« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

墨を流したような…。

昨日から今日にかけては、
台風2号とそれから変わった温帯低気圧の影響で
大荒れの1日でした。

わぴちゃんところは、昨日はものすごい雨で
今日はものすごい風でした(^-^;)

低気圧の中心が抜けた午後は、
北風が一段と強く吹き荒れましたが、
わりとカラッとしていてひんやりと感じるものでした。

そんななか、夕方の雲が
墨を流したような荒々しい感じだったので
その様子を載せますね(*v_v)o

5303
(※写真はクリックで拡大)

5304
(※写真はクリックで拡大)

5305
(※写真はクリックで拡大)

5306
(※写真はクリックで拡大)


やや大気の状態が不安定で
乳房雲(ふっくらとした雲のこぶ)が出ているのですが、
日没間近でそれの陰影が強調されて
なかなか不気味な感じでした。

それでね。日没寸前のできごと。
地平線付近は雲が切れて
晴れ間がのぞいていたので、
そのすき間から一筋の光が差し込んで
いい感じになりましたよ~☆

530
(※写真はクリックで拡大)


だいぶ仕事が片付いて
時間にゆとりが出てきました☆

いつの間にやら梅雨入りしてしまいましたが、
晴れた日を狙って
野山探検に出かけたいですね(≧▽≦)ノ

| | コメント (7)

テントウムシ3種の幼虫比較

5/25に湘南で撮影した
3種類のテントウムシの幼虫を載せます(*v_v)


ナナホシテントウ(幼虫)
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


ナミテントウ(幼虫)
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

ダンダラテントウ(幼虫)
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)


幼虫の模様は種類によって異なります☆

台風2号が西日本方面に接近しつつあります。
進路に当たる皆さんは
くれぐれも警戒してくださいね(*v_v)o

| | コメント (4)

ユリノキの花

ユリノキ(Liriodendron tulipifera)は、
北米原産でモクレン科の落葉高木です。

公園や街路樹等に使われていて、
樹木そのものはいたるところで見かけます。

ユリノキは別名チューリップノキとも呼ばれ、
初夏に黄緑色のチューリップのような形の
大きな花を多数咲かせます。

しかし、いかんせん高いところに咲くのと、
ちょうど開花期の初夏は
他の観察対象が多いので
撮影はいつも後回しになっていました。

それで、今年こそは、今年こそはと
思い続けて早3年(/||| ̄▽)/

手の届くところに咲いているものを発見し、
やっとこさ、ユリノキの花の
写真を写すことができました(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

黄緑色なので、遠目には目立ちませんが、
なるほどなかなか綺麗な花です☆

葉っぱはこんな感じ☆

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


「半纏」という服を連想させる
形状をしているため、
ハンテンボクとも呼ばれます☆

以下余談ですが、
最近、朝目覚めての第一声が
「あー。疲れた」というのに気付きました(^-^;)
周囲に誰もいないので独り言です(笑)

それから、ため息ばかりついて、
動くたびに「あたたたた。」
「いたたたた。」「よっこらせ。」と
無意識に発しているのにも気がつきました(^-^;)

これはいけませんな(/||| ̄▽)/

ここのところ激務だったのと、
落ち込むような出来事が続いたのと、
ずっと1人ぼっちでいるのとで、
心がすっかり劣化しているようです(^-^;)

トキメキのある生活を心がけて
目の輝きとこころの潤いを
維持していきたいところです(*v_v)o

| | コメント (4)

☆ナミテントウ☆

昨日のお天気講座…。
まさかのPC故障で大失敗で
どんよりした気持ちになってしまい
お見苦しい記事大変失礼いたしました(>ω<。)

今回のを教訓に、
次回以降機材トラブルのような初歩的なことは
やらかさないよう十分気をつけたいと思います。

それでね。昨日はせっかく何時間もかけて
神奈川県の湘南方面まで出てきたので、
講座のあと、江の島周辺の
自然を見に少し歩いてみました。

平日だったのですが、人多し…(^-^;)
大勢の人がわいわいと楽しそうにしている傍らで、
わぴちゃんは1人で一言も発せず
どんよりオーラを発しながら
小さな昆虫や植物の写真を撮っていました(^-^;)

テントウムシがたくさんいました(*v_v)o

その中から、ナミテントウの写真を紹介します。

ナミテントウはテントウムシ科の昆虫で、
ナナホシテントウとともにごく普通に見られるものです。

翅の模様がものすごくたくさんあるのが特徴で
とても同じ種類とは思えないくらいです。

これはナミテントウの紅紋型
紅色の地色に黒い点がたくさんあるタイプです。

Photo
(※写真はクリックで拡大)


こちらはナミテントウの斑紋型
黒の地色にオレンジ色の斑紋がたくさんあります☆

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


そして、以下は、斑紋のタイプとしては、
二紋型(黒の地色に赤い斑紋2つ)に分けられますが、
斑紋の形が個性的でした☆

にこにこマーク(*⌒∇⌒)ノ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


これは…。ガ○ャピン(Θ_Θ)? (なぞ)
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (2)

お天気講座…(>ω<。)

今日はお天気講座の講師をするため
早朝6時から出かけていました。

ところが、お天気講座、
大失敗をやらかしてしまいました…。

パワーポイントを使ったスライドで
雲や空の写真を見せながら
講座を展開していく予定だったのですが、
なぜか講座開始直後に突然ノートPCがダウン…。

このノートPC、前日は全く問題なく動作し、
当日も直前まで全く問題なく動作していたのに…、
この日のために、何時間もかけて
特別にスライドを作ったのに…、

30分以上かけて復旧を試みても、
ノートPCの機嫌が直ることがなく、
結局スライドは出せずじまい…。

もうどうしようもないのでホワイトボードで、
手持ちのありあわせで雲のネタを雑多に紹介した、
とても講座とは言えない
ひどいものになってしまいました(>ω<。)

参加してくださった皆さん、
本当に申し訳ございません o_ _)o

もうひたすら申し訳ない気持ちと、
大失敗のショックが大きすぎて…(>ω<。)

そんなわぴちゃんを
慰めてくれるような人がいるわけもないので、
今夜は、まだ20時だけど、電気を消して、
布団の中に丸まって1人反省会です(>ω<。)

| | コメント (6)

キクスイカミキリ(Phytoecia rufiventris)

5月に野山を歩いていると、
ヨモギ等のキク科植物が不自然に
茎の上部で萎れていることがあります。

Photo
(※写真はクリックで拡大)


それは、ほぼ間違いなくこの昆虫の仕業です(笑)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


この昆虫の名前はキクスイカミキリ
コウチュウ目カミキリムシ科に属する
とても小さなカミキリムシです☆

4~6月の産卵期には、ヨモギなどの
茎の上部に傷をつけてそこに卵を産みます。
そのため、キクスイカミキリに産卵されたヨモギは、
傷をつけられた部分で不自然にしおれるのです(*v_v)o

こちらは、ヨモギの葉先でたそがれる(?)
キクスイカミキリの正面顔です(笑)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (3)

トンボちゃんも続々と…☆

ここ数日で撮影したトンボちゃんを
載せたいと思います(*v_v)o

シオヤトンボ(♀)
Photo
(※写真はクリックで拡大)


ハラビロトンボ(♂)
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


ハラビロトンボ(羽化直後)
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


ホソミオツネントンボ(交尾)
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


ところで、さきほど22時半すぎに
熱を測ったところ…。

379
(※写真はクリックで拡大)


(/||| ̄▽)/ ゲッ!!
み、見なかったことに・・・(なぞ)

| | コメント (5)

ニガナ(Ixeris dentata)

この時期、野山を歩くと、
いたるところでニガナの花が目につきます☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


ニガナ(Ixeris dentata)
キク科の多年草で、
茎を切ると白い汁がでて、
それをなめると苦いことが
名前の由来になっています。

ただし、毒はありませんよ~☆


黄色い花なので、晴れた日に
いっせいに花を咲かせると
景色がぱぁっと明るくなりますね(*v_v)o

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

余談ですが、なんか、風邪のウイルスが
わぴちゃんの鼻とのどを狙っていて
すきをうかがっているようです(^-^;)

いわゆる風邪を引きそうな感じだけど
まだなんとか持っている感じです(笑)

発症させずに
頑張って気力で押さえ込みたいと
思ってます(*v_v)o

| | コメント (8)

5/18コクワガタ初見

本日5/18、
コクワガタの初見を確認しました☆

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

いよいよ樹液レストランも
営業を開始するシーズンとなりましたね☆

コカブトムシの姿もありました(*^▽^*)o

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


ちなみに、昨年のわぴちゃんのところの
カブト・クワガタ関係初見日は、

2010年5月21日 コクワガタ初見
2010年6月16日 ノコギリクワガタ初見
2010年6月21日 カブトムシ初見

でした。(*v_v)o

ノコギリクワガタやカブトムシは、
もう少し先になりそうですが、
昆虫少年たちがワクワクする季節に
突入しつつありますね☆

| | コメント (3)

ナガカメムシ3種

気づいたら5月も半ばを過ぎました。
昆虫の数が増えて、いよいよ観察が
楽しくなってきましたね☆

今回は、カメムシ目ナガカメムシ科の
昆虫を紹介します(*v_v)o

ヒゲナガカメムシ

Photo
(※写真はクリックで拡大)

※前脚が太いのが印象的なカメムシです。
イネ科やカヤツリグサ科の草を好むのかな?


オオメカメムシ

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※眼が異様に大きく見えるカメムシです。
実は、一度実物を見てみたいと思っていた
憧れのカメムシでした。

わぴちゃんの場合、ちょっとしたジンクスがあって、
見たいみたいと思って長年探していたものは、
だいたい近所で見つかります(笑)

このオオメカメムシは、うちの庭にいました。
わぴちゃんの目は、
どんだけフシアナなんでしょうね~(爆)
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

コバネナガカメムシ

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


※ヨシの葉の根もとにたくさんいました。
名前のとおり、翅が短めの黒っぽいカメムシです。

この姿、もしかしたら、好みが割れるかな?
苦手な人がいたらごめんなさい(*v_v)o

--------

今日のお昼に見聞きした出来事…。

わぴちゃんには
かなり刺激が強すぎたようです…。

日中は何とか気を確かに持てていたので
大丈夫かと思ったのですが、
夜になってわぴちゃんのこころを
本格的に蝕んできてます(>ω<。)

万が一寝込んでしまったらゴメンナサイ(>ω<。)

ダメですね…。
わぴちゃんは、もういい年のオトナなんだから、
多少のことを見聞きしても動じないように
こころを強くしないと…(^-^;)

| | コメント (4)

シモニタネギ(Allium fistulosum cv.)

シモニタネギ(下仁田ねぎ)は、
群馬県特産のネギです。

ネギの栽培品種には、
大きく分けると
「加賀系」「千住系」「九条系」の
3つがあります☆

うち、シモニタネギは、
加賀系」に属する品種群になります。

加賀系のネギは、「夏ネギ型」と呼ばれ、
冬季は休眠する性質を持ち、
寒冷地に適応した型と考えられています。

これがシモニタネギです☆★

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


葉が太く、全体的に
ずんぐりとしているのが大きな特徴です☆

そのシモニタネギが連休明けくらいから
花を咲かせはじめました☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


やはり「葱坊主」になります(笑)
花の形態も、長ねぎなど、
普通に見かけるネギと同じ形です。

| | コメント (4)

わぴちゃんの発音

すでにご存知のとおり、
わぴちゃんは自然観察会の講師としての
活動もしています☆★

それでね。現場で植物や昆虫の名前を
口にする機会も多いんですにゃ☆

ところが、わぴちゃんは発音が悪くて
変なふうに伝わっていることもしばしば(/||| ̄▽)/

でもっ。でもっ!
意外なことに、日常生活でのわぴちゃんは
「しゃべりの訓練でもした?」
と聞かれることも多かったりするんですよー。
えっへん☆
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

しかし、植物の名前のような
脳内では補完しきれないような固有名詞で
ボロが出まくってます(^-^;)

…なぜ急にこんな話をしたかというと、
今日の散歩で見つけたこのお花。

Photo
(※写真はクリックで拡大)


これは、オオジシバリ
(大-地縛り)という名前です。

ジシバリには、まるで地を縛るように
広がるという意味があります。


この花を見て、
前に観察会で名前を出した時に
オウジシバリ(王子-縛り)
伝わったことがあったなぁ…。

と思い出したためです
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

年を重ねるごとに、
どうしても染みついたものが
出てきているのを感じるのですが、
NHKのアナウンサーのように
聞き取りやすい発音を目指して
日々精進したいと思います(*v_v)o

| | コメント (6)

わぴちゃんの抜け殻(^-^;)

Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

ちょっとした水路を渡す橋の
両端にあるコンクリートの柱状のやつ。

一連の地震でバキバキに亀裂が入ってしまったのですが…

…その亀裂部分から、
ヒメオドリコソウが芽生えて花を咲かせていました。

タイトルどおり、わぴちゃん、
超多忙モードから脱して、
抜け殻のようになっています(^-^;)


さらに、心がかなり
ドヨーンとしています(>ω<。)

金曜日なのにドヨーン(なぞ)

元気出していかないとね(*v_v)o

| | コメント (5)

足元にセンチコガネ

昨日のサワフタギを撮影していた時に、
どこからともなくブーーーーーンという羽音が☆

なんと、足もとにセンチコガネ
飛んできたのでした☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


センチコガネはセンチコガネ科の甲虫です。

ファーブル昆虫記やNHKの「むしまるQ」を見て育った
昆虫少年にとっては憧れの存在のひとつです☆(*´▽`*)

名前の「センチ」とは「雪隠」のことで、
ファーブル昆虫記と言えば有名なのは○○コロガシ。

ということで、多くは語りませんが、
まぁ、要するに森のお掃除屋さんなわけですね☆

でも、なぜ、このセンチコガネがサワフタギ撮影中の
わぴちゃんの足もとに飛んできたのか…。

わぴちゃんは、気づかなかったけど、
まさか、至近距離に…(^-^;)
まぁ、ここは深く追求しないでおきましょう(笑)


今日は、午後から仕事の打ち合わせが
2件入っていたので都内へと出かけました☆

雨で自律神経失調気味だったのと、
ここのところの疲れがどっとでて、
午前中は完全にくたばっていました。

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (0)

サワフタギ(Symplocos sawafutagi)

サワフタギ(Symplocos sawafutagi)は、
ハイノキ科ハイノキ属の落葉低木です☆

漢字で書くと「沢蓋木」で、沢に多く、
まるで蓋をするように覆いかぶさって茂るので
その名前があります。

別名はルリミノ…。
あ、これは、もし果実を
見ることができたらまた紹介します

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

小さな幼木は、わりとよく見かけるのですが、
開花したものをなかなか見る機会がありませんでした。

それでね。数日前に通りかかった場所で、
つぼみをつけていた株があったので、
マークしていました(笑)

そして、今朝がた様子を見にいくと、
咲いてましたよ~♪(*^▽^*)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)


いい香りもして癒されました(*´▽`*)

花の拡大はこんな感じ♪

白い花で、ちょんちょんと長く飛び出した
多数の雄しべがとてもかわいいです(*´▽`*)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


葉の様子。

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


葉の先端は急に短くとがるのが特徴です☆

| | コメント (3)

ハートマークみっけ☆

たぶん、ここ数日が超多忙モードの
ピークだったと思います。

毎日、夜中1時寝、朝5時起きで
仕事をしていたので、
わぴちゃんのお顔にクマさんが(^-^;)

でも、今日の夕方を持って、
やっと、一連の超多忙モードは解消方向へ。
少しゆとりが出てきました☆

( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

今朝、家のすぐ近くの自販機で
コーヒータイムをとった際に、
フキの葉が大きくなっているのに気付きました☆

Photo_7
(※写真はクリックで拡大)

そして…(≧▽≦)ノ

Photo_6
(※写真はクリックで拡大)


フキの葉の中心にハートマークがっ!(≧▽≦)ノ

…こんな感じで、相変わらず1人で
まるで思春期の子のようにきゃぴきゃぴしてます
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

| | コメント (0)

ハムシ5種

5/4の千葉県立関宿城博物館主催の
自然観察会に参加してくださった皆さん、
ありがとうございました(*v_v)o

あいにくの雨っぽい感じの天気でしたが、
楽しくまわることができたと思います☆

今回の観察会のメインテーマである草笛も、
目標の3種類を無事鳴らすこともできました(*^▽^*)o

この博物館主催の自然観察会は、
今年度は、あともう1回、9月にもありますので、
よかったら、参加して、わぴちゃんと
遊んでやってくださいマセマセ(*v_v)o

今、また書籍の執筆の作業がテンパっているので、
近所を軽くまわる程度しかできないのですが、
ハムシの仲間を集めてきたので載せますね(*v_v)o

ハムシは漢字で書くと「葉虫」です。

その名のとおり葉を貪欲に食べるものが多く、
どちらかというと害虫扱いされることが多いです。

でも、その一方で、種類が非常に多く、
からだの色や模様が美しいので、
ファンの多い分類群のひとつでもあります☆


イチモンジカメノコハムシ

Photo
(※写真はクリックで拡大)


※遠くから見ると
かさぶたのように見えるハムシです。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ
ムラサキシキブのまわりにいます☆


カメノコハムシ

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


※カメノコタワシではありません(なぞ)
シロザの仲間の葉っぱに
来ているのをよく見かけます☆


クロボシツツハムシ

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


※甲虫類には割と多い「赤地に黒の斑紋」です☆
胸の部分の黒い斑紋が
埴輪のような顔に見えますね(/||| ̄▽)/


クワハムシ

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※クワの木のまわりに多くいる
細長くて触角の長いハムシ☆
この緑色のメタリックカラー、
宝石みたいに美しいですね(*´▽`*)


サンゴジュハムシ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


※名前のとおりサンゴジュの葉を食べるハムシです☆
サンゴジュと同じスイカズラ科のガマズミにも来るようです☆

| | コメント (6)

5/4シオカラトンボ初見☆

5/4に、近所の河川敷で
シオカラトンボの初見を確認しました☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


今年は、気温が低めで
全体的に昆虫の出足が鈍いのですが、
シオカラトンボの初見に関しては
昨年よりも5日早い記録となりました☆

トンボちゃんは
わぴちゃんの大好きな昆虫のひとつなので、
これからまた癒しのもとが一つ増えます☆

ギンイチモンジセセリは、
数がだいぶ増えてきました☆
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


ミヤマチャバネセセリ
飛びはじめました☆

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


今、またお仕事がテンパっている状態です。

ここのところ籠りっきりなので
頑張って脱稿して、
ゆっくり野山を回りたいですね(*´▽`*)

| | コメント (4)

チンゲンサイ(Brassica rapa var. chinensis)

チンゲンサイの野菜クズをプランターに埋めて
おいてたやつが花を咲かせました☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


チンゲンサイはアブラナ科のカブの変種で、
葉の中心脈と柄が太く肥大するのが特徴です。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


花のアップ☆

1
(※写真はクリックで拡大)


アブラナ属なので、黄色い4弁花、
いわゆる「菜の花」です☆

| | コメント (3)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »