« 目覚めたら真っ白(/||| ̄▽)/ | トップページ | 道ばたに咲く花 »

20センチ超えの巨大霜柱

厳冬期になると、里山の日かげ部分に
できた霜柱は日中も融けずに残ります。

夜になると、融け残った霜柱の下に
さらに霜柱ができます。

それを何日もくり返していくうちに、
巨大霜柱へと発達していきます☆


ちなみに、昨シーズンは、
17センチの巨大霜柱を見つけています☆

今シーズンは、昨シーズンよりも
明らかに気温が低いので、
もっともっと大きなのが見られるかなぁー
と探してみました。

まず最初に見つけたのは序の口の9.5センチ。

1159
(※写真はクリックで拡大)


段重ねになっているのは、
何日もかけて成長した証です。

段の数だけ日数を重ねています。


こちらは、17センチ。
うーーん。これでは昨年と同じなので
もうひと声いきたいですのぅー。

11517
(※写真はクリックで拡大)

これは…20センチ(≧▽≦)ノ

11520
(※写真はクリックで拡大)


さらに27センチ(≧▼≦)ノ

115_3
(※写真はクリックで拡大)


さすがにここまでくると霜柱の域を超えて
凍土」と呼んだ方がいいでしょうね(笑)

ちなみに、こういうふうに、土がもこもこと
アリ塚のように盛り上がっている場所に
巨大霜柱が隠れています。

115
(※写真はクリックで拡大)


こんな感じでね☆

115_2
(※写真はクリックで拡大)


パッと見は普通の土ですが、
土の中でもろい霜柱が段重ねで
何十cmにも発達しているため、
うっかりこの上に乗ってしまうと、

ズボボボボーーーッ!!

って落とし穴にはまったように
なりますので気をつけてくださいネ(*v_v)o

|

« 目覚めたら真っ白(/||| ̄▽)/ | トップページ | 道ばたに咲く花 »

*霜・氷*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目覚めたら真っ白(/||| ̄▽)/ | トップページ | 道ばたに咲く花 »