« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

草地に咲く花☆

日当たりのよい草地に
咲いていた野の花を
3種ピックアップして紹介しますね☆

ミヤコグサ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※日当たりのよい草地に生える
マメ科の多年草です☆
京都に多かったことから
「都草」となったとされています。


ウツボグサ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※シソ科の多年草で、
チガヤが生えるような
乾燥した草地を好みます。
この花色、好きだなぁ…(*´▽`*)


コマツナギ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


※日当たりのよい野原に生える
マメ科の小低木です☆

名前の「コマ」は馬のことで、
馬をつないでも大丈夫なほど
強靭な茎をもっている
…というのが由来です。

| | コメント (4)

☆水辺の野草たち☆

気づいたら、昆虫や小動物の記事が
続いていたので、
今日は野草を紹介しますね~(*´▽`*)

もう6月も下旬ということもあって、
夏の花がだいぶ見られるように
なってきましたよ~(*^▽^*)o

ママコノシリヌグイ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※ピンクの可愛らしい花を咲かせます☆
茎にトゲがあって、さわると痛いのですが、
それのせいで「継子の尻拭い」と言う
とんでもない名前が与えられてしまった
曰くつきのお花です(/||| ̄▽)/
別名「トゲソバ」です。


ミズハコベ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※アワゴケ科の1年草で水辺に生えます。
水位に応じて葉の形や草丈を変幻自在に変えて、
環境の変化に適応するすごい草です☆
水の中に生えたものと、土の上に生えたものでは
まるで別種のように見えるほどです。
写真の個体はこう見えて花の最盛期~果実期にあります。
とても目立たない小さな花です。


アゼムシロ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※キキョウ科の多年草で、
あぜ道にむしろを敷いたように
広がることから「あぜむしろ」。
また溝を隠すように広がることから
ミゾカクシとも呼ばれます☆


コウキヤガラ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※カヤツリグサ科の多年草で
湿地や水田に生えます☆
ときに大群生することがあります。

| | コメント (0)

ホウネンエビ見っけ☆

昨日のあぜ道散策で、
ホウネンエビを見つけました(*^▽^*)o

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


ホウネンエビは、
ホウネンエビ科の甲殻類で、
田植え後、6月頃中心に見られます。

しかし、寿命が短く、
観察できる期間はきわめて短いです。

ホウネンエビは漢字で書くと「豊年海老」です。

これが大量発生した年は稲が豊作になると
言い伝えられていることからその名前があります。

| | コメント (6)

ヒメイトアメンボなど

今日は、昨日までのハードスケジュールによる
疲れを癒すためにのんびりと過ごしました。

午前中は全身の筋肉痛と疲労感で
くたばってましたが、
午後からは、リハビリを兼ねて
田んぼのまわりとかをまわって
水辺の生き物を観察しましたよー(*v_v)o

そしたら、夕方には筋肉痛も良くなり、
身体の疲れはほぼ解消しました☆
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

ひさしぶりにたくさん写真を
撮ることができました( ̄ー ̄)v ブイ!

そのなかから、
カメムシ目の水生昆虫を
3種載せますね(*v_v)o


◆ヒメイトアメンボ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※イトアメンボ科の昆虫で、
水面を普通に歩いて移動します。
なかなかユニークな体形ですね(≧▽≦)ノ


◆コミズムシ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※水田にたくさんいる普通種で、
別名はフウセンムシ。
マツモムシが腹を上にして泳ぐのに対し、
コミズムシは腹を下にして泳ぎます(*v_v)o
しかし、ミズムシだなんて…(なぞ)

◆ヒメアメンボ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※アメンボの仲間で
水田や水たまりにごく普通に生息しています☆
同じく普通に見られるナミアメンボに比べると小型で、
腹の先端の形や触角第1節の長さが異なります。

| | コメント (3)

近況報告(*v_v)o

またまたブログをご無沙汰してしまい、
申し訳ございませんでした

わぴちゃんはちゃんと生きてます☆
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

23日(土)・24日(日)・25日(月)と、
3日連続で講座の講師として
ずっと外出していました(*v_v)o

また、23日(土)は午後から
日本気象予報士会の総会及び懇親会にも
出席させていただきました。

この間、お世話になった方々には、
心よりお礼を申し上げます(*v_v)o

23日(土)と25日(月)は、
鉄道で移動しましたが、
朝早かったため通勤ラッシュと
ぶつかってしまいました(^-^;)

しかし、通勤ラッシュはすごいですね(/||| ̄▽)/
毎日これに耐えて出社されている方々には
ほんと頭が下がる思いでした。

乗り換え駅で人の流れに
もまれながら歩いていると、
過換気症候群みたいになって、
頭がくらくらして意識がふわぁーっと
遠のくような感じでしたよー(>ω<。)

…しかも、わぴちゃんは、
人混みに慣れてないので、
人の流れに翻弄されてよろよろと蛇行したり
流れを乱してしまっていたかもしれません...(^-^;)
ゴメンナサイ...(^-^;)

明日からは、束の間ではありますが、
まったりとできそうです(*´▽`*)

Photo
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (0)

ノシメトンボ初見☆

今朝(6/21)
ノシメトンボの初見を確認しました☆

1


2

ノシメトンボは、道ばたや庭先など、
身近な場所にいるトンボちゃんのひとつで、
個体数もかなり多いです。

そのため、ノシメトンボが飛びはじめると、
トンボとの遭遇率が格段にアップします。

また、他の種類のトンボちゃんの数も
急に増えはじめるので、
いよいよ本格的なトンボシーズンへと
突入することになります。

わぴちゃんちでも、
ノシメトンボ初見をきっかけに
玄関や庭先に何匹もトンボが
常駐しているような状態になります(*^▽^*)o

ただ、毎年のことなのですが、
ノシメトンボ初見を確認すると、
「あぁ、今年もここまで季節が進んだかぁ…」と、
1年の早さを痛感させられるというか、
なんともいえない感慨深い気持ちになります。

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (3)

レンズ雲の積み重ね

昨日(6/19)は、台風4号によって
各地で大荒れの天気となりました。

わぴちゃんところも、夕方から夜にかけては、
外を歩けないくらいの暴風雨となりました。

空はごーっという雄叫びをあげ、
木々は激しく揺さぶられ、
電線はヒューヒューと不気味に鳴っていました。

幸い、わぴちゃんのまわりでは
大きな被害はありませんでしたが、
一夜明け、台風一過の晴天の中、
車で走っていると折れた小枝が目立ち、
あちこちで倒木も発生していました。

皆さんところは大丈夫でしたか?(*v_v)o

今日は、台風が通過した直後ということもあって、
変わった雲が出ていましたので紹介しますね。

0620__2
(※写真はクリックで拡大)

0620__3
(※写真はクリックで拡大)

0620__4
(※写真はクリックで拡大)

0620__5
(※写真はクリックで拡大)


いくつものレンズ雲が上へ上へと
積み重ねられたような状態になっています。

上空の風が山岳の影響をうけた結果できたもので、
一般につるし雲と呼ばれています。

ちなみに、海外では
ピル・ダシェット(Une pile d'assiettes')
と呼ばれています。
これはフランス語で「皿の積み重ね」という意味です。

実は、3枚目の写真をよく見ると、
つるし雲のところに、もうひとつ、レアな雲が写りこんでいます。
それはケルビン-ヘルムホルツ波による浪雲です。

補正をかけてトリミング拡大・
コントラスト強調したものを載せておきますね
0620_kh
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (4)

高積雲の半透明雲(Ac tr)

今日は、神奈川県綾瀬市で、
教養セミナー講座の講師として
お呼ばれしていたので、
朝から出かけていました(*v_v)o

講座に参加してくださった皆さん、
それから、ごていねいに
おもてなししてくださった
担当スタッフの方々には、
心よりお礼申し上げます。

この講座は今回も含め
4回の連続講座となっているので、
引き続きよろしくお願いいたします
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

それでね。
せっかく遠征したので講座が終わった後、
現地の自然を探索してきました☆

今回は、その中から…植物や昆虫
言いたいところなのですが、
ここのところ、このブログで
大幅に不足している要素を
見つけてしまったので、
それにしたいと思います。

その要素とは「雲」です(^-^;)

朝のうちは、層積雲とか高層雲とか
灰色の低い雲が多くて、
「うーーーん」という感じだったのですが、
午後からは晴れ間が出て、
青空と白い雲のコントラストが美しかったです(*´▽`*)

雲の種類は
高積雲の半透明雲(Ac tr)です☆

0618__
(※写真はクリックで拡大)

0618_2_
(※写真はクリックで拡大)

0618_3_
(※写真はクリックで拡大)


すごく薄っぺらくて、
青空が透けて見えるような感じで
なかなか味のある雲ですよね~(*´▽`*)

| | コメント (3)

わぴちゃんは生きてるよ☆

ちょっとブログを留守にしてしまい、
申し訳ございませんでしたm(_”_)m

わぴちゃんはちゃんと生きてますよ~(^-^;)

腰のほうは、まだ本調子ではないものの、
もうふだん通りに動けています☆

今日は、プリンタ複合機を買い替え、
A3まで対応の業務用機種を導入しました
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

それに伴い仕事場の配置替えをしました。

まず、買ってきた
プリンタ複合機(重さ約20kg)を
1人で抱えて運び…、

さらに、わぴちゃんの体重くらいありそうな
書棚や作業机などを1人で抱えて何個も動かしました。

…って、
「ぎっくり腰やってから
まだ1週間も経ってないのに何してるんじゃい!」
…とか怒られそう(笑)

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

Photo

| | コメント (9)

ホオズキカメムシなど

おかげさまで腰の痛みは軽くなり、
コルセットをつけていれば
普通に起きて作業できるほどになりました(*v_v)o

ただ、まだ本調子じゃなくて、
時々痛みが走りますけどね(^-^;)

今日は、ぎっくり腰になる前に撮影した
カメムシの仲間を4種類紹介しますね☆

…復活したと思ったら
いきなりカメムシなのが
わぴちゃんのブログです

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

ホオズキカメムシ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※ナスやトマト、ピーマンなど
ナス科野菜につくカメムシです。
なんて言ったらいいんだろう、この姿。
無機質でメカニックな感じ…!?


エサキモンキツノカメムシ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※雑木林の周りでよく見かける
ツノカメムシ科のカメムシさんです。
胸のところに白いハートマークが
あるのが特徴です(*´▽`*)


キバラヘリカメムシ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※マユミやツルウメモドキなどの
木のところで見かける
ヘリカメムシ科のカメムシさんです。
なんか脚の模様が、黒いハイソックスを
履いているように見えますね
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


トゲシラホシカメムシ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

イネ科植物を好む小さなカメムシさんです。
白いちょんちょん模様が、
怒っている人の目のように見えますね~。

| | コメント (9)

急性腰痛症、その後(*v_v)o

昨日のわぴちゃんの記事に、
温かいコメントたくさん
ありがとうございました(*v_v)o

ぎっくり腰ですが、
今回のはとにかく強烈でした(>ω<。)

食事の買い出しで
やむを得ず外に出ることがありましたが、
あまりの激痛で途中何度も
気持ちが折れそうになりましたよー(>ω<。)

あとは、ずーーーーーーっと
寝てました(^-^;)
寝返りとかでわずかに動いたときに
襲ってくる激痛と闘いながら…。

なんか、熱もないのに
朝っぱらから何もしないでただ寝ていると
妙な罪悪感にさいなまれるわぴちゃんです

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

ただ、おかげさまで、
夕方から、痛みが少し和らぎ、
コルセットをつけていれば、
起きてられるようになりました☆

明日は通常通りのお仕事モードに
戻れるといいな…(*v_v)o

| | コメント (9)

∑( ̄∇ ̄;)ヴッ!

今日、お昼ごろ、
ふと立ちあがった瞬間…。

∑( ̄∇ ̄;)ヴッ!

腰に激痛が走り、その場に
うずくまってしまいました(>_<。)

その後も、何かにつかまりながら
やっとこさ歩ける状態です(>_<。)

あーあ。やっちゃった…。
ぎっくり腰( ┰_┰) シクシク

寂しい病もまだ回復していないのに、
次から次へと困ったもんです(・_・、)

…ということで、こんなわぴちゃんを、
気が向いたらでいいので
慰めてやってくださいませ(^-^;)

| | コメント (7)

☆ハナムグリ3種☆

今日はハナムグリの仲間を
3種紹介しますね☆

「むぐり」には「もぐる」という意味があります。
「花むぐり」は、花の中に顔を突っ込んで
花粉を食べる様子から名前が来ています☆

ちなみに、「むぐる」と一文字違いの
「むぐす」という言葉の意味は…。

キャーーーーー(*ノωノ)


クロハナムグリ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※ハルジオンの花とかに
来ているのをたまに見かける
黒っぽいハナムグリです。
黒いボディーに
1対の白い斑紋がオシャレです(*´▽`*)


ヒラタハナムグリ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※これは5月末に撮影したものですが、
ユズの花の中にむぐってました。
身体が四角くて平べったいのが特徴です。


シロテンハナムグリ
_2
(※写真はクリックで拡大)

※どちらかというと樹液に来る虫と言う
イメージが強いですが花にもよく来ています☆
カナブンとともに、樹液に来る
甲虫の中では雑魚キャラ扱いですが、
わぴちゃんは大好きだよ~(*´▽`*)

| | コメント (0)

初夏の水辺で咲くお花☆

本日(6/9)、
とうとう関東甲信地方も
梅雨入りしましたね。

天気がジメジメしていると、
気持ちまでジメジメしがちですが、
少しでも明るく、
楽しくしていきたいですね(*v_v)o

今日はね、水辺を歩いて撮影した
初夏の草花を4種ほど
ピックアップして載せたいと思います(*v_v)o


カワヂシャ

Photo
(※写真はクリックで拡大)

※河川敷や湿地、
田んぼの畔に生える越年草です。
6月に入るとそろそろ花期も終盤かな?


ミゾコウジュ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※河川敷や湿地に生えるシソ科の越年草です☆
葉っぱがボコボコとした感じに
見えるのが特徴です☆
さわやかな青い花、わぴちゃんか好きだなぁ(*´▽`*)


ホソバイラクサ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※河川敷のヨシ原やヤナギ河畔林に
群生するイラクサ科の多年草です。
ちょぼちょぼと出ている
茶色っぽい穂のようなものがお花です。


ウキヤガラ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※カヤツリグサ科の水生植物です。
湿地やあぜ道でよく見かけます。

| | コメント (4)

コクワガタ初見☆

昨夜、出先から帰るついでに、
夜の雑木林をちょこっとだけ
覗いてみました(*v_v)o

今年も樹液レストラン☆夜の部が
はじまっている模様で、
コクワガタをはじめ、
さまざまな甲虫類が出はじめていました。

また、樹液は食べないものの、
朽木や樹皮の周辺で活動する
昆虫たちのすがたもありました☆

その中から甲虫類4種を載せますね(*v_v)o

コクワガタ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※クワガタムシの仲間では
もっとも普通に見られる種です☆


ヨツボシオオキスイ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※黒く平べったい身体に、
黄色の小さな丸い点が4つある甲虫です☆
樹液大好きな子です。


ヨツボシケシキスイ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※ケシキスイ科の甲虫で、
樹液のまわりでごく普通に見られる子です。


キマワリ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※樹木の幹や朽木のところを
カサカサっとすばやく歩き回る
ゴミムシダマシ科の甲虫です。

| | コメント (3)

ジャノメチョウ3種類

わぴちゃんの寂しい気持ちを
つらつら書いた記事だけでは、
せっかく見に来てくださった方に申し訳ないので、
ここ最近撮影したジャノメチョウの仲間を
3種ほど載せておきますね☆


ヒメウラナミジャノメ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※ここに載せた3種の中では
一番よく見かける普通種です。
翅を閉じてとまったときに、
なみなみ模様があるのが特徴です。
また、飛びかたにもかなり癖があるので、
慣れると飛んでいても分かります。


ヒメジャノメ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※比較的明るい草地や
雑木林周辺でよく見かけます。
翅を閉じていることが多いですが、
時々、大胆に翅を
おっびろげていることもあります。


コジャノメ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※うす暗いジメジメとした
山林周辺で見かける子です。
ヒメジャノメに比べると
翅の色が暗めの傾向があります。

| | コメント (8)

寂しい病、その後。

わぴちゃん、「寂しい病」が
ひどくてしんどいよぅ…と、
先日、ついついブログに
こぼしてしまい申し訳ございませんでした。

あんな愚痴日記に
やさしいコメントつけてくださった皆さん
ありがとうございます(*v_v)o

ただ、残念ながら、現実世界は厳しくて、
その後も状況は変わらず...(>ω<。)

半月で5kgの減量に成功しました。


あ…。

もしかしたら、わぴちゃんの場合、
肥満対策になるから、
「寂しい病」を治さない方が、
いいの…か…な…? (*´・ω・)

| | コメント (6)

コエンドロ(Coriandrum sativum)

コエンドロ(Coriandrum sativum)は、
ヨーロッパ原産のセリ科の1年草で、
ハーブとして広く栽培されています。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

コエンドロは正式な和名ですが、
どちらかというと、
コリアンダーパクチー
言った方が通りが良いのかな?

花の形が独特で、花序の外側の花弁だけ
やたら大きくなる傾向があります。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

そして、花後にはまぁるい
光沢のある果実ができます☆

_
(※写真はクリックで拡大)

ところで、じつはわぴちゃん、
恥ずかしながら、この草の香りを
嗅ぐ勇気がないのです。

いろいろな図鑑を読んでいると、
やれ「カメムシの臭い」だの
やれ「ナンキンムシを潰したような」だのって
どの本もすごい例えっぷりなんだもん(/||| ̄▽)/

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (4)

ムシクサのゾウムシさん、再び。

昨年、わぴちゃんがTBSの深夜番組の
ゴロウ・デラックスに
出演させていただいた際に登場したムシクサ。

ムシクサは、ゴマノハグサ科の1年草です。
大きく丸い虫こぶができて、
その中で、小さなゾウムシさんが育つことから、
文字通りの「ムシクサ」の名が与えられています。

そのムシクサの虫こぶが、
今年もいい感じに成熟してきました(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)

小さな穴が開いているのは、
成虫になったゾウムシさんが
外へと飛び出した後です。

そして、この子が、ムシクサの中で
育ったゾウムシさんです☆
_1
(※写真はクリックで拡大)

_2
(※写真はクリックで拡大)

そういえば、前に、
ムシクサの虫こぶの中にいる
ゾウムシさんを撮影したのが
2009年6月3日でした。

※2010年と2011年に撮影しなかったのは
単なるわぴちゃんの怠慢です
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

その間に、カメラを何台か使いつぶして、
少しずつ新しい機種へと
アップグレードしてきましたが、
このゾウムシを撮影していて、
カメラの性能がかなり向上しているのを
実感できました。

当時、このゾウムシを1匹撮影するのに、
汗だくになって1時間近くかけて、
何十枚と写して、その中からかろうじて
使えそうなのが数枚あった程度でした。

今回は一発で、しかも、
高画質で写すことができました(*v_v)o

| | コメント (4)

少し気持ちをこぼします。

わぴちゃん、昔から寂しがり屋さんで、
ちょくちょく「寂しい病」を起こしています。
このブログにも、ちょくちょく
寂しい気持ちをつづっているので、
もう皆さんもお気づきと思いますが…(^-^;)
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

じつは、また5月中ごろから
「寂しい病」を発症しています。
しかも、今回は最強クラスだったりします(>ω<。)

ここ1ヶ月は、いろいろなものを失ったり、
心に深い傷を負うような出来事があったりして、
でも、プライベートでは、
人と顔を合わせて話をする機会がなくて、
全部溜め込んでしまっていたので、
そのせいかもしれませんけどね(^-^;)

そうは言っても、老後のことを考えると、
この程度の孤独は、
耐え抜けるくらいの精神力を
身につけておかないとダメなんでしょうけどね。

これからは、ブログにネガティブなこと
書かなくても大丈夫になるよう、
頑張って心を鍛えますね(*v_v)o


Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (9)

ヤバネオオムギ(Hordeum distichon)

5日くらい前、所用で栃木県内を走行中、
農道沿いにすごく芒が長くて
ふわふわした感じの
麦のようなものがたくさん
作付してあるのに気づきました。

気になって気になって、
最寄りの公園をさがし駐車場に車をとめ、
作物の正体を観察し、撮影しました。

_2
(※写真はクリックで拡大)

_1
(※写真はクリックで拡大)

そして、穂の様子がこれです。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

_2_2
(※写真はクリックで拡大)

小穂から出ている芒がすごく長いです。
しかし、芒の上端は、まるではさみで
切ったかのように揃っています。

これは、イネ科オオムギ属の
ヤバネオオムギ(Hordeum distichon)と判明しました。

二条大麦(ニジョウオオムギ)とも
呼ばれるもので、ビールの原料として
栽培されているようです。

後で、農林水産省のホームページで調べたら、
栃木県は、全国有数の二条大麦の産地のようですね(^-^;)
知らなかった…(^-^;)

| | コメント (4)

☆シロツメクサの仲間5種☆

今、ちょうど野山では、
シロツメクサの仲間の多くが
花盛りを迎えています☆

今日、お昼ごろ、
買い出しに出たついでに
道ばたで撮影したものを
5種類紹介しますね☆

ちなみに、シロツメクサの仲間とは、
正確には、マメ科シャジクソウ属に
分類される植物という意味です☆


シロツメクサ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

※クローバーの名前で有名な
ヨーロッパ原産の多年草です。
4つ葉の出やすい系統や、
葉の模様が個性的なものが選抜されて
園芸用に栽培されています。
また、手のひらくらいの大きさの葉をつける
改良品種のオオシロツメクサ
牧草や緑化用に利用されています。


ムラサキツメクサ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※別名アカツメクサ。
荒れ地などに群生している
ヨーロッパ原産の多年草です。
葉の模様や花色の濃淡には個体差があります。
花が白色のものをセッカツメクサと呼びます。


タチオランダゲンゲ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※別名アルサイク・クローバー。
ヨーロッパ原産の多年草で、
ムラサキツメクサやシロツメクサとともに
荒れ地に生えますが、数は少なく稀な植物です。


コメツブツメクサ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※ヨーロッパ原産の1年草で、
背が低く、クッションのように広がります。
日当たりのよい芝地に
群生しているすがたをよく見かけます。
名前は小さな花の集まりを米粒に見立てたものです。


クスダマツメクサ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※別名ホップツメクサ。
ヨーロッパ原産の1年草で、
造成地などに生えますが数は少ないです。
コメツブツメクサに似ますが、
1つの花序(花の集まり)につく花の数が多く、
花後はまるでホップのような
カサカサした姿になります。

| | コメント (6)

わぴちゃんを襲った大惨事…

昨日の午前中、
外出先での出来事です。。。

どうも、無意識のうちに
ペットボトル飲料のふたの締め方が甘いまま、
カバンの中に入れてしまったようです。

もちろんカバンの中は
大洪水...(/||| ̄▽)/

中がびしょびしょになったのを
乾かすのに半日以上…。

不幸中の幸いだったのが、
スポーツドリンク系じゃなくて、
お茶系だったことでしょうか…(^-^;)

そして、2週間前に買ったばかりの
望遠レンズ1本(約5万円)が、
水没によりお亡くなりになりました(*-人-)

※望遠レンズはないと仕事にさわるので、
昨夜通販で取り寄せ、
今日はもう手元に届いています。

もちろん、出費も痛かったのですが、
こんな初歩的な「大ポカ」を
やらかしたのは生まれて初めてで、
かなりの自己嫌悪に陥っている
わぴちゃんです(´・ω・`)

誰か、わぴちゃんのこと、
なぐさめてけれ...(>ω<。)

| | コメント (5)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »