« 12/3反薄明光線を伴う過剰虹 | トップページ | ツマグロキンバエの虹色 »

ギンバイカ(Myrtus communis)

そういえば、しばらく樹木ネタを載せてなかったので、
ひさしぶりに樹木の話題を一本載せますね☆

今回はギンバイカです☆

ギンバイカ(Myrtus communis)は、
フトモモ科ギンバイカ属の常緑性の低木です。

Photo
(※写真はクリックで拡大)


漢字で書くと銀梅花で、
花が白い梅の花のようなのでその名前があります。

日本には自生せず、地中海沿岸のもので、
国内では主にハーブとして栽培されています。
ハーブの世界ではマートルの名前で
呼ばれることが多いです。

こちらが、枝葉の様子です。
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


葉はけっこうかためですが、
ミルトルという成分を含み、つぶすと甘い香りがします。

この甘い香りを料理の風味漬けに使うほか、
ポプリとしても使えます☆

晩秋には、青黒い果実ができます。

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


この青黒い果実も
料理のスパイスとして利用されます。

こちらは樹皮です。
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


低木なので、あまり太くなるわけではありませんが、
年数が経つとそれなりに風格が出てきます(笑)

|

« 12/3反薄明光線を伴う過剰虹 | トップページ | ツマグロキンバエの虹色 »

*樹木*」カテゴリの記事

*野菜・有用作物*」カテゴリの記事

コメント

わぁ,わぴちゃんには珍しく樹木ネタですね。

ギンバイカはお気に入りのひとつです。
家の生け垣にしつらえようとして鋭意養生中!

ギンバイカを含むフトモモ科樹木は,病害虫がほとんどゼロ,というのが素晴らしい性質です。
ミノムシくらいしかつかないの。
(グァバ類は沖縄なんかで迷惑雑木になっていますから,注意が必要です)

投稿: hal-co | 2010/12/07 14:20

◆hal-coさん

こんばんは☆

えへへ。
子どもたちに「あの樹なぁに?」って
聞かれてもある程度対応できるように
少しずつ頑張ってますよ~☆★

このギンバイカは、庭にあったもので、
もう何年も放置してあるのですが、
言われてみれば、病虫害がほとんどなくて、
すごく強健だなぁ、って思いました。

うちではなぜか、ホソミオツネントンボが
止まり場として気に入っているようで
時々静止しているのを見かけますよ~☆

投稿: わぴちゃん☆ | 2010/12/08 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12/3反薄明光線を伴う過剰虹 | トップページ | ツマグロキンバエの虹色 »