« 1/3朝顔のような形の霜 | トップページ | 小さい春見つけた♪ »

しぶきによる氷の造形

記事が前後して申し訳ございませんが、
12/31に会津方面へ出かけた際に、
雪氷探索で見つけたものの中から…。

ぽたぽたと常時水が滴るような場所、
それから、河川や沼からの
水しぶきがかかるような場所では、
氷の造形を楽しむことができます(*v_v)o

枯れ草、木々の枝にあたった水しぶきが、
少しずつ凍りついて大きく発達したのが飛沫着氷です。

1112313
(※写真はクリックで拡大)

1112314
(※写真はクリックで拡大)

1112318
(※写真はクリックで拡大)


枯れ草が、分厚い半透明な氷で
コーティングされたようになります(*v_v)o

そして、水しぶきがかかる場所に
できたつらら(氷柱)のことは、飛沫氷柱と言います☆

1112312
(※写真はクリックで拡大)


1112311
(※写真はクリックで拡大)


飛沫氷柱と飛沫着氷は、同時多発的に発生して、
すごく幻想的な光景になることもあります☆

あとは、地面に水しぶきがかかり続ける場合、
まるで、たけのこのように氷が上に向かって成長していきます。
これを氷筍と言います☆

1231
(※写真はクリックで拡大)


ここのものは、多数密集してできているから、
なんか健康サンダルの…(以下省略)

|

« 1/3朝顔のような形の霜 | トップページ | 小さい春見つけた♪ »

*霜・氷*」カテゴリの記事

コメント

うわわわわ(°□°;)なんぞ!!??わぴちゃんは行く先々で、実に珍しい光景や自然現象によく出くわしますねぇ!持ってますねぇ~(笑)
あ、遅れましたが、明けましておめでとうございます☆今年も、ちょいちょいお邪魔させていただくので、ヨロシクお願い致します(´∀`)♪

投稿: マキ | 2011/01/05 04:25

◆マキさん

こちらこそ、今年も
よろしくお願いします(*´▽`*)

自然現象のありそうな「環境」や、
発生条件のよさげな気象条件を
事前に下調べして狙っているから、
効率よくみられているのかも。

たまにはずすこともありますけどね(笑)
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

ぜひぜひお気軽に遊びにいらしてネ☆

投稿: わぴちゃん☆ | 2011/01/07 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1/3朝顔のような形の霜 | トップページ | 小さい春見つけた♪ »