« ツクツクボウシの鳴き声 | トップページ | 28歳最後の日 »

ノチドメ(Hydrocotyle maritima)

ノチドメ(Hydrocotyle maritima)は、
セリ科チドメグサ属の多年草です☆★

河川敷のような、
湿った日当たりのよい野原で、
足もとを覆いつくすように
広がっていることもあります☆

2
(※写真はクリックで拡大)


葉は5角形で少し光沢があります☆
また、葉の両面の葉脈上に毛がまばらにあります。

葉わきから柄を出して、
とてもとても小さな黄緑色の
花の塊をつけます(*v_v)o

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

花柄は、葉よりも上につきだすことはないので、
意識的に探さないと花の存在には気づけないです(^-^;)

花の様子☆

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


果実の様子☆

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


新しいカメラになってから、
マクロ撮影がずいぶん楽になりました☆
今から、冬の霜の結晶の撮影が楽しみです
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


ちなみに、ノチドメは漢字で書くと「野血止め」で、
野原に多い「血止め草」の一種という意味です。

チドメグサは、古くはちょっとした切り傷の時に
葉を絆創膏のように貼って
「血止め」に使ったと言われています。

でも、子どものころに読んだ薬草図鑑か何かに、

「洗ってない葉の表面には
たくさんの雑菌がついているので、
素直に消毒薬使った方がいい」

とか書いてあったのを見て、
「まぁ、その通りだわなぁ…」とか
妙に納得してしまった記憶があります
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

|

« ツクツクボウシの鳴き声 | トップページ | 28歳最後の日 »

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

まあ~、当たり前だけど、チドメグサにも花も実もあるのねえ。最近チドメグサ、あまり見なくなったような気がしますが、今度見つけたら、虫眼鏡でよ~~く探してみますね(^_-)葉はかわいくって好きです。ほんとだ、確かにセリ科の(軸が短くて記がつかなかったけど)葉だわね。φ(..)メモメモ

投稿: よしこ | 2011/08/31 08:54

ノチドメは、見たことある!(o^∀^o) でも、こんなに小さな花が咲くのは、知らなかった…。 犬の散歩の時に、よく見てみよー(-^〇^-) 血止めって書くンだね…消毒液の方がやっぱイイね!安全だもんね…。最近は、普通の水で洗った方がイイみたいだね…。(`o´)色々アルね…。

投稿: 淳ぺぇ | 2011/09/01 01:35

◆よしこさん

よしこさん、おはよぅございます(≧▽≦)ノ

チドメグサはジメジメしたところを好むので、
市街地化が進んで乾燥気味の場所が増えると
生育しづらくなるのかもしれませんね。

あと、葉をちぎるとセリ科特有の
さわやかな芳香があって癒されますよ~(*´▽`*)


◆淳ぺぇさん

淳ぺぇさん、おはよぅございます(≧▽≦)ノ

ノチドメは、葉をかき分けないと
花の姿を見つけられないので、
なかなか気づきにくいです(>ω<。)

ぜひぜひ、探してみてくださいねー(*´▽`*)

大昔、消毒薬とか絆創膏とか
そういうのがなかった時代に
使っていたのかもしれませんね。

投稿: わぴちゃん☆ | 2011/09/01 08:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツクツクボウシの鳴き声 | トップページ | 28歳最後の日 »