« 会津の雪氷探索-地ふぶき- | トップページ | しぶきによる氷の造形 »

1/3朝顔のような形の霜

今朝はずいぶん冷えるなぁ…と思い、
外に温度計を置きました。
そしたら、6:50の段階で-6℃☆

まわりの畑や草原が霜で真っ白(*´▽`*)

…ということで、早朝散策してきました
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

またまた近所の利根川河川敷です(笑)

日光の雪山に地球影がかかって、
ピンクできれいだったので、
それを撮影してから霜探索開始です(*v_v)o

7:30の段階で河川敷の状況は

気温…-4.8℃ 湿度…87% 地温…-2℃

また水たまり付近の霜を探してみました☆

まずは、大きな角板の結晶☆
1032
(※写真はクリックで拡大)

そして、今回初めてのタイプの
結晶を見つけました☆

1031
(※写真はクリックで拡大)

1033
(※写真はクリックで拡大)

1034
(※写真はクリックで拡大)

1035
(※写真はクリックで拡大)


霜の結晶分類では、正式な名前はありませんが、
雪の結晶分類では「カップ型」と呼ばれるものです。
幅が広く、朝顔の花のように広がった六角錐の結晶です。

雪の結晶の文献では、カップ型は
-5℃前後の「角板」と「角柱」の
中間的な温度できることが多いとあります。

確かに、角板と角柱の
中間的な形をしているような感じですね。

|

« 会津の雪氷探索-地ふぶき- | トップページ | しぶきによる氷の造形 »

*霜・氷*」カテゴリの記事

コメント

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします

この霜、とても霜とは思えないですね!!
実際に見たいけれど、そんな低い気温には絶対ならないからだめです。残念!

と~~ってもきれいで、飾っておきたいようですね。

投稿: 森のどんぐり屋 | 2011/01/06 13:36

はじめまして。
私も霜の写真を撮っておりまして
自分のアクセス解析から、わぴちゃんさんのサイトと
このブログを知りました。
素晴らしいです!!
霜の結晶をしっかり撮る方はなかなか見当たらないので
少々の自信は持っておりましたが
わぴちゃんさんの写真を前に、もう恥じ入るばかりです。(汗)
しっかりとした知識をお持ちだな~と思ったら
そういうお仕事をなさってるんですね。
自分の霜に対する解釈の間違いに再び恥じ入り・・・(汗)
まだまだ知らないことばかりですので、いろいろ教えてください。

よろしくお願いします。

投稿: てぃーだ | 2011/01/06 16:37

◆森のどんぐり屋さん

今年もよろしくお願いします(*v_v)o

この霜を見つけたとき、
わぴちゃんも感動しました☆

こちらは、日中はそこそこ暖かいのですが、
朝の冷え込みがきつくて、今シーズンだけでも、
もうすでに-5℃以下の冷え込みが何回も…(^-^;)


◆てぃーださん

てぃーださん、はじめまして☆
ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
お仲間発見、すごく嬉しいです☆
てぃーださんのブログも拝見しましたよ☆

霜は、雪氷学の中では、
あまり知見の集積がないので、
やぶをかき分けながら進む感覚ですが、
それがまたおもしろいですよね。

こちらこそ、よろしくお願いします(*v_v)o

投稿: わぴちゃん☆ | 2011/01/07 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会津の雪氷探索-地ふぶき- | トップページ | しぶきによる氷の造形 »