« ウスキホシテントウ(Synharmonia hirayamai) | トップページ | ギンバイカ(Myrtus communis) »

12/3反薄明光線を伴う過剰虹

今朝は、雷や突風を伴った激しい雨が降りました。
吹きつける雨音で目が覚めたくらいでした。

1203
(※写真はクリックで拡大)


こんな感じで、あちこちで
路面冠水が発生していましたよ(^-^;)

1203_2
(※写真はクリックで拡大)


こういう時は、とてもキケンなので、
アンダーパスの道路とか、
「大雨時冠水注意」という標識のあるところは、
車で突入しないようにしてくださいね。


ただ、この激しい雨も午前9時過ぎには弱まり、
雲が切れて太陽が顔を出しました。

なので、もしかして??と思い、
ちょっと見通しのいいところに
立ってみたら見えました(*v_v)o

1203_5
(※写真はクリックで拡大)


太陽と反対側の方角に虹です☆
反薄明光線(anticrepuscular rays)という、
太陽と反対側の方角に収束する
光や影のすじを伴っています☆

虹の部分をアップにすると…。
内側の紫色の部分からさらに、
緑・紫・緑・紫...と繰り返されていました。

1203_3
(※写真はクリックで拡大)


過剰虹(supernumerary bows)と呼ばれるものです☆

やがて、過剰虹の部分は消滅…。

1203_4
(※写真はクリックで拡大)


そして虹も消滅しました。
わずか数分のできごとでしたが、
とても幸せな気持ちになりました(*v_v)o

« ウスキホシテントウ(Synharmonia hirayamai) | トップページ | ギンバイカ(Myrtus communis) »

*虹模様の現象*」カテゴリの記事

コメント

ずっと以前に、この最後のお写真のようなのを見たことがあります。

某気象光学関係の掲示板に問い合わせた所、今日のわぴちゃんの説明と同じことをおしえられました。
でも、ピンとこなかったのですが、今日のお写真で納得できました!!

きれいですねえ~~

◆森のどんぐり屋さん

こんにちは☆

光の筋を伴った虹って
すごく美しいですよね(*v_v)o

わぴちゃん、虹と反薄明光線の組み合わせは、
実物を初めて見たので感動も大きかったです。
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

この記事へのコメントは終了しました。

« ウスキホシテントウ(Synharmonia hirayamai) | トップページ | ギンバイカ(Myrtus communis) »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ