« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

6月1日を前に…(*v_v)o

今日のわぴちゃんです(*v_v)o

_

わぴちゃんはきわめて単純な性格なので、
可愛いなんてコメントが付いたら喜びます
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


早いもので、明日は6月1日。

わぴちゃんの年齢の十の位が動く
Xデーまであと3ヶ月です…(^-^;)

初恋すらまだなのに、いよいよ…(^-^;)

数年前までは、このXデーが怖くて、
夢にまで出てきて、うなされたものですが、
不思議なもので、今ではすっかり開き直り、
「さぁ、いつでもかかってこいー」と
どんと構えている自分がいます。

( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

| | コメント (4)

夜の里山へ(*v_v)o

昨夜は、夜間に活動する
昆虫や小動物を観察してきました☆
もちろん1人でです (o ̄∇ ̄o)v

「1人カラオケ」とか、「1人焼肉」とか、
1人なんとか…というのがありますが、
わぴちゃんは、もはや、
「1人真夜中里山散策」の域へと
到達してしまっています。

まぁ、単に、わぴちゃんと
遊んでくれる人が誰もいないだけ…なんですけどね
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

もう、だいぶ夜の里山もにぎやかになってきてますね☆
蛾を中心に多くの昆虫を見ることができました。

その中から、甲虫目の昆虫を載せたいと思います(*v_v)o


アオカミキリモドキ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※カミキリモドキ科の昆虫です☆
翅に青緑色の光沢があって美しいのですが、
身の危険を感じるとカンタリジンと言う
毒液を出すので要注意です。


シロスジカミキリ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※国内最大級のカミキリムシです。
だから、見つけるとすごく
テンションが上がります(≧▽≦)ノ


ミイデラゴミムシ
2
(※写真はクリックで拡大)

※ホソクビゴミムシ科で、
湿った野原の地表にいます☆
身の危険を感じると
強烈な臭いの液体を噴射させる
スカンクのような昆虫です。


ユミアシゴミムシダマシ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※ゴミムシダマシ科の昆虫で、全身真っ黒です。
朽木や枯れ木のところによく群がっています。

| | コメント (4)

5月28日の乳房雲

今日(5/28)は大気の状態が不安定で、
お昼過ぎから積乱雲が発達し、
突風を伴った激しい雨が降りました。

ちょうど移動中でしたが、
乳房雲を見ることができたので、
写真を載せておきます(*v_v)o

0528_1
(※写真はクリックで拡大)

0528_2
(※写真はクリックで拡大)

0528_3
(※写真はクリックで拡大)


積乱雲接近時、どす黒い乳房雲が
大きく垂れ下がってきた場合は、
その後、まれに竜巻等の激しい突風へと
発展する恐れがあるので、
速やかに頑丈な建物や車の中に避難してくださいね(*v_v)o

| | コメント (3)

翡翠色のゾウムシさん(*v_v)o

夕方、ふらっと散歩した時に、
オオアオゾウムシさんに出あいました(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)

オオアオゾウムシは甲虫目ゾウムシ科で、
全身が青緑色の鱗片で覆われる美麗種です。

ヤナギやミズナラなどに集まるとされています。

実はね…、
昨夜、人混みにもまれたのをきっかけに、
すっかり気持ちが撃沈してしまいました…。

わぴちゃんは、日ごろ話し相手がいないので、
一度気持ちが落ち込むと、
ネガティブスパイラルの悪循環に引きずり込まれ、
落ちるところまで落ちてしまうんですよね(^-^;)

困ったもんです(>ω<。)

| | コメント (2)

アオイヌガラシ(Rorippa indica var. apetala)

イヌガラシのうち、
無花弁の花を咲かせるタイプを
アオイヌガラシと言います☆

_2
(※写真はクリックで拡大)

__2
(※写真はクリックで拡大)

アオイヌガラシでは、その株につく花は
すべてが無花弁になります。
ただ、ていねいに探すと、
花弁の痕跡が見つかることもあります。

ちなみに、典型のイヌガラシには、
黄色い花弁が4枚あります☆
参考までに典型のイヌガラシの写真も
載せておきますね☆

2_2
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (4)

☆ギシギシの仲間4種☆

今日は、いまあちこちで見かける
ギシギシの仲間を4種ほどピックアップして
並べて載せたいと思います(*v_v)o

地味な野草であまり人に注目されない…という、
わぴちゃんにとっての
「萌え要素」を満たしている分類群です
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


ギシギシ
2
(※写真はクリックで拡大)


※ギシギシの仲間の本家的な存在です。
湿った野原に自生します。


ナガバギシギシ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


※荒れ地や造成地などに多く見られる
ヨーロッパ原産の外来種です。


エゾノギシギシ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


※別名ヒロハギシギシ。
花穂や葉脈が赤みを帯びて
茶色っぽくなる傾向があります。


コギシギシ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


※河川敷や氾濫原に生える在来種です。
全体的に緑色で、果実期にタネを包む花被片は、
はっきりとギザギザに切れ込みます。

------------------
ギシギシの仲間の見分けですが、
慣れてくると、パッと見の雰囲気でも
なんとなく見当がつきます。
しかし、確実に同定するには、
果実期にタネを包む3枚の花被片の
形を見る必要があります。

以下にギシギシを例にとって
花被片の見方を載せますね☆

_
(※写真はクリックで拡大)

上の写真はギシギシの
果実期の3枚の花被片を
切り離して並べたものです

花被片はずんぐりした形で
縁は少しだけギザギザしています。
また、花被片には「粒体」と呼ばれる
コブのようなものがあり、
その数や大きさも同定ポイントになります。

ギシギシの場合、
3枚の花被片すべてに粒体があり、
大きさはどれも同じです。

| | コメント (6)

アカボシゴマダラの春型

今朝の散歩で、
道路わきのエノキの幼木のところに、
白い紙切れのようなものを見つけました。

最初はゴミかと思ったのですが、
よーーーく見たら
アカボシゴマダラというチョウでした。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

Photo
(※写真はクリックで拡大)


アカボシゴマダラは、関東地方で
個体数が増えている南方系のチョウで、
誰かが放蝶したものが定着して
広がってしまった…とされています。

コムラサキやオオムラサキ、
ゴマダラチョウ等と植樹が被るため、
生態系への影響が心配されており、
要注意外来生物に指定されています。

春型と夏型がいて、
春型は赤い紋がほとんどなく、
全体的に白っぽい色を
しているのが特徴です。

わぴちゃんが近づいて
写真撮っても逃げる気配がないため、
もしかしたら、お友達になれるかな?

そう思って、
そっと指を差し出してみました。

すると、手乗りしてくれたでは
ありませんかぁーーー(≧▽≦)ノ

_
(※写真はクリックで拡大)

__2
(※写真はクリックで拡大)

かわゆいー(*´▽`*)

翅を広げて、ご自慢の美しい模様を
たっぷり披露してくれました(*´▽`*)

自然に任せていたのですが、
なかなか飛び立つ気配がなかったので、
木の葉の上にそっととまらせてバイバイしました。

| | コメント (8)

エビイロカメムシなど

金環日食の記事に
たくさんの反響コメント
ありがとうございます(≧▽≦)ノ

…でね。
金環日食の興奮冷めやらぬうちに
カメムシを載せるのが
わぴちゃんだったりします
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

だってね。昨日、金環日食の後、
わぴちゃんにとって初見の
エビイロカメムシを見つけたんだもん
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪


エビイロカメムシ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※カメムシ科の昆虫で、
ススキなどのイネ科植物につきます。
なんか細長い感じのカメムシです。
わぴちゃんにとって
初見のカメムシさんです。


アカヒメヘリカメムシ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※草原で見かける
小さなオレンジ色のカメムシです。
ちょっとおめめが怖いかな?(笑)


ウズラカメムシ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※かつては、わぴちゃんにとって
憧れのカメムシのひとつでした。
しかし、数年前に初めて見たのをきっかけに、
よく見かけるカメムシになりました。

特に数が増えたというわけではなく、
単にわぴちゃんの眼が節穴だっただけです。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


チャバネアオカメムシ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※カメムシの中では
もっとも普通に見られるものの
ひとつと言われています。
確かに、よく見かけるなぁ…。

| | コメント (4)

☆金環日食☆

すでにニュース等で報じられている通り、
本日5月21日朝方、
太平洋側の地域を中心に
広い範囲で金環日食を
観測することができました。

わぴちゃんも、流行に乗って、
観察してきました
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

多少雲はあったものの
青空が広がっていて、
日食の最初から最後までを
堪能することができました☆

わぴちゃんが撮影した写真を
順番に並べておきますね☆

_629
(※写真はクリックで拡大)

_650
(※写真はクリックで拡大)

_714
(※写真はクリックで拡大)

_725
(※写真はクリックで拡大)

_735
(※写真はクリックで拡大)

_739
(※写真はクリックで拡大)

_742
(※写真はクリックで拡大)

_756
(※写真はクリックで拡大)

_821
(※写真はクリックで拡大)

…このあと、飛び交うトンボちゃんに
夢中になってしまったので、
写真はここまでです
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (6)

蝶も初夏モードへ☆

ここ数日で撮影したチョウの仲間を
ピックアップして載せておきますね☆

見られるチョウの種類が、
初夏のラインナップに
なってきました(*v_v)o


アオスジアゲハ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※ハルジオンで吸蜜していました。
アオスジアゲハくらいの大きさがあると、
重みで花が垂れ下がってしまうようですね(笑)


ルリタテハ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※木の上で翅を広げていました。
もう少し、わぴちゃんに身長があれば…
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


イチモンジチョウ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※コミスジとともに、
雑木林の林縁でよく見かける子です☆
幼虫はスイカズラを食樹にして育ちます。


ダイミョウセセリ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※セセリチョウの仲間ですが、
翅をべったり広げてとまります☆


ゴマダラチョウ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

※タテハチョウ科のチョウで、
樹液が大好きな子です☆
幼虫はエノキを食樹にして育ちます☆

| | コメント (2)

スイゼンジナ(Gynura bicolor)

スイゼンジナは、
キク科サンシチソウ属の多年草です☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)

沖縄ではハンダマ
熊本ではスイゼンジナ(水前寺菜)、
加賀ではキンジソウ(金時草)と呼ばれ、
各地で伝統野菜として栽培されています。

わぴちゃん、
このスイゼンジナの花を咲かせるために、
2006年ころから繰り返し何回も栽培していました。

しかし、寒さに弱くて、室内に取り込んでも、
だんだん溶けるように枯れていって、
冬を越せないんですよね…(^-^;)

それに、春から秋の間は、元気に葉を茂らせて
収穫できるほどに育つものの、
蕾をつけるまで至りませんでした。

で…。今年もチャレンジしようと、
早春に園芸店で苗を選んでいたら、
蕾をつけている株を発見!!!

_
(※写真はクリックで拡大)

それを植えたところ2ヶ月かかりましたが、
無事花を咲かせることができました。

ちょっと横着しちゃいました。
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

ということで、
これがスイゼンジナのお花です(*v_v)o

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

6年越しの努力の結晶です(笑)
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ。

ところで、スイゼンジナの花って、
悪臭系なんですね(^-^;)

写真を撮っていて、
なんか変な臭いがするなぁ…と思い、
花に鼻を近づけてみたら…、

∑( ̄∇ ̄;)ヴッ!

という感じでした(笑)

| | コメント (7)

ルリハナアブ(Pseudoeristalis viridis)

ルリハナアブは、
ハエ目ハナアブ科の昆虫です☆

初夏に出現するハナアブくんで、
今の季節、ハルジオンの花のところに
来ているのをよく見かけます☆

2
(※写真はクリックで拡大)

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


からだに青緑色の金属光沢があって、
なかなか美しい子です(*´▽`*)

腹のところにカタカナの
「エ」の字に似たような斑紋がありますね☆

| | コメント (0)

セリ科の花3種☆

実は、先にブログに書いた、右手の打撲…、
けっこう重症で、ズキズキ痛いのだ(>ω<。)
今回も自然治癒力に任せようと思っていたのですが、
あきらめて、湿布と包帯でちゃんと手当てをしました(^-^;)

この前、座った瞬間に椅子がぽっきり折れて
ひっくり返ったときは無傷だったのにぃー(>ω<。)

そうそう。今朝、初見のノハラジャクの花を撮影できたので、
それとあわせて、今の季節に咲いている
セリ科の白いお花をピックアップして紹介しますね☆


オヤブジラミ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※少し湿った場所にごく普通に生えている
セリ科ヤブジラミ属の野草です。
果実はひっつき虫になります
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


ノハラジャク
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※ヨーロッパ原産の
セリ科シャク属の1年草です(*v_v)o
実は、わぴちゃんにとって初見の植物です。
ヤブジラミとかに雰囲気は似てますが、
葉がより緻密で細かく、果実の形も異なります。


ウイキョウゼリ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


※チャービルやセルフィーユの名で
ハーブや香味野菜として栽培されています☆
セリ科シャク属の1年草です☆

| | コメント (2)

わぴちゃん、また転ぶ(^-^;)

今朝、いらなくなった
プラスチック製の容器を処分するために
広い場所で解体作業をしてました。

その時に、道具を出すのが面倒で、
足で踏みつぶそうと思い、
勢いよく飛び乗ったのですが…、


ぼよん…ズルッ。

ズテーーン!!


意外に強度があり、
わぴちゃんは、そのまま勢いよく
すっ転んでしまいました(^-^;)

転んだ際に手をついたので、
大事には至りませんでした。

しかし、ついた手は、
打撲でくろじよって腫れてズキズキ...

それに、すっ転んだ時に
無意識のうちに無理に体勢を立て直そうとして
あちこちのすじをひねってしまい、
動くたびにイタタタ...

横着はいけませんね(^-^;)

その後、きちんと道具を使って
無事、解体処分できましたとさ(^-^;)

また、同じことをやらかさないように、
自戒の念を込めてここに記しておきます。
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

| | コメント (2)

○○アザミ3種(*v_v)o

今、わぴちゃんフィールドで咲いている
「○○アザミ」と名のつく野草を3種載せます☆

ちなみに、3種類のうち、
アザミ属に分類される本当のアザミは、
ノアザミだけです。

キツネアザミはキツネアザミ属、
ヒレアザミはヒレアザミ属…と、
分類学上は別の仲間になります。


キツネアザミ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※ひょろーっと長くのびた茎の先に
ピンクの小さなアザミに似た花を咲かせます☆
背が高くなることもあって、
今、道ばたで目立つ野の花のひとつです☆


ノアザミ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※初夏に咲くアザミ属の多年草です。
日当たりのよい草地や土手に見られます。
葉にトゲはありますが、
素手で触ってもそれほど痛くないです。

ヒレアザミ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※茎にトゲトゲのひれがあって、
さらに葉や総苞もトゲトゲで、
見るからに痛そうに見えます。

| | コメント (2)

あこがれの…(≧▽≦)ノ

2日前だったかな…☆

あぜ道を歩いていた時に、
ふと草むらのほうに視線をうつすと…。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


あ!!
ジンガサハムシだ!!(≧▼≦)ノ

最近、こころが寂しいこともあって、
ぼけーっと歩いていたのですが、
一瞬にして、目がすっきりと冴えました(笑)


ジンガサハムシは、
ヒルガオ類につくハムシくんです。

ヒルガオやコヒルガオは
どこにでも生えているのですが、
ジンガサハムシはなかなかいなくて、
わぴちゃんはまだ未見の昆虫でした(>ω<。)

この独特な姿から人気昆虫のひとつで、
わぴちゃんにとっても
幼少期から憧れの存在でした(*´▽`*)

| | コメント (4)

初夏はスゲの季節☆

わぴちゃんが好きな
植物の分類群のひとつに
スゲの仲間があります☆

ちょうど、初夏は多くのスゲ類が
穂を出す季節で、観察するのには
もってこいです(*´▽`*)

スゲ類の穂は、とても地味で、
人目に付きにくいのですが、
なんか魅かれるものがあるんですよね(*´▽`*)

わぴちゃんも、人目につかないところで
地味にしているタイプなので、
「同類項」のにおいがするのかもしれれません
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

スゲの仲間はかなり種類が多いので、
最近写したものの中から5種ピックアップしますね☆


エナシヒゴクサ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※湿った野原に生えるスゲ類です☆
地味なスゲですが、
そんなに数の多いものではないので、
見つけると嬉しい気持ちになれます
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪


カサスゲ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※水辺で群生している姿をよく見かけます☆
葉っぱがかたい上に、地下茎を張り巡らせて
根張りががっしりとしているため、
頑丈な植物という印象があります。
昔はこれで菅笠を編んだとか…。


ヤワラスゲ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※湿地のスゲです☆
カサスゲのように群生を
つくるものではありませんが、
数は多く、初夏の湿地でよく見かけます。


ヤガミスゲ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※川べりなどの水湿地に生えるスゲです☆
金平糖のような小穂がいくつもつくのが特徴です。


ゴウソ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


※恥ずかしながら、わぴちゃん、
つい最近まで濁点の位置を
間違えて覚えていて、
「コウゾ」だと思い込んでいました。
カタカナ語が苦手なわぴちゃんです
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (4)

トンボも少しずつ(*v_v)o

わぴちゃんフィールドでは、
5/8にシオカラトンボの
初見を確認してから、
少しずつ、トンボさんの姿も
見かけるようになってきました。

今日撮影したトンボさん3種を
紹介しますね~(*v_v)o


シオヤトンボ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※春から初夏にかけて姿をあらわす、
シオカラトンボに似たトンボさんです。


シオカラトンボ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※言わずと知れたシオカラトンボ。
これから秋口までもっとも普通に見られる
トンボさんのひとつです。


ヤマサナエ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※サナエトンボ科のトンボさんです。
サナエトンボの仲間では、
わりと遭遇頻度が高い種類です。

| | コメント (2)

どしーん。

2日ほど前、仕事をしようと椅子に座った瞬間…。

バキバキ... ドシーーン!

オフィスチェアが真っ二つに折れ、
わぴちゃんは派手にひっくり返ったのでした。

折れた部分を見ると、経年劣化でボロボロでした。

今、パイプ椅子を仮に代用しています。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

皆さんも、椅子の経年劣化には
気をつけてくださいね(^-^;)

ということで(?)、
この2-3日で撮影したハムシの仲間を
載せておきたいと思います☆


キベリクビボソハムシ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※模様がかなり特徴的なハムシです。
ヤマノイモの仲間を食草にしています。


イタドリハムシ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※イタドリの葉につく
黒とオレンジの模様が印象的なハムシです。


クロボシツツハムシ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

細長いテントウムシのようなハムシです。
胸の部分の模様が埴輪の顔のように見えます
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


チャバネツヤハムシ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※ガガイモやヘクソカズラの
葉につくハムシです。


オオアカマルノミハムシ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

※ボタンヅルやセンニンソウを
ホストとする丸っこいハムシくんです。
光沢のある朱色で、触覚や脚は黒色です。

| | コメント (7)

ジャコウアゲハとか(*v_v)o

今日は晴れました。

ただ、北寄りの風が強めで、
空気が少しひんやりとした感じでした。

ここ何日かで撮影したチョウを
3種ほど載せますね(*v_v)o

ナミアゲハ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※ヒレアザミの花で
吸蜜していました(*v_v)o


ジャコウアゲハ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※ウマノスズクサを食草にして育ち、
体内に植物毒を蓄積させて、
鳥から身を守っています。


コミスジ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※林縁をスイーッスイーッと飛ぶチョウです。
コミスジ、ミスジチョウ、オオミスジ等、
この仲間には似た種類がいくつかありますが、
もっともよく見られるのがこの子です。

| | コメント (0)

5月10日の降ひょう

今日(5/10)は、上空の寒気の影響で
大気の状態が不安定となり、
午後から雷雨となりました。

皆さんところは
被害とか大丈夫でしょうか?(*v_v)o

わぴちゃんとこでは、
13時半頃から急に空が真っ暗になり、
突風とともに、ものすごい音を立てて
大きなひょうが降ってきました(^-^;)

天気が落ち着いた後、
地面に多数転がっている雹を
回収して写真を撮りました。

05101
(※写真はクリックで拡大)

05102
(※写真はクリックで拡大)

直径は約2cm…といったところでしょうか。
ひょうの形成過程でできる縞模様が
はっきりと分かりますね。

| | コメント (0)

コガネムシ3種☆

今日は、ここ最近撮影した
コガネムシの仲間を
3種紹介しますね(*v_v)o


クロコガネ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※名前のとおり黒っぽく
光沢のあるコガネムシです。
成虫は広葉樹の葉を食べます☆


コアオハナムグリ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※お花が大好きなコガネムシ科の甲虫です☆
花の中に顔をうずめて蜜や花粉を食べています。


ヒラタアオコガネ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※青緑色の美しいコガネムシです。
全体的に毛深く翅には縦すじが何本もあります。
人為的な要因で分布を拡大しつつある種です。

| | コメント (0)

シロヘリカメムシなど

今日は、午後、すこし散策しました☆

たくさんの昆虫が出ていて、
だいぶ賑やかでしたよ~(*´▽`*)

今日撮影したカメムシの仲間を
ピックアップして紹介しますね(*v_v)o

シロヘリカメムシ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※タイトルにこの名前を出したのは、
わぴちゃんにとって
初見のカメムシさんだったからです☆
ササ類につきます。


オオメカメムシ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

※名前のとおり、
目がやたら大きく見えるカメムシさんです。
雑食カメムシで、小さな虫を捕食したり、
植物の汁を吸うようですね。
写真ではハルジオンの花粉を食べてました。


オオホシカメムシ
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

※人面カメムシだー!!
…なんて声が聞こえてきそうな模様ですね(*´▽`*)
アカメガシワの花が大好きなカメムシさんです。


ホシハラビロヘリカメムシ
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)

※長くて舌を噛みそうな名前ですが、
フィールドでは普通に見かける
カメムシのひとつです。


ホソハリカメムシ
Photo_8
(※写真はクリックで拡大)

※カメムシの仲間は
「ホソ」「ハリ」「ヘリ」とかつくものが多くて、
覚えるのに苦労します
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (5)

イヌガラシの仲間3種(*v_v)o

ブログをご無沙汰してしまい
申し訳ございませんでしたm(_”_)m

月曜の明け方に老齢の飼い犬が亡くなり、
かなりドタバタしていました。

やっと落ち着いたので、
イヌガラシの仲間3種を
載せておきますね(*v_v)o


イヌガラシ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※少し湿った場所にごく普通に生えます。
日当たりのよい野原に群生すると、
黄色いお花畑のようになって
なかなかキレイです(*´▽`*)


スカシタゴボウ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※湿地や水田の周りに生えます☆
イヌガラシに比べると
全体的になんかぐちゃぐちゃな感じがします。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


コイヌガラシ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※河川敷や氾濫原に生えます。
花は葉わきにひとつずつつきます(*v_v)o

| | コメント (2)

季節は全速力で進行中

今日(5/5)は、
二十四節気のひとつ「立夏」です。

つまり、もう暦の上では夏です。

今年は、春の出足が遅かった分、
ここに来て駆け足…いや、
全速力で季節が進んでいます(^-^;)

あまりに早すぎて、
わぴちゃん、追いつけてません…。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

季節に取り残されないよう、
少しでも時間をつくって
野山に出るようにしています。

今日は、その中から、
ここ数日撮影した
チョウを紹介しますね(*v_v)o

アカタテハ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※すっかり大きくなったフキの葉の上で
翅を広げていました。


ナミアゲハ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※翅を広げて止まった時、
中心付近が網目模様となっています。


キアゲハ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※翅を広げて止まった時、
中心付近は黒く塗りつぶされたような
模様になっています。


ツマキチョウ
_
(※写真はクリックで拡大)

※写真はメスです。
メスは翅を広げると全体的に白っぽいです。
そういえば、わぴちゃん、
ツマキチョウはオスばかりの写真で、
メスとちゃんと分かる写真を
ゲットできたのは
これが初めてです(≧▼≦)ノ

| | コメント (3)

カキナ(かき菜)

カキナ(かき菜)は、
北関東を中心に古くから栽培されてきた
アブラナ科の野菜のひとつです☆

分類学上は、
アブラナ(いわゆる在来ナタネ)の
栽培種と考えられています。

春先にのびてきた茎を手で
掻きとるように収穫することから
「搔き菜」と呼ばれます。

わぴちゃん、昨秋に苗を購入して育ててみました。

これが若苗です(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)

そして、早春にとう立ちしてきた様子(*v_v)o

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


開花するとこんな感じになります(*v_v)o

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


花はいわゆる「菜の花」で、
黄色い4弁花を咲かせます。

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (2)

ハンノキハムシ(Agelastica coerulea)

ハンノキハムシは、名前のとおり、
主にハンノキの葉を食べる
ハムシの仲間です(*v_v)o

_2
(※写真はクリックで拡大)

_3
(※写真はクリックで拡大)

写真の子も、ハンノキの葉を
むしゃむしゃと食らっていました。

青黒く光って、なんか宝石のような
美しさがありますねぇ(*´▽`*)

| | コメント (2)

元気がないのだ(^-^;)

今日は体調が悪くて、
起きているのがやっとでした(>ω<。)

庭に来ていた
ホソミオツネントンボの写真を
載せておきますね(*v_v)o

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (4)

交尾中のカメムシ3種(^-^;)

ここ最近見つけたカメムシを
3種載せたいと思います(*v_v)o

やっぱり、わぴちゃんは、
こういう人があまり見向きも
しないようなものが大好きなのです。
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪


ナガメ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

オレンジと黒の模様が美しいカメムシです☆
アブラナ科の植物によくついてます。

なんか、模様が面長な人の顔のように
見えるのはわぴちゃんだけかな?
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


ムラサキシラホシカメムシ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※2つの白い斑紋がトレードマークの
小さなカメムシさんです。


ヒメナガカメムシ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※翅がうすくて透明なので、
パッと見、小さなヒラタアブの
ようにも見えますが、
これでもれっきとしたカメムシです。

この時期、ハルジオンの花のところで
よく見かけます(*v_v)o

| | コメント (3)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »