« 氷上にできた角板の霜結晶 | トップページ | 2010年はお世話になりました(*v_v)o »

12/28草地で発達した霜

12/28の霜の話題を続けます(*v_v)o

この日は、気温-8.5℃、
湿度79%、地温-0.5℃でした。

今回は、同じ河川敷でも、
裸地っぽいところではなく、
草地で見つけた霜です。

草地のところは地面がでこぼこしているのですが、
土がちょっとえぐれたようなところに
枯れ草等がかぶさっていると、
そこに大きく霜が発達する傾向があります。

土の中のほうは湿っているので、
そこから水蒸気が供給されるのでしょうね。

これは普通に撮影したものですが、
まるで雪のようにふわっふわです☆

1228
(※写真はクリックで拡大)


例によって、結晶をマクロ撮影すると…。

12281
(※写真はクリックで拡大)

12283
(※写真はクリックで拡大)

12285
(※写真はクリックで拡大)


12287
(※写真はクリックで拡大)


12288
(※写真はクリックで拡大)


水たまりのところでは
1つの角板が大きく発達しましたが、
それとは異なっています。

小さな小さな角板がたくさん集まって、
雪みたいなふわふわの霜ができていました☆

なんか可愛らしい姿ですね(*´▽`*)

|

« 氷上にできた角板の霜結晶 | トップページ | 2010年はお世話になりました(*v_v)o »

*霜・氷*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 氷上にできた角板の霜結晶 | トップページ | 2010年はお世話になりました(*v_v)o »