« ヨツボシテントウダマシ | トップページ | 4月3日深夜の幻月 »

カラクサナズナ(Lepidium didymum)

カラクサナズナは、ヨーロッパ原産の
アブラナ科の越年草です☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


花の拡大はこんな感じです☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


こうやって写真で見ると、
全体が緑色で花も小さいため、
一見、地味で存在感がないように感じます。

しかし、きわめて特徴的な
「臭い」を持っているため、
フィールドでは、
絶大なインパクトがあります(笑)

鼻をつくような悪臭…と
いうわけではないのですが、
何とも言えない特有の臭いです(^-^;)

一度覚えると、臭いで
カラクサナズナの存在に
気づけるようになりますよ~☆

|

« ヨツボシテントウダマシ | トップページ | 4月3日深夜の幻月 »

*外来植物*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

この白い4本のツノ。
これが、花弁なのか、あるいは退化したオシベなのか?
花弁となっているページが多いと思いますが、ヒョロヒョロ伸びるものも見ていて怪しいんですがねェ。

投稿: ポンチ | 2012/04/03 07:02

◆ポンチさん

ポンチさん、こんばんは(*v_v)o

白い4本のツノ、手持ちの
「原色日本帰化植物図鑑(保育社)」では、
花弁として紹介されていました。

「時に欠」という記載もあったので、
花弁が退化しかかった
残骸に近いものなのかもしれませんね。

投稿: わぴちゃん☆ | 2012/04/03 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨツボシテントウダマシ | トップページ | 4月3日深夜の幻月 »