« 12/25大きな角板結晶の霜 | トップページ | 針状結晶をまとった草(12/27) »

杯状結晶の複雑な模様

12/25の栃木県内の河川敷で撮影した
霜の写真の続きです(*v_v)o

今回は、霜の結晶としては、
ポピュラーな部類にはいる杯状結晶です。


いつものように光にかざして超マクロで写しましたが、
今回は、かざし方を工夫してみました。

空にかざす時の太陽との位置関係を調整して、
陰影が強く出るようにして見たのです☆☆

だから、顕微鏡写真のようになってます(笑)

1225
(※写真はクリックで拡大)


1225_2
(※写真はクリックで拡大)


12253
(※写真はクリックで拡大)


12254
(※写真はクリックで拡大)


12255
(※写真はクリックで拡大)


陰影を強くすると、
結晶の内部構造が見えてきます。

精細画のような緻密な構造、
定規で線を当てたかのような直線…。

いいですよね(*v_v)o

一晩の成長のストーリーを物語っています。
模様が複雑で、線の数が多いほど、
途中でいろいろな障壁があったことをしめし、
波瀾万丈だったことになります。


こんなにも複雑で美しい造形ですが、
日の出とともに急速に融けてしまう
とてもはかない存在でもあります。

|

« 12/25大きな角板結晶の霜 | トップページ | 針状結晶をまとった草(12/27) »

*霜・氷*」カテゴリの記事

コメント

私も結晶の形に興味があり中学生くらいだったかの頃、
定番の実験ですが明礬の水溶液で8面体の結晶を
作って遊んでいました。
最近では冷蔵庫に放置していた魚醤のビンの中に
3mm位の食塩の結晶を見つけて妙にうれしくなりました。アホですね~。

投稿: K.o | 2010/12/27 17:28

◆ K.oさん

こんばんは☆★

結晶の形はどれも美しいのが多いですね☆

わぴちゃんも、氷に限らず、
どこかで結晶を見かける機会があると、
大喜びしてしまいますよ(*´▽`*)

子どもの頃、科学雑誌の影響を受けて、
食塩を使ってとにかく大きな結晶を作ろうと
ずいぶん試行錯誤をしたのを思い出しました。

1cm角の欠けたり余計な付属物のついていない
美しい立方体ができたときは感動して
しばらく机の上に飾っていましたよ~(笑)

投稿: わぴちゃん☆ | 2010/12/27 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12/25大きな角板結晶の霜 | トップページ | 針状結晶をまとった草(12/27) »