冬の貴重な保存野菜のひとつ
でした。

投稿: | 2010/11/17 17:19

◆ K.oさん

サトイモのつぼみ。
やはりここのところ寒いので、
なかなか開かず(>ω<。)

もうちょっと辛抱強く通ってみます(笑)

ヤツガシラはわぴちゃんところでは
道の駅でたまぁに見かけますよー。
でも、いい値段しているし
数も少ないですけどね。

ズイキを干している農家さんを
たまぁに見かけますが、
これもごく少数ですねー。

来年は自分で栽培してみようかなぁ…☆

投稿: わぴちゃん☆ | 2010/11/20 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11/14博物館セミナー | トップページ | 11/16利根川の川霧 »