« 12月16日千葉県最北端の初雪(2010年冬季) | トップページ | 12/18けあらしを見に。 »

☆霜の結晶が発達☆

12/17の朝は
今シーズン一番の冷え込みになりました☆

そこで、外の様子とアメダスの気温を確認し、
車に解氷スプレーをかけて、
日の出前からぐるっとまわってきました。

橋のたもとに設置された温度計は
-4℃を表示していました。
これは、精度のよいものではないので
あくまでも目安程度ですけどね。

霜・氷をさがすと決めた場所で、
まず、地温計を差し込んで地温の測定。

結果は-1℃でした。
まだ草は青々としているし地温も高めです。

でも、霜の結晶は
見事に発達していましたよ~(*´▽`*)


で。地温計を差し込んだまま、
横で霜の結晶の撮影をしていたのですが、
1時間くらいの間に地温計のガラスが
すっかり凍りついてました(/||| ̄▽)/

ということで、本日撮影した結晶の一部です。

霜の結晶としては定番の杯状結晶(コップ状結晶)

1217
(※写真はクリックで拡大)

1217_2
(※写真はクリックで拡大)

1217_3
(※写真はクリックで拡大)


そして、こちらは、小さめの杯状結晶が
いくつも重なって塔のように伸びたものです。

1217_4
(※写真はクリックで拡大)

1217_5
(※写真はクリックで拡大)

1217_6
(※写真はクリックで拡大)

|

« 12月16日千葉県最北端の初雪(2010年冬季) | トップページ | 12/18けあらしを見に。 »

*霜・氷*」カテゴリの記事

コメント

霜の結晶きれいに撮れていますね!
どうやって撮影されているのですか?
マクロレンズではここまでの倍率でないですよね。

投稿: K.o | 2010/12/18 08:47

◆K.oさん

コメントありがとうございます(*v_v)o

中間リングとかマクロフィルターとか、
いろいろ組み合わせて撮影してますよ~☆

あと、霜の時間帯は光量がまだ弱いのと、
ここまでのマクロにすると
手ブレの影響が出やすいので三脚は必須です。

それから、オートフォーカスがきかないので
マニュアルを使っています。
あらかじめ、焦点距離を決めておいて、
被写体の方を動かすとやりやすいです。


あとは、使っているカメラや
レンズの機種にもよると思うので、
試行錯誤を繰り返すして、ひたすら数をこなすと、
だんだんよく撮れるようになると思いますよ~☆

あと、霜の結晶が発達しやすい場所や条件も、
体感的にわかるようになってきます。

※あとできちんとまとめようかと思っていますが、
結晶の種類ごとに条件があるようです。

投稿: わぴちゃん☆ | 2010/12/18 18:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月16日千葉県最北端の初雪(2010年冬季) | トップページ | 12/18けあらしを見に。 »