« 梅とハエ | トップページ | イネ科野草の枯れ姿 »

バケツの中のシダ状氷

今朝は、わぴちゃんところも
かなり冷え込みました。

ただ、空気が乾燥しているため、
霜はほとんど出ていませんでした。

菜っ葉系には、
よく派手に霜がつくのですが、
それにもほとんど霜はなく、
代わりに、完全に凍みていました。

色が濃くなり波打ったような感じで、
傍目柔らかそうに見えるのですが、
さわってみるとバリバリに凍っていました。

なので、今回は霜ではなく、
氷のほうにスポットを当てますね。

バケツの水に張った氷です。

ここのところの厳しい寒さで、
日中でも氷が融けずに、
夜になるとさらに氷ができて、
その繰り返しで分厚い氷になっていました。

その氷をひっくり返すと、
裏についていました☆★

昨シーズンも紹介しましたがシダ状氷です。

1111
(※写真はクリックで拡大)

1112
(※写真はクリックで拡大)

1114
(※写真はクリックで拡大)

1115
(※写真はクリックで拡大)

1116
(※写真はクリックで拡大)

1117
(※写真はクリックで拡大)


この、シダの葉のような繊細なギザギザ、
すごく美しいですよね~(*´▽`*)

このシダ状氷は、2タイプありました。

1つは、氷の裏に生えているかのごとく
くっついて成長したもの。

もうひとつは、スープの具のように
水の中に漂っているものです。

水の中を手でさらうと、
スープの具のごとく漂っている
シダ状の氷がたくさん掬えて、
まるで、お宝掬いでもしているかのようでした。
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪


それを素手ですくったので、
手がキンキンしましたけどね。

|

« 梅とハエ | トップページ | イネ科野草の枯れ姿 »

*霜・氷*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅とハエ | トップページ | イネ科野草の枯れ姿 »