« 今日のわぴちゃん | トップページ | 6月19日の幻日 »

かんぴょうの花

お寿司でおなじみのかんぴょう巻き(*v_v)o

この中に入っている「かんぴょう」の正体は、
ウリ科のユウガオ(Lagenaria siceraria var. hispida)の
果実をひも状に剥いで乾燥させたものです。

ユウガオの名前のとおり、
夕方以降、夜にかけて咲く花です。

長いこと見たいと思っていたのですが、
今年は苗を入手することができ、
ここ数日で花を咲かせるようになりました(≧▽≦)ノ

これがユウガオの花です☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


白い花で、花冠は5つに深く裂けています。

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


こちらはつぼみの様子です。

ユウガオの花は、柄がすごく長くて、
開花すると重みで
びよーんとだらしなくなってしまうので、
構図よく撮るのが難しかったです
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪


本日6月18日は、
(社)日本気象予報士会の
定時社員総会が行われ、
わぴちゃんも参加してきました☆

総会及び懇親会の場で、
わぴちゃんとお話してくださった皆さん、
ありがとうございました(*v_v)o

« 今日のわぴちゃん | トップページ | 6月19日の幻日 »

*野菜・有用作物*」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

わぴちゃん♪

夕顔のお花は初めて見ました
(^_^;)

物知らずなワタクシであります。。。

夕顔といえば、源氏物語…かんぴょうといえば…U事工事を思い出します(笑)

底の浅い事。。。

(^^ゞ

しかし、中々かわゆいお花ですね〜!

素朴な花なんですねぇ(*^o^*)
 
きゅうりの花に似てます(‥な気がします笑)。
 
私もわぴちゃんに逢いたいですっ♪♪
 
いつか お話しできる機会があったらいいなぁ~(≧∇≦)☆
 

わぴちゃん 
お早うございます。

ユウガオの地味で目立たないところが
何だか好きになってしまいます!
花色は白?薄いブルーなのでしょうか?

私は今、紫陽花散策にはまっています!
また遊びに来て下さいね!

これは丸い実が付く品種なのでしょうね。
昔、田舎で栽培していたものは1m以上ある
長い実のものでした。それを包丁で細く
切って干してかんぴょうを作ってました。
夕顔とは言わず、「よんご」と呼んでましたが
語源不明。「ゆうがお」がなまったもの?
とうがんのように煮付けても食べてました。

◆てれちゃん

こんばんは☆

いえいえ、わぴちゃんも、
かんぴょうの花は今回初めて見ましたよ~☆

>かんぴょうといえば…U事工事を

かんぴょうは、栃木県で結構作っているらしいのですが、
もしかして、それとの絡みでしょうか?(笑)


◆涙香さん

こんばんは☆

キュウリも同じウリ科なので、
花の形が似てますよね☆

この手の夜に咲く花って、
昼間の花とは違った魅力がありますね(*v_v)o

なんか、イベントなどでお逢いできる機会があったら、
その時はよろしくお願いしますね(*v_v)o

ただ、大勢が集まるようなイベントでは、
わぴちゃんは裏方側にいることのほうが多いので、
地味にパイプ椅子並べていたりするかもしれませんが、
それでも遠慮なく声かけてくださいね☆

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


◆きしちゃん

こんばんは☆

ユウガオの花は純白ですよ~☆

夜に咲くって言うところも
ポイント高いですよね☆

そろそろアジサイの季節ですね☆
はぁーい。また遊びに行きますね(*v_v)o


◆ K.o さん

ユウガオには、丸い実のと長い実の
2つのタイプがあるみたいですねー。

長い実のものは、場所を取りそうなので、
丸い実のほうがいいなぁなんて思ってみたり
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

「よんご」は初めて聞きました。

夜に咲くから「夜子」とか、
勝手にこじつけて推測(妄想?)してみましたが、
やっぱり語源が不明ですね。

そういえば、「ふくべ」という
呼び名もあるみたいですね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日のわぴちゃん | トップページ | 6月19日の幻日 »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ