« 針状結晶をまとった草(12/27) | トップページ | 氷上にできた角板の霜結晶 »

ペピーノの氷柱現象

ペピーノ(Solanum muricatum)は、
南アメリカ原産のナス科ナス属の多年草です。

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


おもに、食用として栽培されていて、
果実を食用とします。

ただし、熱帯性の植物なので、
寒さに弱く、国内では1年草扱いに
されることも多いです。

ところで、今朝、わぴちゃんところは
自宅前でも-7℃まで冷え込みました。

そしたら、ペピーノの枯れ枝に、
氷柱現象がついていましたよ~(*^▽^*)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)


Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


氷柱現象は、枯れ草の維管束内にある
水分が凍って、白い氷となって出てくるものです。

シソ科のシモバシラには、
見事な氷柱がつくことで有名ですが、
他にも、氷柱現象を生じる植物はいろいろとあります。

|

« 針状結晶をまとった草(12/27) | トップページ | 氷上にできた角板の霜結晶 »

*霜・氷*」カテゴリの記事

コメント

うわ!パッと見サナギみたいですね!初めて見ました(*_*)
あ、先日からご丁寧なお返事をして下さって、ありがとうございます☆
千葉県なら去年一度だけ行った事があります♪
羽田から蘇我行きに乗って、千葉みなと駅ってとこで降りて、「あすなろ号」ってゆう千葉港一周する小さな遊覧船に乗りに♪その船に乗るためだけに行きました!あたし工場の風景が大好きで、工場を観るためだけに、千葉や東京、神奈川(川崎・横浜)に行くんです☆
来年の春あたりにまたあすなろ号に乗りに行くつもりです(o^∀^o)
わぴちゃんにバッタリ会えたらいいなぁ~☆

投稿: マキ | 2010/12/28 22:44

◆マキさん

あけましておめでとうございます☆

千葉港を一周する遊覧船なんて
あるんですね~☆

あのあたり一帯は、
工場とかコンテナ埠頭(?)とかが多くて、
人工的な造形の美がありますよね☆

港の周辺には、
なにかに紛れ込んできたタネが芽生えて、
珍しい外来種が一時的に見られることがあります。
なので、あのあたりに出かけたときは、
道ばたやちょっとした空き地の野草に
珍種が混じっていないか目が行ってしまいます(笑)

( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

また「あすなろ号」に乗りに来る
計画があるんですね~☆
ばったり会えたらいいですね(≧▽≦)ノ

投稿: わぴちゃん☆ | 2011/01/01 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 針状結晶をまとった草(12/27) | トップページ | 氷上にできた角板の霜結晶 »