« ひっつき虫の逆襲 | トップページ | 散歩の花図鑑☆ »

キスジノミハムシ(Phyllotreta striolata)

キスジノミハムシは、
コウチュウ目ハムシ科の昆虫です☆

アブラナ科植物につき、
幼虫は根を食べるので、
ダイコンの害虫とされています。

そのため、害虫図鑑にもよく登場し、
世間一般ではネガティブイメージが
強いかもしれませんね。

でも、ここは虫さんとお友達の
わぴちゃんのブログなので、
「かわゆい昆虫」として紹介しますね(*v_v)o
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

Photo
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


写真は、アブラナ科の野草の
スカシタゴボウの写真を
撮っている時に見つけた子です。

成虫は2mm程度ととても小さいのですが、
黄色と黒色の模様が印象的な子です。

まるでノミのように
ぴょんと跳ねて逃げることから
ノミハムシと呼ばれます。

|

« ひっつき虫の逆襲 | トップページ | 散歩の花図鑑☆ »

*甲虫類*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひっつき虫の逆襲 | トップページ | 散歩の花図鑑☆ »