« ☆観察便利帳シリーズ第3弾☆ | トップページ | 4/30筑波山に笠雲 »

なつかしの人面グモ

わぴちゃんが小学生くらいのときだったかなー。

鯉を正面から見たときに
なんとなく人の顔に見える「人面魚」から始まって、
人面生物が流行ったことがあります(笑)

わぴちゃんも子どもの頃によく行った
Sたま水族館の池の鯉を見ては、
人面魚を探した思い出があります
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

そして、その時に「人面グモ」も
取り上げられました。

「人面グモ」は、腹面に人の顔のような
模様が描かれた蜘蛛のことです。

といっても、都市伝説や
いかがわしいものではなく、正体は、カニグモ科の
ハナグモ(Misumenops tricuspidatus)という種類です。

ハナグモの腹面には、
人の顔のような模様が存在するのが特徴で、
この模様は個体変異が大きいので、
さまざまな表情の「人面グモ」が存在します(笑)

なぜ、こんな話をしたか…。
ハナグモの♂を見つけたからです(笑)

Photo
(※写真はクリックで拡大)


こんな感じの仮面系のヒーローっていなかったっけ?
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

|

« ☆観察便利帳シリーズ第3弾☆ | トップページ | 4/30筑波山に笠雲 »

*クモ類*」カテゴリの記事

コメント

蜘蛛もわぴちゃんも好きだなぁ^^*

投稿: りお | 2011/04/30 15:06

◆りおさん

はじめまして★☆

すごく嬉しいコメント
ありがとうございます(*^▽^*)o

ブログはこんな感じで活動しているので、
もしよかったらまた見てやってくださいませ☆

投稿: わぴちゃん☆ | 2011/05/04 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆観察便利帳シリーズ第3弾☆ | トップページ | 4/30筑波山に笠雲 »