« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

3/30の氷あられ

3/30夜は、
今年初めての雷が鳴りました。

また、突風とともに、氷あられ
ものすごい音を立てて降りました。

氷あられの写真を載せますね(*v_v)o

330
(※写真はクリックで拡大)

3302
(※写真はクリックで拡大)

3303
(※写真はクリックで拡大)


2011年の年明けから、
わぴちゃんの身のまわりで、
いろいろなものを立て続けに
「失う」状況が続いています…(>ω<。)

今回の震災でも、故郷で
大きなものを一つ失いました…。

今宵、別件で、あまりよくない知らせが
舞いこんできてかなりドヨーンとしています。

余震もまだ続いているし、
〆切にも追われているし、
話し相手もいないしで、
かなり精神的に切羽詰っていますが、
これは、神様から与えられた試練とおもって、
なんとかひとりで静かに耐え抜こうと思います(*v_v)o

| | コメント (9)

ひさしぶりの霜結晶

今朝は、真冬並の冷え込みとなりました。
霜の結晶を写しましたので、載せますね(*v_v)o


気温…-3.5℃  湿度…48% (6:37確認)

地温は、地面がバキバキに凍って、かたくてビクともせず、
地温計が差し込めなかったので測定できていません。

角板

327
(※写真はクリックで拡大)

327_2
(※写真はクリックで拡大)


※平べったい霜結晶です。
結晶の成長に伴って年輪のような線が入り、
条件がよければ肉眼でも
分かるくらいの大きさになります。


雪の結晶型

327_3
(※写真はクリックで拡大)

※さすがに3月下旬なので、
厳冬期のような見事なものではありませんが、
角板が枝分かれして、雪の結晶型に
なりかかっているのが分かります。


杯状結晶

327_4
(※写真はクリックで拡大)


※さかずきを逆さにしたような、
六角錐の霜の結晶です。


◆角板と雪の結晶型の中間型

327_5
(※写真はクリックで拡大)


おそらく、気温と湿度の条件が微妙で、
「雪の結晶型」と「角板」のどっちにもつかず、
中間型のようなすがたになったんだとおもいます。

| | コメント (3)

☆青いじゅうたん☆

オオイヌノフグリの大群生を見つけました(*v_v)o

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


まさに青いじゅうたんって感じですね(≧▽≦)

もうちょっと近づいて、花の形が分かる程度に
写したものも載せておきます。

1_2
(※写真はクリックで拡大)

4
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (10)

壁に生える草

お昼を買いに出かけた際に、
コンクリートの壁のところに
たくましく息づく野草を見つけました(*v_v)o

ホトケノザ

Photo
(※写真はクリックで拡大)


ハナイバナ

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


わぴちゃん、昼夜とわず続く余震で、
少し気が滅入っていましたが、
この一生懸命なすがたに
元気づけられました(*v_v)o

あと、おまけですが、わぴちゃんところでは、
あちらこちらで、ノジスミレの花が咲きはじめています。

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


スミレ類の花を見つけると、
なぜかこころが踊るのはわぴちゃんだけかな?

( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

| | コメント (3)

都内の道ばた雑草

今日は、所用で都内に出ました。
隙間時間を使って、道路わきの植え込みに
生えていた野草を写しました(*v_v)o

やはり、都内は暖かいですね。
わぴちゃんフィールドでは、この時期には
見られないような花が咲いていました。

ハキダメギク

Photo
(※写真はクリックで拡大)


※本来は夏の野草です。
わぴちゃんフィールドでは、
冬は霜が降りはじめると急速に姿を消し、
初夏までほとんど見かけない存在です。


カモガヤ

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


※本来は、初夏に穂を出すイネ科植物です。
わぴちゃんフィールドでも、
幹線道路沿いみたいな場所では、
たまに2-3月頃に穂を出す気の早いものもいます。


シロザ

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


※シロザがこういう姿になるのは、
ふつうは、秋以降のことです。

まさか、ずっと枯れないで多年草化している!?


以下余談です。

わぴちゃんとこは、
今も余震が続いています。

昼夜とわず、1時間に数回程度、
家がミシッと大きな音をたてて揺れ、
そのたびにビクッ!ってなります(^-^;)

1人で静かに耐えてやり過ごしていますが、
さすがのわぴちゃんも、
少々気が滅入り気味デス(>ω<。)

…でも、負けないモン(>ω<。)
耐え抜いてみせるもん(>ω<。)

| | コメント (8)

3/18月光の9度ハロ

日付が前後してしまいますが、
3/18の夜は、
月のまわりにハロが出ていました。

お月さんのまわりにできるハロも、
太陽のそれと同じ形のものです。

ただ、太陽の光と比べると月光は弱いので、
ハロはよーくよーく観察しないと
分かりにくいことが多いです。

月のまわりにできるハロで、
一番よく見かけるのは、
22度ハロ(内がさ)です。

そのため、ふつうは、
単に月かさ(lunar halo)と言うと、
月のまわりにできる22度ハロを指します。

それでね。
この日も、メインは22度ハロでした。

318_9halo_moon
(※写真はクリックで拡大)


しかし、よくよく観察すると、22度ハロの内側に、
もうひとつ、月を中心とした、
小さな円が見えるのがわかるでしょうか。

これは、9度ハロ(9 halo)と呼ばれる、
かなり珍しいハロです。

↑の写真は、
画像サイズ以外の補正はしておらず、
肉眼で見えたのに近いものです。

この写真の画質を補正して、
ハロが分かりやすくなるように強調してみると…。

318_9halo_moon_
(※写真はクリックで拡大)

外側の大きめの円が22度ハロ、
月に近い位置にある
小さめの円が9度ハロです。

恐らく、見逃しがあると思いますが、
わぴちゃんが9度ハロを見たのは
2007年4月16日と、2009年6月27日の2回、
いずれも太陽のまわりに出たものです。

なので、今回の「月のまわりに出た9度ハロ」は、
わぴちゃんにとっては、初見の現象となります(*v_v)o

9度ハロについての解説は、
「あおぞら☆めいと」内の
こちらのページをご覧くださいね(*v_v)o

| | コメント (2)

ホトケノザのお花畑

わぴちゃんところでは、季節の進行とともに、
小さな野の花がいっせいに花を咲かせて、
あちこちでお花畑を形成しています。

ホトケノザも、この時期、
いっせいに花を咲かせる
野の花のひとつです(*v_v)o

いたるところに、赤紫色の絨毯ができて、
とても美しいです(*v_v)o

1
(※写真はクリックで拡大)

Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

一連の震災で、どうしてもこころが
ギスギスしがちだと思いますので、
少しでも、このお花畑の写真が
「こころの癒し」になっていただければ嬉しいです(*v_v)o

これからも、春の季節を感じさせるような
「癒される自然写真」を載せていきますね(*v_v)o

| | コメント (5)

チョウが増えてきました。

本日(3/19)は、わぴちゃんところは
とても暖かい陽気になりました。

ガソリンが不足していて
そもそも入手できないのと、

需給バランスが落ち着くまで、
わぴちゃんが使う分は、
被災地にまわしてほしい

・・・という考えから、

ちょっとした買出し程度であれば、
自転車を使うようにしています。

ここは、町はずれなので、
ちょっとした買出しとはいえ、
移動距離は5-10km単位になりますが、

それでも、春を探しがてら、
いい運動にもなります(*v_v)o

本日の外出は、お昼を調達した程度ですが、
季節はだいぶ進んで、いたるところで
チョウがひらひらと舞っていました。

本日見つけた3種類のチョウを載せます(*v_v)o

キタテハ

Photo
(※写真はクリックで拡大)

※近所をちょっと歩いただけでも
何匹も飛び交っているすがたを見かけます。
陽だまりで翅を広げています。


ベニシジミ

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※本日(3/19)初見日となりました。


モンシロチョウ

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


※モンシロチョウの初見日は、3/11でした。
その後寒くなったので、ほとんど見かけませんでしたが、
本日は、ブロッコリー畑やキャベツ畑のところに
多数飛びまわっているすがたがありました。

| | コメント (2)

3/16の春塵

本日(3/16)は、
冬型の気圧配置となり、
強い北西の風が吹き荒れました。

春先に吹く強風は、
乾燥した大地を吹き抜ける際に、
土煙を立てていきます。

これを季節のことばで
春塵(しゅんじん)」と言います。

3161
(※写真はクリックで拡大)

3162
(※写真はクリックで拡大)


北西風が吹き荒れたあとの夜は、
かなり冷え込みます。

精神的に沈んでいると
免疫力が低下しがちなので、
みなさん、くれぐれも
風邪など引かれぬよう、
ご自愛くださいね...(*v_v)o

ここには多くは書きませんが、
昨夜、震災で、わぴちゃんの関係でも、
つらい情報が入ってきました…。

昼夜救援活動をなさっている方々に
心より感謝を申し上げるとともに、
被災地の1日も早い復興を切に祈るばかりです。

| | コメント (6)

春に向かって…。

東北地方太平洋沖地震で
被災されたみなさんには
心よりお見舞いを申し上げます。

わぴちゃんは、気仙沼市出身ということもあり、
見覚えのある光景が、言葉にはあらわせない
悲惨な状況になっているのを見て、
かなり心が痛んでおります…。

一日も早い復興を心より祈るばかりです。

震災の後、少しブログを
お休みしていましたが、
このブログのテーマである、
植物や昆虫などの身近な自然の
記事を再開したいと思います。

震災に関するニュースを伝えるのは報道の仕事なので、
このブログでは、あえて、明るい話題を提供することで、
「こころの癒し」の場になっていただけるとうれしいな
…と思っています。

ここのところ暖かい日が続いていたので、
チョウのすがたを多く見かけるようになってきました。

なので、ブログをお休みしていた間に撮影した
チョウチョ3種類の写真を掲載します(*v_v)o

キタキチョウ

Photo
(※写真はクリックで拡大)


キタテハ

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


ルリタテハ

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (7)

わぴちゃんは無事です。

2011年3月11日14:46頃発生した、
東北地方太平洋沖地震、被災された皆さんには、
こころよりお見舞い申し上げます。

被災地のみなさんは、
引き続きくれぐれもお気をつけください。

わぴちゃんところ(千葉県最北端)も、
14:46の地震を皮切りに、体感ですが、
震度4~震度6弱程度の揺れが断続的に続きました。

地震発生から3時間程度は、
小さいものも含めると、
止み間なく揺れている状態でした。

幸い、わぴちゃんを含めた家族は、
けがもなく、家も無事です(*v_v)o

電話やメールがほとんど使えないので、
もしわぴちゃんの安否を
気にかけてくださった皆さんがいらっしゃいましたら、
ご安心していただければと思います(*v_v)o

ただ、家の中のものはみんなひっくり返ってしまい、
取りあえず、生活が可能な範囲で片づけました。

そして、今これを書いている0:50現在も、
震度3~震度4程度(体感)の揺れが
15分おきくらいの間隔で発生しているため、
まだ予断を許さない状況、そして、
作業のできない状況が続いています。

なるべく影響が最小に留まるよう、
万全を期しますが、もし、執筆関係で
大幅な作業の遅れが出てしまったら
申し訳ございません…。

| | コメント (15)

3/9の「新型学問!はまるツボ学」

昨夜3/9(水)
日本テレビ系列にて23:58~OAの、
「新型学問!はまるツボ学」に
出演させていただきました。

見てくださった皆さん、
ありがとうございました。

昨夜、わぴちゃんのすがたを見たがために、
悪夢にうなされた場合は
お詫び申し上げます…なんちて。

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

これからも、自然の魅力を
伝えていく活動をがんばりますので、
よろしくお願いいたしますね♪


以下は、テレビとは
まったく関係ありませんが、
今日のわぴちゃんです
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

310

| | コメント (22)

3/8の太陽柱

今日(3/8)は、今シーズン初の
自然観察会の仕事があり、
午前中でかけてきましたよー♪♪

ただね。相変わらず、
右足親指がズキンズキン(>ω<。)

親指に体重をかけずとも歩けるので、
歩行には支障はないですけどね。
ちょっとでも親指に体重がかかると
「ぎゃーーー!!(>ω<。)」

今、日中は、仕事で身動きの
取れない状態なので、湿布で様子見です☆

ただ、そろそろあきらめて
整形外科に行かないとダメかなとも感じています
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

夕方に、花粉光環ねらいで外に出てみたのですが、
日光環は見えず。かわりに、
太陽柱(sun pillar)になっていました☆

308_2
(※写真はクリックで拡大)


太陽柱は、太陽から上下方向に
長く柱状の光が伸びて見えるハロの一種です★

| | コメント (3)

3/6はハロまつり☆

今日(3/6)は、
所用でお昼過ぎまで外にいました。

ずっとヒッキーで仕事をしていた
わぴちゃんにとって、
いい気分転換になりましたよー♪♪

( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

それでね。今日はね、
ハロがすごかったです☆★

まず、22度ハロ+幻日+幻日環の組み合わせ☆

3061
(※写真はクリックで拡大)

3063
(※写真はクリックで拡大)


太陽の横から出て、
右上に向かって長くのびている
白い光の弧が幻日環(parhelic circle)です。

幻日環は極めて珍しいハロなので
テンションアップです(*´▽`*)

この幻日環は、ぐるっと360度出て、
太陽の斜め後ろ位置に、
幻日環の軌道上に白いポチができました。
これは、120度の幻日(120 parhelia)と呼ばれるものです。

306120
(※写真はクリックで拡大)


3061203
(※写真はクリックで拡大)


120度の幻日は、
幻日環よりもさらにレア現象です(≧▽≦)ノ

参考までに、幻日環と120度の幻日の
位置関係はこんな感じです。

120parhelia
(※写真はクリックで拡大)


あとは、幻日環以外のハロはこんな感じでした。

22度ハロ+幻日+上端接弧の組み合わせ。
太陽の上部で、円の上に
かぶさるように出ているのが上端接弧(upper tangent arc)です。

306
(※写真はクリックで拡大)


そして、もう一枚。太陽から離れた位置に、
上部ラテラルアーク(supralateral arc)
弧の一部がほんのうっすらとですが見えました。

306_2
306_3
(※写真はクリックで拡大)

下段は、ハロの部分に線を入れたもの。
赤色の点線が上部ラテラルアークです。

| | コメント (5)

紅白まんじゅうみたい☆

卒業式シーズンでもあるので、
紅白まんじゅうをイメージさせる
草花の写真を2点(≧▽≦)ノ

まずは、カタバミとアカカタバミの
越冬芽のツーショット☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


左の緑色のがカタバミ
右の赤紫色のがアカカタバミです。

そして、ミチタネツケバナのツーショット。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


右側の緑色のほうは普通のミチタネツケバナです。
左側の赤紫色のほうは、たぶん寒さか何か
後天的な影響を受けたものだと思います。

そうそう。
2/16に、右足の親指を
キャスター付きの椅子で轢いてしまった…
と書きました。

その日の晩にズキズキとやんだのですが、
翌朝には痛みはなくなりました。

その後、たまぁに、ずきんと痛むことはあったものの、
激痛と言うわけでもなく、歩くのにも何ら支障はないので、
治ったかなぁ、とあまり気にしていませんでした。

が!!

なぜか、今朝からまた、
ずきずきと痛むではありませんか(/||| ̄▽)/

特にくろぢよったわけでもなく、
見た目上はなにも問題ないのですが、
どうしたもんでしょうねー。

単に古傷が痛む的な
ものだったらいいのですが、
この多忙な時期に勘弁してほしいものです…(^-^;)

| | コメント (2)

「えいひれ」と「数の子」?

今朝はひさしぶりに早朝散策にいきました。

もうここ何週間もずっと部屋に篭って
仕事をしていたので、
だいぶ悶々としていたのがあります。

( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

あと、夜遅くまでヒッキーで作業していると、
どうしても、生活リズムがだらしなくなるので、
早朝のピリッとした空気に触れて
気持ちをしゃっきりリフレッシュです☆

今朝は、氷点下の冷え込みとなり、
水たまりに分厚い氷が張っていました☆

なので、氷の表面にできた模様の写真です(*v_v)o

いろんな形の模様が見られましたが、
面白かったのがコレです。

304
(※写真はクリックで拡大)

3042
(※写真はクリックで拡大)

3043
(※写真はクリックで拡大)

3044
(※写真はクリックで拡大)


これを見た瞬間、

「あ! えいひれ!!」

と思ったわぴちゃんです。

こちらは、同じタイプの模様ですが、
数の子に見えました。

304_2
(※写真はクリックで拡大)


これって、単にわぴちゃんが
食い気たっぷりなだけでしょうか(笑)
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

模様の拡大です(*v_v)o

304_3
(※写真はクリックで拡大)


この毛細血管みたいな感じ、
おもしろいですね(*´▽`*)

| | コメント (2)

3/2の彩雲

ちょこっとお疲れモードのわぴちゃんです。

今日(3/2)は、ひさ~しぶりに、
彩雲を見ることができました(*v_v)o

3021
(※写真はクリックで拡大)

3022
(※写真はクリックで拡大)

3023
(※写真はクリックで拡大)

彩雲は、雲が太陽の近くを通過した時に、
虹色に色づく現象です☆

こちらは、蜂の巣状雲です。

302
(※写真はクリックで拡大)


冬型の気圧配置となり、
空気が乾燥してきたからでしょうか。

雲にボコボコと穴があいて
消滅していくすがたを見ることもできました。

| | コメント (2)

☆ホソミオツネントンボ☆

2月27日の話ですが、
この日はぽかぽか陽気だったもんで、
お昼の時間に、少し庭に出てみました。

そしたら(≧▽≦)

今年もいたっ!
ホソミオツネントンボ(≧▽≦)ノ

Photo
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


しかも、1匹だけじゃなくて、
何匹かいるっ!!(≧▽≦)ノ

ホソミオツネントンボ
漢字で書くと「細身越年蜻蛉」で、
その名のとおり、成虫のまま越冬して、
4-5月頃に産卵シーズンを迎えます。

冬季は茶色い枯れ枝のような姿で、
こんな感じで、木の枝先に止まってじっとしているので、
かりに至近距離にいたとしても、
簡単に発見できるシロモノではないです。

2_2
(※写真はクリックで拡大)


暖かくなると、飛びまわるようになるので、
発見しやすくなるのです(笑)


わぴちゃんちの庭に
ホソミオツネントンボが
初めて登場したのは2008年11月のこと。

以降、毎年、庭で越冬する
ホソミオツネントンボのすがたを
見つけるようになりました。

今年も、無事、庭で越冬してくれたので、
とても嬉しい気持ちです(*^▽^*)o

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »