« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

フタスジヒメハムシ(Paraluperodes nigrobilineatus)

フタスジヒメハムシ
(Paraluperodes nigrobilineatus)は、
コウチュウ目ハムシ科の昆虫です☆★

翅に入る2本の縦線が特徴的な子です☆

ハムシの仲間は、種類によって
食べる植物が決まっています。

フタスジヒメハムシは、
ダイズ等のマメ科の葉を食べます。

日曜日に自然観察に誘われて出かけた際、
アレチニシキソウのマクロ写真を
撮っていたら偶然にその葉の上に見つけました☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


「なんで食草と関係ないアレチニシキソウに?」
という疑問も出そうですが、近隣でマメ科の野菜を
作っているところが多かったので、
たまたまここで休んでいたのでしょうね(*v_v)o

| | コメント (3)

28歳最後の日

今日(8/31)は、残念ながら、
わぴちゃん、28歳最後の日です(/||| ̄▽)/

今夜、日付けが変わった瞬間に…。

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

毎年恒例ではありますが、
さきほど、28歳最後の記念撮影をしました(*v_v)o

8314_

いつまでも、
キャピキャピでいられるよう頑張ります
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (5)

ノチドメ(Hydrocotyle maritima)

ノチドメ(Hydrocotyle maritima)は、
セリ科チドメグサ属の多年草です☆★

河川敷のような、
湿った日当たりのよい野原で、
足もとを覆いつくすように
広がっていることもあります☆

2
(※写真はクリックで拡大)


葉は5角形で少し光沢があります☆
また、葉の両面の葉脈上に毛がまばらにあります。

葉わきから柄を出して、
とてもとても小さな黄緑色の
花の塊をつけます(*v_v)o

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

花柄は、葉よりも上につきだすことはないので、
意識的に探さないと花の存在には気づけないです(^-^;)

花の様子☆

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


果実の様子☆

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


新しいカメラになってから、
マクロ撮影がずいぶん楽になりました☆
今から、冬の霜の結晶の撮影が楽しみです
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


ちなみに、ノチドメは漢字で書くと「野血止め」で、
野原に多い「血止め草」の一種という意味です。

チドメグサは、古くはちょっとした切り傷の時に
葉を絆創膏のように貼って
「血止め」に使ったと言われています。

でも、子どものころに読んだ薬草図鑑か何かに、

「洗ってない葉の表面には
たくさんの雑菌がついているので、
素直に消毒薬使った方がいい」

とか書いてあったのを見て、
「まぁ、その通りだわなぁ…」とか
妙に納得してしまった記憶があります
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

| | コメント (3)

ツクツクボウシの鳴き声

Photo
(※写真はクリックで拡大)


この写真の子は、

「じくじくじくじくじく…

…わぁーーしーーーっーー!!

じくじくじくじく
わぁーーしーーーっーー!!


じくじく
わぁーーしーーーっーー!!

じくじく
わぁーーしーーーっーー!!

じくじく
わぁーーしーーーっーー!!

じくじく
ういよーーーっ
ういよーーーっ
ういよーーーっ
ういよーーーっ

じ………」


・・・ってな感じで鳴くやつです(^ー^;)

ツクツクボウシの鳴き声は、
図鑑とかだと

「オーシーツクツク オーシーツクツク」

と味気なく表現されているのですが、
かなり複雑な鳴き声をそつなくこなす
昆虫界の大物歌手のひとりだと思います。

わぴちゃん、今のところ
メディア出演の予定はなく、
やや忘れられつつあるので、
セミの鳴き声を練習して
モノマネ王でも目指してみようかしらん。

あ。でも、ツクツクボウシよりも、
シンプルなアブラゼミの
鳴き真似のほうが難しいかも??

…なんてね
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (5)

☆夜に鳴く虫☆

なんか気持ちが沈むような出来事が多くて、
それを1人で静かに抱え込んでしまうので、
朝から「ため息」や「あぁ、疲れた」が
頻発しているわぴちゃんです。

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

こんなんじゃぁ、どんどん
負のスパイラルに陥るだけなので、
明日からは笑顔で頑張らないとね(*v_v)o

「笑う門には福来る」とも言うし★

今日は、ここ最近で撮影した
夜に鳴く虫のいくつかを紹介しますネ(*v_v)o

◆クツワムシ(緑色型)
Photo
(※写真はクリックで拡大)


※壊れたモーターのような音で鳴きます。
童謡なんかではガチャガチャと表現されていますね。


◆ハヤシノウマオイ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※俗にいうスイッチョンです(*v_v)o
写真はちょうど翅を使って鳴いているところです。


◆ササキリ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


※ジリジリジリジリ...と小さな声で鳴きます。
ササキリは、案外人の気配に鈍感で、
撮影しやすいもののひとつです。

余談ですが、9月1日は
わぴちゃんの○○○だったりします
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

| | コメント (4)

ホドイモ(Apios fortunei)

ホドイモ(Apios fortunei)は、
マメ科のつる性多年草で、
林縁に絡みつくように自生しています。

これがホドイモの全体像(*v_v)o
ちょうど、7~9月は花期となります。

Photo
(※写真はクリックで拡大)


そして、その花の拡大☆
ホドイモは、とにかく花の形が面白いです☆★

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


花弁が内側に巻き込むように咲き、
さらに、ピンク色の飾りのような部分が
ちょんちょんとあります。


ちなみに、ホドイモは、地下に塊根と呼ばれる
芋ができて食用になります。

実は、わぴちゃんにとってホドイモは、
図鑑では見る機会があったものの
実物は初見でした☆

初対面のものを自力で発見できたとき、
パッとテンションが上がって、
心のもやもやが一瞬だけ
吹っ飛んだ気持ちになれます

( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

| | コメント (2)

ツリガネニンジン咲き始め

ここ最近、涼しめの日が続いていますね(*v_v)o

いつもの散策で見かける野の花も、
少しずつ秋を感じさせられるものが
増えてきました(*v_v)o

今日は、散策で写した
縦構図の初秋の花を紹介しますね☆


ツリガネニンジン
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


※初秋の草原で、涼しげなブルーの
釣鐘型の花をたくさん咲かせます☆

華奢な茎に青い釣鐘がぶらさがって、
それがそよ風で揺れる姿は
何とも愛らしいです(*´▽`*)


ワレモコウ
2
(※写真はクリックで拡大)


※ツリガネニンジンとともに
日本の秋の草原を彩る常連さんです。


ヒヨドリバナ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


※早いものは7月中から
咲きはじめることも多いのですが、
秋の野山に咲く姿は何とも風情があります(*´▽`*)


キツネノマゴ
Photo
(※写真はクリックで拡大)


※キツネノマゴ科の1年草で、
ちょっとした草地にごく普通に生えてます☆
7月頃から花がつきはじめるのですが、
本格的な花のシーズンは秋で、
時に群生して美しいです☆

わぴちゃん、ちょっとお疲れモードで、
元気がなくてしょんぼりした感じです(^-^;)
気持ち的なもんなんですけどね(>ω<。)

| | コメント (9)

ギンヤンマ(Anax parthenope julius)

ギンヤンマは、開けた水辺を歩くと
たくさん見られるヤンマです(*v_v)o

ギンヤンマ(Anax parthenope julius)は、
よく見かける種類でありながら、
わぴちゃんの手持ちの写真が
数えるほどしかなかったり…。

だって、なかなかとまんないんだもん(>ω<。)

そんなギンヤンマですが、
8/23のリハビリ散歩のときに、
いくつものペアが
水面近くの草につかまって
産卵していました☆★

シャッターチャンスです(*v_v)o

まずは、産卵シーン☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


続いて、ギンヤンマの
個々の特徴が分かるように撮りました★

まず、♂のギンヤンマ。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

♂のギンヤンマには水色の部分があります。

続いて、♀のギンヤンマ。
♀には水色の部分ありません(*v_v)o

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

こうやって見ると、
平地で見るトンボ目の昆虫の中では
かなり美しい部類に入るのでは
ないでしょうか(*´▽`*)

| | コメント (6)

帽子に絆バッヂ

土曜日に行われた第21回関宿まつり。

そこで購入した「絆バッヂ」を
帽子の横につけています(*v_v)o

5_

どうかな? 似合うかな~?

| | コメント (3)

☆ひさしぶりの蝶撮り☆

今日は、腰の痛みが和らいだのと、
雲が切れて晴れ間ものぞいたので、
リハビリも兼ねて近所をぐるっとまわってきました☆

そこで撮影したもののうち、
蝶の仲間をいくつか抜粋して掲載しますね☆


アサギマダラ
Photo
(※写真はクリックで拡大)


※滅多に撮影できるもんじゃないので
テンションが上がりました(≧▽≦)ノ
何千kmも旅をする能力があります。
これで、吸蜜している花が特定外来生物の
ミズヒマワリじゃなければ最高なんですがのぅ・・・(^ー^;)


キタテハ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


※厳冬期をのぞいて
ほぼ1年じゅう見られるチョウです☆
今の季節飛んでいるのは「夏型」で、
やや黒っぽい感じがします。


ヒメアカタテハ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


※わぴちゃんところでは夏の終わり頃から、
初冬にかけてもっとも数が多くなるチョウのひとつです。
ほぼ世界中に生息するという、
何ともワールドワイドな存在です(*v_v)o


ギンイチモンジセセリ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


※翅に横一直線の白い帯が入るのが特徴です。
ただ、今見られる夏型の個体は、
白い帯が目立たない傾向があります★


ミヤマチャバネセセリ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


※セセリチョウ科の蝶です☆
わぴちゃんところでは、
ギンイチモンジセセリと一緒に
飛んでいる姿をよく見かけます☆

| | コメント (4)

寝起きで腰がゴキッ!

今朝の出来事です。

「よしっ。月曜日。
 今日も一日頑張るぞっ!」

と、ガバッと起き上がりました。


次の瞬間…。


「ゴキッ!!」


キャーーーー(>ω<。)

「しまった、腰を痛めていたのを
すっかり忘れてた…(/||| ̄▽)/ 」

ゴキッとなった瞬間、入院とか、
最悪のシナリオが頭の中を駆け巡っていきました。

「立てなくなっていたらどうしよう」と不安な気持ちで、
恐る恐る立ち上がってみると…、


「(; ̄ー ̄)...あれ? 治っちゃった?」


あの「ゴキッ!!」っと言った瞬間、
なにか分からないけどミラクルが起こったらしく、
腰痛が治ってしまったようです(^-^;)


その後、今日1日様子を見ていましたが、
痛みが再発することなく、
普通に歩けるようになりました☆★

心配してくださった皆さん、
ありがとうございました(*v_v)o

ただ、まだ完全に治ったわけではないので、
引き続き、無理をしないようにしますね(*v_v)o

| | コメント (8)

わぴちゃん、寝込む。

今日は、今までの疲れでドッと出てしまい、
完全に寝込んでしまいました(^-^;)

昨夜からの猛烈な腰の痛みも続いて、
モノにすがってやっと歩ける感じでした(・_・、)

何も食べないわけにいかないので、
スーパーに買い出しに行きましたが、
通常30分もかからない作業なのに、
歩くたびに襲ってくる腰の激痛に、
気づいたら2時間以上経過していました(・_・、)

…で、ごめんなさい。
昨夜、あんな状況だったもんで、
すっかり告知するのを
忘れてしまっていました(>ω<。)

本日(8/21)朝に、
またまたJ-WAVE(81.3FM)に
生ではなく事前収録の形でしたが、
ラジオ出演させていただきました(*v_v)o

日曜朝のHAPPINESS!という番組の
Earth Hummingのコーナー内でした☆

です。もし、聴いてくださった方が
いらっしゃいましたら、
ありがとうございました(*v_v)o

| | コメント (4)

第21回関宿まつりに参加(*v_v)o

「あおぞら☆めいと」で
告知させていただいたとおり、
地元の第21回関宿まつり、
東日本大震災復興チャリティブースにて、
ふわぴかちゃんのしおりを頒布させていただきました。

820


8202


全部手づくりで600個作成しましたが、
わぴちゃんが想像以上に不器用で(^ー^;)
最終工程のリボンをつける作業が、
ほぼ徹夜になってしまった上に、
午前中いっぱいかかってしまいました(^ー^;)

今回は、12種類用意して、
1枚100円で頒布し、
売上金は全額東日本大震災の
義援金とさせていただきました。

8203


地元商工会のみなさんも、
すごく応援してくださって、
大変感謝しています(*v_v)o

皆さん、いろいろとありがとうございました(*v_v)o


…ただ、残念ながら、
わぴちゃんの力不足で、
用意したしおりのほとんどが
そっくりそのまま
お持ち帰りとなってしまいました(>ω<。)

ぜっかく場を提供してくださったのに
ほとんど何もお役に立てず
本当に申し訳ございませんでした…。

そして、徹夜で何時間も同じ姿勢で作業したせいか、
帰宅後から、猛烈な腰の痛みが…o_ _)oパタ

| | コメント (7)

道ばたの小さなお花☆

昨日は、所用で上京してきました。
なんだろう…。いつもそうなのですが、
都会を歩くと、あちこち痛くなります(^-^;)


今日は燃えないゴミの日なので、
早朝にゴミ投げのついでに
少しだけ自転車で散策しました。

その時に見つけた
小さな野草たちを紹介しますね☆

アゼナ
Photo
(※写真はクリックで拡大)


※アゼナは、名前のとおりあぜ道で
たくさん咲いています。

最近は、アゼナによく似た外来種の
アメリカアゼナ等といっしょに
生えていることが多いです。


トキワハゼ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


※庭の隅、植木鉢など、
どこにでも生える小さな1年草です☆
雑草扱いされることが多いのですが、
なかなか美しい花だと思います☆


ハナイバナ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


※ムラサキ科の越年草☆
花はかなり小さいですが、
丸っこい形で可愛らしいです(*^▽^*)o


ハハコグサ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


※ハハコグサは春の七草のひとつですが
ほぼ通年花を咲かせています☆


フタバムグラ
2
(※写真はクリックで拡大)


※畑やあぜ道でよく見かける1年草☆
白いベルのような花が
とても可愛らしいです(*^▽^*)o

| | コメント (5)

試し撮り(*v_v)o

わぴちゃんの強力なパートナーである
デジタル一眼くん…。

ハード面での劣化が目立ってきたので、
思い切って買い換えました☆

EOS kissF →EOS kiss X4 です☆

それで、ちょっと
試し撮りをしてみました(*v_v)o

雲の様子☆

816
(※写真はクリックで拡大)


駐車場の花に来た
ツマグロヒョウモンの女の子☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


付属していたレンズが
18-135mmまでカバーしているので、
瞬発力が求められる昆虫の撮影が
より簡単になりました(*v_v)o


木陰に咲くルリマツリモドキ☆

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


薄暗いところの青い花は、色が出にくく
撮影難易度がきわめて高いものの
ひとつです(>ω<。)

今までは青や紫色の発色が微妙で
色温度の調整など手こずったのですが、
今度のはデフォルトの設定のままで
ずいぶんきれいに出ていてビックリ(*^▽^*)o

もうひとつ。シロネの花。
野草の撮影には必須のマクロの試し撮りです☆

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


今までのkiss Fは、劣化しつつも
まだちゃんと撮影はできるので、
サブ機として、いざという時の
バックアップにしていきたいと思います☆

| | コメント (6)

猛暑にも負けず…。

今朝は、ちょこっとだけ朝散歩をしました(*v_v)o

ここのところの猛烈な暑さ・乾燥などで、
野草は見るに耐えない状況に
なってしまっています(>ω<。)

でも、そんな中でも、健気に
お花を咲かせているものを
見つけたので紹介しますね(*v_v)o


マルバツユクサ

Photo
(※写真はクリックで拡大)

※温暖化とともに、分布が拡大している
南方系のツユクサです。
わぴちゃんフィールドでは、
3年前に初めて確認して以降、
いたるところで見かけるようになりました。


ニガクサ

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※葉をかじると、苦いのでニガクサです。
軽くかじっただけでは普通の草の味しかしないのですが、
じっくりと味わうと、あとからかなりの苦みが…(^-^;)

ワレモコウ

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※ワレモコウは秋の草原の常連さんです。
早くも穂を出しはじめていました☆

ガガイモ

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※ガガイモ科の多年草で、今の季節、
川べりや野原でたくさん花を咲かせています☆
ガガイモって不思議とファンが多いですよね(*´▽`*)

クサノオウ

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

※クサノオウは春先に黄色い花を
咲かせているのをよく見かけるのですが、
真夏に咲いていてよかったっけ…?
まぁ、いいか☆

| | コメント (6)

イベントに向けて(*v_v)o

すでに「あおぞら☆めいと」でも告知させていただいてますが、
8月20日(土)に開催される「第21回関宿まつり」にて、
「ふわぴかちゃんと霜のしおり」を頒布する予定です(*v_v)o

設計→デザイン→製作まで、
わぴちゃんの完全手づくり品です☆

印刷はすべて完了し、
現在は裁断作業を行っています(*v_v)o

8143
(※写真はクリックで拡大)

8144
(※写真はクリックで拡大)

8142
(※写真はクリックで拡大)

思い切って裁断機を導入してみたのですが、
これは便利でいいですね(≧▽≦)ノ

今回は、製作するしおりの数量が600部と多いので、
裁断作業がいい全身運動になっていたりします。

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (5)

お盆時期のトンボちゃん

昨日(8/12)に近所を自転車でまわって
見つけたトンボちゃんたちを載せます(*v_v)o


マイコアカネ(♂)

Photo
(※写真はクリックで拡大)

※いわゆる赤とんぼですが、
早くも真っ赤に色づきはじめていました。
♂は顔が舞妓さんのように
青白く色づくのが特徴です☆


シオカラトンボ

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※♂は青白い粉を吹いてなかなか美しいです☆
炎天下だろうが関係なく元気に飛びまわってます。


オオアオイトトンボ

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※雑木林の中にいました☆
メタリックグリーンが何とも美しい子です☆


ハグロトンボ

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※黒い翅をひらひらとさせながら飛びます。
子どものころ、木陰の湿地で、ハグロトンボが
大量に舞っているのを見つけたことがあって、
何とも言えない恐怖を感じて
その場から逃げたのを覚えています(笑)


ナツアカネ

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

※アキアカネとともに
普通に見られる赤とんぼの一種です。

| | コメント (4)

豊田城と稲妻

今日は、午後から関東各地で
激しい雷雨となりました。

なので、夕方から
ちょっとぐるっとドライブ。
稲妻の撮影をしてきました(*v_v)o

8111
(※写真はクリックで拡大)


8113
(※写真はクリックで拡大)


8112
(※写真はクリックで拡大)


8114
(※写真はクリックで拡大)

一緒に写っている
お城のようなものは豊田城です(*v_v)o

世間はそろそろお盆休みモードなのかな?

お盆や正月、大型連休のように、
世間が休みモードに入ると、
仕事関係のメールや電話がなくなって、
人との交流がほとんどなくなって、
きわめて孤独な状態に陥るわぴちゃんです。

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (11)

エゾオナガバチ(Megarhyssa jezoensis)

この記事は、もともとオオホシオナガバチと
紹介していましたが、
「エゾオナガバチMegarhyssa jezoensis」という
ご指摘を頂きましたので、
確認の上修正させていただきました。

ご指摘ありがとうございました。
---------------------

今日も、おとなしくしていました(*v_v)o

まだ、左足に体重をかけると
痛みがあるのですが、
だいぶ動けるようになってきました
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

なので、また夜間散策の
ストック写真から…☆

エゾオナガバチ
(Megarhyssa jezoensis)という、
ヒメバチ科の蜂さんを紹介しますね☆

これがオオホシオナガバチです(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)


オナガバチ(尾長蜂)の名前のとおり、
長~~い産卵管があるのが特徴です☆

この子はいわゆる寄生バチの一種で、
幼虫は、朽ち木の中に生息している
「キバチの幼虫」に寄生します。

この、産卵シーンが
とても面白いのです(≧▽≦)ノ

まず、朽ちた木の中にいる
キバチの幼虫(ターゲット)を触角で探知します。

ターゲットを見つけると、
朽木にこの長い産卵管を
深く差し込んでいきます。

そして、ターゲットの体内に
たまごを産んでいくのです。

これが、その産卵シーンです(≧▽≦)ノ

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

効率よく産卵管を差し込むために、
かなりアクロバティックなことになっています(^-^;)

| | コメント (5)

☆サトイモの花☆

発症時よりはよくなりましたが、
まだ腰の痛みが続いているので、
コルセットを装着しました☆

これ、いい感じに引き締めてくれるので、
腰の安静だけでなく、
シェイプアップ効果も期待できそう?(笑)

( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

あ。そうそう。今日ね。
とうとう念願のサトイモの花を
見つけることができました(≧▼≦)ノ

これがサトイモの花です☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


もう、最盛期を過ぎている感じですが、
ちゃんと開いた状態の花を
写すことができて満足です(*´▽`*)

| | コメント (3)

羽化直後のミンミンゼミ

皆さん、わぴちゃんの急性腰痛症の件で、
心配してくださってありがとうございました(*v_v)o

わぴちゃん、ふだん、プライベートでは
誰かと会話する機会があまりないので、
こうやってコメントいただけると
気が紛れて、元気が出てきます☆

今日は、素直にあまり歩き回らず、
静かにしていました。
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

まだ、左足に体重をかけると
ずきんと痛みが走るものの、
昨日よりは少し軽くなったと思います(*v_v)o

今日はストック写真から…☆

8月1日に夜間散策をした際に、
ミンミンゼミの羽化シーンを見つけたので、
それを載せますね☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


羽化直後のミンミンゼミは、
からだはエメラルドグリーンに輝いて、
翅は透き通って繊細な色合いで、
めちゃくちゃ美しかったです(*´▽`*)

| | コメント (6)

ギャーーー(>ω<。)

今日は、午前中、仕事等で必要な
物品の買出しに出ていました。

それでね。ファイルを陳列棚から取ろうと
立ち止まり、左足に体重がかかった瞬間…。

「ギャーーーーー(>ω<。)」 ←心の叫び


腰にあり得ないほどの激痛が走り、
そのままフリーズしてしまったのでした(^-^;)

周囲に悟られると恥ずかしいので、
商品を見るふりしながら、
痛みの波が通り過ぎるのを待ちました(笑)

数分程度で少し落ち着いたので
そのまま買い物を続行しました。

しかし、歩くのがしんどく、下手に腰を曲げると
強烈な痛みに襲われるので、
ゆっくりゆっくりしか動けませんでした(>ω<。)

それでも、なんとか無事帰宅できました
少し安静にしてないとダメかにゃぁ…(>ω<。)

| | コメント (7)

☆晴れ時々雨一時虹☆

今日(8/4)は、湿った気流の影響で
大気の状態が不安定でした。

基本は「晴れ」でしたが、
急にザーっと通り雨のある
変わりやすい天気でした。

こういう時は、運が良ければ、
朝夕を中心に
虹が見られることがあります☆

だもんで、今日は、
もしかしたら…と気をつけて見ていたら、
部分的ですが虹を
見ることができました(≧▽≦)ノ

804_1
(※写真はクリックで拡大)

804_2
(※写真はクリックで拡大)


やっぱり、虹は人を幸せな気持ちに
させてくれますね~(*´▽`*)

| | コメント (4)

ミイデラゴミムシ

ちょっと前の夜間散策で、
ミイデラゴミムシを見つけました☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)

ミイデラゴミムシは、オサムシ科の甲虫で、
刺激を与えると100℃以上の高温のガスを
派手な爆発音とともに放つことで有名です。
別名「へっぴり虫」。

子ども向けの昆虫図鑑には、
その様子が大々的に取り上げられていて、
わぴちゃん自身も、昔から
「見たい見たい」と思っていた
昆虫のひとつでした☆

たまたま草陰からひょこっと
出てきたところを
写すことができましたよー(≧▽≦)ノ

あ。でも、刺激して
ガスを出させてみる勇気はなかったです(^-^;)

| | コメント (4)

ザクロソウ(Mollugo stricta)の花

ザクロソウ(Mollugo stricta)は、
ザクロソウ科ザクロソウ属の1年草です★

夏休みのころに、畑や道ばたに出現します☆

ただ、いかんせん地味で小さいので、
見過ごされていることが多いかもしれません。

でも、ザクロソウの花って
とても可愛いですよ~(*´▽`*)

今朝、道ばたでいっせいに咲いていたのを
写してきたので、載せますね☆


2
(※写真はクリックで拡大)


3
(※写真はクリックで拡大)


4
(※写真はクリックで拡大)


葉の感じが果樹のザクロの葉に似ているから
ザクロソウと命名されたようですが、
まぁ、そう言われてみればそう見えるかなぁ…。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


こちらは、花の拡大です☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


実は、ザクロソウには花弁がありません。
花弁のように見えるのは白い5枚のがく片です☆

| | コメント (5)

灯火にきたコガネムシ類

昨日の記事で予告したとおり、
本日8月1日(月)、
FMラジオ局J-WAVEさんの
朝の番組TOKYO MORNING RADIOで
ゲスト出演させていただきました。

聴いてくださった皆さん、
それから、
パーソナリティーのショーンKさん、
スタッフのみなさん、
どうもありがとうございました(*v_v)o

そのときの様子が、
J-WAVEのホームページ内
アップされています☆
よかったら見てくださいね☆

今日は、ここのところの夜間散策で
灯火にきているのを撮影した
コガネムシの仲間をいくつか
ピックアップして紹介します☆

昼間はあまり目につきませんが、
夜間散策するとコガネムシの仲間が
身近にこんなにいろいろいるんだぁ☆
…というのに気付かされます☆

ただ、この仲間は同定が難しいのも多くて、
そのあたりは悩みどころですけどね(^-^;)

オオクロコガネ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※クロコガネの仲間には、
オオクロコガネ、クロコガネ、コクロコガネの
3種類がいて、どれもよくにています。
その中で、クロコガネとコクロコガネは
翅に光沢があり夜に撮影すると光りますが、
一方のオオクロコガネは、
あまり光沢がないのが特徴です。


コフキコガネ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※普通種で、街中でも、灯火のまわりに
転がっている姿をよく見かけます☆
茶褐色で、黄色い剛毛に覆われて
まるで粉が吹いたように見えます☆


オオコフキコガネ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※コフキコガネに似ていますが、
体色は赤みが強い茶色で、
うすい灰色の剛毛に覆われます☆
あとずんぐりした感じです☆

| | コメント (5)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »