« 木の皮にテントウムシ | トップページ | キバラヘリカメムシ(Plinachtus bicoloripes) »

クロヒラタアブ(Betasyrphus serarius)

今日は立春。
暦の上では春となります。

それにあわせるかのように、
今まで続いた厳しい寒さが
一段落しましたね~(*´▽`*)

まぁ、まだまだ、本当の春には程遠く、
寒の戻りも何回かあるでしょうけどね。

この寒い中でも、
陽だまりで元気に飛びまわっているのが、
ヒラタアブの仲間です。

ヒラタアブの仲間は種類が多いうえに、
同定の難しいものが多いです。

クロヒラタアブ(Betasyrphus serarius)は、
その中では、比較的わかりやすい種かなぁ…と思います。

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)


腹の部分のベースの色は黒色で、
クリーム色の細い帯が3本入ります。

この時期は、陽だまりで日光浴していたり、
カンツバキやスイセンの花にきて、
蜜や花粉を食べたりしています。

« 木の皮にテントウムシ | トップページ | キバラヘリカメムシ(Plinachtus bicoloripes) »

*アブ・ハエ・双翅目*」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ