« 晩秋のイラストを…。 | トップページ | タイリンマガリバナ(Browallia speciosa) »

デントコーン(Zea mays var. indentata)

ここ1-2年くらいかなぁ…。

北関東エリア広範囲にわたって、
ぱっと見トウモロコシに似ているけど、
それにしては何か違和感があるなぁ…
という作物の存在に気がついていました。

トウモロコシにしてはそびえたつような草丈だし、
葉の幅が広くごつくて、一方で、
てっぺんに出る雄花の穂が細い感じです。

なんだろう…と気になっていましたが、
ようやく分かりました(^-^;)

家畜の飼料用トウモロコシ、
つまり、デントコーン
(Zea mays var. indentata)だったのです。

ていねいに観察する機会が
あったので紹介しますね☆

まずデントコーンの全体像。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


草丈は軽く2mを超えていると思います。
葉も茎もがっしりしているのに対し、
てっぺんについている雄花穂(雄花の集まり)は、
かなり細くて貧弱な感じがします。

そして葉の様子。
葉の幅の広さ・ごつさが分かるよう、
わぴちゃんの手を添えて写してみました。

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


雄花穂のアップです。
小穂ひとつひとつが毛深いです。

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


そして、雌花の様子。
ここは野菜のトウモロコシとそっくりですね☆

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


果実の様子。果実を包む「苞」が
かなり毛深いのが分かるでしょうか。
また、ずんぐりしていて、
野菜のトウモロコシと比べると小さめです。


Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

|

« 晩秋のイラストを…。 | トップページ | タイリンマガリバナ(Browallia speciosa) »

*野菜・有用作物*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩秋のイラストを…。 | トップページ | タイリンマガリバナ(Browallia speciosa) »