« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

アツバキミガヨランの果実

今日は所用で都内に出かけていました。

出先で、アツバキミガヨランの
実がなっているのを見つけました(≧▽≦)ノ

アツバキミガヨランの果実を見たのは
生まれて初めてです(≧▽≦)ノ

今日は、3週間以上ぶりに列車に乗ったこともあって
疲れてぼーっとしていたのですが、
「あ!」と声が出て、瞬時に目が冴えました(笑)

Photo
(※写真はクリックで拡大)

アツバキミガヨラン(Yucca gloriosa)
リュウゼツラン科の落葉低木です。

暖地性の植物ですがわりと寒さに強いので、
庭先や公園で栽培されています。

わぴちゃんところでも、
あちこちで植栽されていて花はよく見かけるのですが、
果実がなっているのは見たことありませんでした。

やっぱり、東京は暖かいんだなぁ…。

以下に、わぴちゃんちの近くで
6月に撮影したアツバキミガヨランの花を
載せておきますね★

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (0)

青っぽい色の木の実たち☆

今日は、原稿書きやら雑務やら、
1日じゅうデスクワークを頑張りました☆

外は北西の風が吹き、
何となく冬の気配を感じる1日でしたね。

明日の朝は少し冷えるかな。
風邪引かないように皆さんも気をつけてくださいネ。

今日は、木の実のうち、青っぽい色のものを
ピックアップして載せますね☆

クサギ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※クマツヅラ科の落葉低木です。
葉っぱに強い臭いがあるので
臭い木(くさいき)→臭木(くさぎ)です。
瑠璃色の果実と赤紫色のがくの
コントラストがとても美しいです★


サワフタギ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※ハイノキ科の落葉低木。
きれいな青い果実です(*´▽`*)
でも、ルリミノウシコロシという
なんとも物騒な別名を持ってます。


ムクノキ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※ニレ科の樹木で果実は食べられます。
あんぽ柿を何倍も濃縮したような味で、
わぴちゃんはちょっと苦手な味ですけどね(^-^;)

| | コメント (2)

トラマルハナバチ

今日は、雨がしとしとと降り続き、
日中の気温も15℃以下と寒かったです(>ω<。)

こういう天気の日は、
身も心も冷え切って寂しさも倍増です(´・ω・`)

今朝ね、近所の道路わきに
トラマルハナバチが落ちていました。

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

もしかしたらもうお亡くなりになったかな?
…と思いながらも近づいて見てみると生きてました。

トラマルハナバチさんも寒くて
動きが鈍っていたようです。

そっと指を差し出して
指乗せさせてみました(*´▽`*)
か、かわゆい…(*´▽`*)
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


↑わぴちゃんのおてて、
カサカサに荒れてますね(>ω<。)

やがて、わぴちゃんの体温で
暖まったようで元気に飛び立ちました(〃∇〃)


トラマルハナバチはハチ目ミツバチ科の昆虫で、
ふかふかもふもふの可愛らしい子です(*´▽`*)

花の蜜や花粉を食べて生活しており、
受粉を手助け役にもなっている
植物にとってとても重要な存在でもあります。

今、うちの庭で咲いているシモバシラの花に、
トラマルハナバチさんの姿をよく見かけますよ~★

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

ちなみに、この子は
きわめて温厚な性格の蜂さんです。
よっぽどのことをしない限り、
向こうから刺してくることはまずありません。

| | コメント (9)

晩秋のチョウ3種☆

10月も終わりに近づき、
野山は次第に冬の装いへと移ろいつつあります。

朝晩はもう寒いくらいですね。
みなさん、元気にしてますか?

昆虫の種類も
だんだん少なくなってきましたが、
まだまだ楽しめます☆★

今日は、晩秋のチョウを3つほど
ピックアップしてみました☆

ウラナミシジミ
_2
(※写真はクリックで拡大)

※西南日本の暖かい地域に生息するチョウで、
夏から秋にかけて日本列島をどんどん北上していきます。
でも、北上したチョウは冬の寒さでやられてしまいます。

翌年、生息地で新たに発生したチョウは、
また懲りずに日本列島を北上していき冬の寒さに…(以下省略)
これを毎年繰り返しています(^-^;)


ムラサキシジミ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※夏の終わりから晩秋にかけて
遭遇頻度が高くなるチョウです。
翅を閉じた状態だととても地味ですが、
広げるとモルフォチョウのような美しい青紫色です☆
成虫のまま越冬します。


ヒメアカタテハ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※春からちらほらと姿を見かけるのですが、
秋になると急に数が増えるチョウです☆
ほぼ世界中に分布しています。

| | コメント (0)

☆秋のイネ科3種☆

今日は、散策で見つけた
秋の野草のなかから、
イネ科を3種類ピックアップしてみました☆

イネ科の植物は地味なので、
他の可憐な花を咲かせる野草に比べると
なかなか脚光を浴びる機会が少ないです。

わぴちゃん、こういうふうに、
地味に頑張っている野草って
大好きなんですよね(*´▽`*)


トダシバ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※日あたりの良い草地に見られる多年草です☆
埼玉県戸田が原付近に多かったことから、
トダシバの和名がついてます。


ササガヤ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※きわめて地味で華奢な感じなので、
うっかり見過ごしてしまいそうな草です。
雑木林のふちなど湿った場所に多く生えています。


アゼガヤ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※名前のとおりあぜ道でよく見かけます☆
穂の出かたが特徴的です(*´▽`*)
また、群生すると、一面赤紫色っぽくなって
なかなか見応えがあります☆

| | コメント (2)

オオミゾソバの地中花と果実

オオミゾソバ(Persicaria thunbergii var. stolonifera)は、
ミゾソバの変種で、
林縁の湿った場所などに群生する1年草です。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

ミゾソバに似ますが、
葉柄に翼があり葉の形も微妙に異なります。
また、葉は濃い緑色をしており、
なんとなく柔らかい感じがします。

そして、地中に長く枝をのばして
土の中で花を咲かせ、
果実をつけるという性質があります。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


ヤブマメやマルバツユクサなんかも同様に
地中で開花し、地中で結実する性質を持っています。

万が一、地上が草刈りにあっても、
株元と根さえ生き残れば
次世代の種子をのこすことができるので、
何とも巧妙な生き残り戦略だと思います(≧▽≦)ノ

…オオミゾソバの地中花・果実の写真は、
いつか撮ろう撮ろうと思って
そのままになってしまっていたもののひとつです。
やっと写すことができました☆★
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

| | コメント (2)

☆バッタ3種☆

昨日は、中学校の理科授業のフィールドワークで
講師として出かけていました☆

中学生たちに「可愛いー♪」と言われて、
ものすごく嬉しかったのは内緒です。
          ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

今日はね。早朝散策で撮影したバッタ類の中から
3種ほどピックアップして載せておきますね(*v_v)o

クルマバッタモドキ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※日あたりの良い野原で
普通に見られるバッタです。
上から見たときに、前胸背(目の後ろあたり)に
白いX型の斑紋があるのが特徴で、
他のバッタとの鑑別ポイントとしても使えます。


イボバッタ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※乾燥した裸地や砂利道などでよく見かける
茶色でいぼいぼのバッタです。
いい感じに周囲と同化してますね(*v_v)o


オンブバッタ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※野原にごく普通にいる
細長いひし形のバッタ君です。
褐色型♀の上に、緑色型♂が乗っかっています☆

| | コメント (4)

☆稲田の後光☆

稲田の後光(heiligenschein)は、
自分の頭の影のまわりが輝いて見える現象です。
草についた朝露が引き起こす光学現象の一種で、
朝早くの水田や草原で見られます☆

昨日の早朝散策では、露虹以外にも、
稲田の後光もきれいに見えました(*´▽`*)

1020
(※写真はクリックで拡大)

1020_2
(※写真はクリックで拡大)

稲田の後光は、注意深く観察すると、
それほど珍しいものではありませんが、
自分の影からオーラが出ているような、
なんとも言えない不思議な感じを体験できます(*´▽`*)

| | コメント (11)

10月20日の露虹☆*・°

今朝、わぴちゃんところは
気温が6℃台まで下がりました。

さすがに、まだまだ
霜の降りる気温ではありませんが、
ほのかに初冬の空気の匂いを感じました(*^▽^*)o

足元の草には
露のしずくがいっぱいついて、
朝陽でキラキラと輝いて
とてもきれいでしたよ~(*´▽`*)

そして、約1年ぶりに露虹(dewbow)
見つけることができましたっ(≧▽≦)ノ

1020_4
(※写真はクリックで拡大)

1020_2
(※写真はクリックで拡大)


昨年見た露虹は弱々しい感じでしたが、
今朝の露虹はわりと力強く
はっきりと見えましたよ~(*v_v)o

| | コメント (0)

10月19日の彩雲☆

やっと世間が
わぴちゃんの脳内に追いついて、
10月19日となりましたね。

なんちゃって♪
(* ̄∇ ̄*)エヘヘ(笑)

…ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

今朝、ひさしぶりに、
いい感じの彩雲(iridescent cloud)
見ることができたので、
その写真を載せますね(*´▽`*)

10191
(※写真はクリックで拡大)

10192
(※写真はクリックで拡大)

10193
(※写真はクリックで拡大)

10194
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (2)

今日は何日?

じつは、ついさっきまで、
脳内カレンダー10/19だったわぴちゃんです。

わぴちゃんのお仕事ノートは、
一件ごとに必ず年月日を付しているのですが、
ふと見たら、昨日からずれていたようです(^-^;)

昨日(10/16)の朝
 →仕事ノートの記録;10/16

昨日(10/16)の午後
 →仕事ノートの記録;10/17

今日(10/17)の午前中
 →仕事ノートの記録;10/18

今日(10/17)の午後
 →わぴちゃんの脳内;10/19

そして、夕方に取引先と電話していたときに
「今日が10/17である」という驚愕の事実を知り、
慌ててわぴちゃんの脳内カレンダーを修正(/||| ̄▽)/

皆さんも、気をつけてくださいね
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

じつは、今日は、
中学校の理科の授業の講師として
午前中出かけていました。

こういう用事はもちろん日時指定なのですが、
脳内カレンダーがずれていても、
うっかり間違える…ということは無いので不思議なもんです。

| | コメント (2)

返り咲きの樹木たち

植物が本来の季節以外の時期に
花を咲かせることを
不時現象とか返り咲きと言います。

秋は、春の気候と感じが似ているため、
しばしば、春の花が返り咲きを
起こしてしまうことがあります。

今日は、返り咲きの
樹木の花を載せますね☆

イヌツゲ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※本来は初夏に花を咲かせ、
秋に黒い実をつけます。
今朝、早朝散策した時に、
果実の写真を撮ろうとイヌツゲに近づいたら、
ちらほらと花をつけていました。


ヒラドツツジ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※ツツジの仲間の本来の花期は
4-5月ごろですが、街中の公園などに
植栽されているものは、夏・秋・冬…と、
だらだらと花をつけていることが多いですね。
これも今朝の早朝散策での撮影です。

ヒメリンゴ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※おなじみのリンゴに似ていますが、
果実は小さくて、味もイマイチです。
これも今朝の早朝散策で花を見つけました。


シキミ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※これは、9月に撮影したものですが、
本来は3-4月頃に花を咲かせる樹木です。
今年はやけにシキミの返り咲きを
見かけるような気がするのですが、
みなさんのところはいかがでしょう?

| | コメント (0)

黄色いキク科のお花☆

わぴちゃんのせき喘息…。
だいぶよくなってきた感じです(*´▽`*)

まだ、ほぼ毎日、夕方から夜にかけて
軽い呼吸困難と咳込みが出るので、
予断は許さないんですけどね(>ω<。)

今日はね。
黄色い花を咲かせるキク科の秋の野草を
3つピックアップしてみました☆

黄色は元気の出る色ですからね~(*´▽`*)


アキノノゲシ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※道ばたや野原など、どこにでも普通に見られます。
他の草から抜きんでて背が高くなり、
薄い黄色のタンポポのような花を多数つけるので、
結構存在感があります(*´▽`*)


ホソバオグルマ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※あぜ道や河川敷の湿った場所に生えます。
ふつうは7-8月ごろに開花しますが、
秋にもう一度花をつけることがあります。


ヤクシソウ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※山林の林道わきや、切り通し、伐採跡地など
わりと日あたりの良い場所に群生します。
小さな黄色いタンポポのような花が
いっせいに咲くとなかなか美しいです。

| | コメント (5)

今さら初撮影の木の実

この10月に入って、木の実関係で
初めて撮影に成功したので載せておきますね。

…と言っても、決してレアなものではなく、
おそらく95%の人は「えっ?」と思うような木の実です。

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

灯台下暗しとはよく言ったもので、
人間なんてこんなもんなんですよね(^-^;)

…あ。わぴちゃんが人間かどうかについての
議論は却下します(笑)


イチョウ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※ギンナンとして知名度の高いイチョウの果実。
実は、こうやってちゃんと枝になっている状態での
写真を撮ったのは今回初だったりします。
なかなか観察しやすい位置に果実がないのと、
イチョウそのものはどこにでもあるので、
また今度でいいか…と先送りを繰り返してしまったのだ(^-^;)


アケビ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※アケビそのものはどこにでも生えていて、
花の写真も毎年飽きるくらい撮影しています。
しかし、不思議なことに、フィールドで、
アケビの果実に遭遇することがないまま
10年以上も経過していました。

なので、食べごろの果実が
枝にぶら下がっている状態の撮影は
今年初めて成功です☆

| | コメント (3)

見事な波状雲☆

夕方、ふと空を見上げたら、
高積雲の波状雲(Ac un)が出ていました☆

1013_1
(※写真はクリックで拡大)

1013_2
(※写真はクリックで拡大)

1013_3
(※写真はクリックで拡大)

この波状雲は、空の半分以上を覆っていて、
なかなか見応えがありましたよ~(*^▽^*)o

波状雲そのものはていねいに観察すると
頻繁に見られるものですが、
こうやって、空の広い範囲を覆って
ダイナミックなすがたになるのは
なかなか珍しいです☆

今日は、上空で西寄りの風が
かなり強めに吹いているので、
それの影響を受けたものと推測されます。

| | コメント (2)

プロフィール写真更新♪

誕生日過ぎたので、
ブログのプロフィール写真を
更新しました(*v_v)o

_2

もっとも、例によって自分撮りなので、
似たような感じの構図ですけどね(笑)

| | コメント (2)

またまたタデネタ

今日は、午前中、小学校で
自然観察会の講師をしてきました☆

1回目・低学年(1-2年)60分、
2回目・中学年(3-4年)60分と
2回分頑張ってきましたよ~(*´▽`*)

体調が心配でしたが、無事、咳も出ずに
わぴちゃん自身も、子どもたちと一緒に
楽しい時間を過ごすことができました(≧▽≦)ノ

そのあと、午後からは
少し時間を取って散策をしました☆

その時に撮影した、タデの仲間を
いくつかピックアップして紹介しますね☆

今、わぴちゃんが大好きなタデの仲間が
見ごろを迎えていて楽しいです(*´▽`*)

イヌタデ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※アカノマンマでおなじみの
ピンクの花を咲かせるタデです。
この季節、あぜ道などが一面、
イヌタデのピンクに染まって美しいです(*´▽`*)


シロバナサクラタデ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※水辺に生えて白い花を咲かせるタデです。
多年草で、地下茎でどんどん広がり、
よく群生して一面に花を咲かせている姿を見かけます。


オオイヌタデ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※「大」がつくとおり、
しばしば背丈以上の高さになります。
写真の花色が典型ですが、
花の濃淡には個体差があります。


ヌカボタデ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※ヌカは米ぬかのことで、
米ぬかのように細かい穂をつける
タデという意味があります。
その名の通り、茎はとても繊細で、その先につく花も、
他のタデ類に比べるとかなり小さめです。

| | コメント (5)

涼しくなってきたので…。

カラスウリの花は真夜中に咲いて、
明け方にはしぼんでしまう…。
典型的な夜の女王様です。

しかし、秋になって気温が下がってくると、
日がのぼっても咲き続け、
午前9時頃までは楽しめるようになります☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

夜間散策は怖いけど、
カラスウリの花を見てみたい!
…という方は、秋の朝を
狙ってみるといいですよ~(*´▽`*)

同様に、夏の夜に咲く
メマツヨイグサオシロイバナなども、
秋になって気温が下がってくると、
午前9時頃まで花が楽しめます。

| | コメント (0)

ひさしぶりにチョウ。

今日は、明け方に咳込んで目覚め、
夕方に突然のどがイガイガして
そのまま咳が止まらなくなり…、
相変わらず一進一退です(>ω<。)

喘息である以上、気長にゆっくりと
養生していくしかないんですけどね(>ω<。)

今日の記事ですが、気づいたら、
チョウの写真をずーーっと載せていませんでしたね。

なので、ここ数日程度のあいだに
散策で撮影したチョウを3種ほど載せますね

モンシロチョウ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※モンシロチョウというと
春のイメージが強いですが、
夏~秋にかけてもよく飛んでいます。


ヤマトシジミ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※日あたりの良い場所で
ごく普通に見られるシジミチョウです☆
幼虫はカタバミを食べて育ちます。


ウラナミシジミ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※秋になると急に数が増えるシジミチョウです☆
可愛らしい姿とは裏腹に、なわばり意識が強いのか、
キタテハとか自分よりもはるかに大きなチョウにも
果敢に立ち向かって追っ払う姿をよく見かけます。

| | コメント (0)

タデの季節ですね(*´▽`*)

0月に入って、野山では、
秋の花が咲き揃ってきましたね☆

秋の花の中でも、タデ類は
わぴちゃんが特に大好きな
分類群のひとつです(*´▽`*)

今日は、タデの仲間を
4種ほどピックアップして載せますね☆


マルバアイ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※藍染めに使うアイタデの園芸品種で、
葉が丸みを帯びてわりかしコンパクトな姿でまとまります。
アイタデ同様、布を藍色に染めることができます。


ネバリタデ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※「粘り」の名の通り、
花穂の直下の茎がべたべたと粘つきます。
葉が毛深くて白っぽいため、
若苗の段階でも見分けがつきます。


ヤナギタデ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

※葉はかじるとピリッとからくて、
かつては薬味のような感覚で利用されていました。
稲刈り後の水田や水路わきの
湿った草むらなど水辺に生えています。


シロバナハナタデ
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

※ハナタデの白花種です。
ハナタデにはヤブタデという別名があり、
その名の通り、蚊にたかられそうな
うす暗い湿った場所を好む傾向があります。
本来はピンクの花を咲かせます。

| | コメント (4)

カタバミの種子☆

今日は、お昼過ぎに
またあの苦しい咳込み発作が…(>ω<。)

あの咳込み発作は、苦しい上に
体力消耗するんですよね(>ω<。)
発作のあとは一気に疲れて、
身体がだるだるになっちゃいます(>ω<。)

まぁ、強い咳は1回で約2kcal消費すると
言われているくらいですからね(^-^;)

あ。でも、幸い発作は一度だけで、
その後2時間くらい
横になっていたら元気になりました
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

今朝はね。
近所を軽く散策した時に、
カタバミの写真を撮りました☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)

それで、果実が自然に弾けて
中から飛び出した種子が見えていたので、
超マクロで撮影しました(*´▽`*)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


霜の結晶を撮影していることもあってか、
こういうのの超マクロ撮影も
慣れてきました~(*^▽^*)o

あと2ヶ月もすれば、
霜と氷の季節が
やってくるので楽しみです
♪((O(〃⌒∇⌒〃)O))♪ドキドキ

| | コメント (4)

オオチャイロナガカメムシなど


今日も、午後から仕事の打ち合わせで
都内に出かけていました(*v_v)o

今日も咳込みは無し!
…と書きたかったのですが、
軽い喘息発作が出ました...(´・ω・`)

不覚にも、どこからともなく漂ってきた
たばこの臭いにやられてしまったのだ…o_ _)oパタ

ということで…(?)
今日は、カメムシを3種ほど載せますね
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

オオチャイロナガカメムシ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※カメムシ目ナガカメムシ科の昆虫で、
土の上を歩いているのをよく見かけます。
光の当たり具合によって色が変化して、
なかなか美しいカメムシです(*´▽`*)

オオモンシロナガカメムシ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※2つの白い斑紋がチャームポイントの
カメムシ目ナガカメムシ科の昆虫です。
うす暗い林の地表面で見かけるほか、
灯火のまわりにもよく来ています。


ルリクチブトカメムシ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※チョウジタデなどアカバナ科につく
瑠璃色のハムシが大好きな肉食カメムシくんです。
蛾の幼虫なんかも食べるようです。

| | コメント (7)

☆水辺の茶色い穂☆

今日は、定期診察と打ち合わせのため、
都内へと出かけていました(*v_v)o

咳込みは無し(≧▽≦)ノ

でも、ひさびさの電車で、
あちこち筋肉痛だけどね
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

今日はね。在庫写真の中から、
湿地で茶色い穂を出していたものを
3種類ピックアップしてみました☆

マツカサススキ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※ススキと名が付きますが、
ススキ(イネ科)とは遠い
カヤツリグサ科の植物です。
湿地の中に生えて、
松毬のような穂をたくさんつけます。


ヌマガヤツリ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※カヤツリグサの仲間です☆
写真の個体はわぴちゃんの背丈よりも
大きかったです…(^-^;)
こういう大型カヤツリグサ類って
なんか好きだなぁ…(*´▽`*)


コガマ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※ガマ科の多年草です。
ガマに似ていますが、やや小型で、
ソーセージ部分は
上から下に向かって細くなるため、
横から見ると少し台形のように見えます。

| | コメント (2)

10月1日のlunar rays

昨夜、低い雲のすき間から、
月明かりが差し込んで、
月光による天使のはしご(lunar rays)
見ることができました☆

10012
(※写真はクリックで拡大)

10013
(※写真はクリックで拡大)

そうそう。
7月に風邪を引いて以来続いていた
喘息と上気道炎のコラボですが、
ここ数日は、すっかり咳込みもなくなり
呼吸もだいぶ楽になりました(≧▽≦)ノ

このまま治ってくれるといいのですが…(>ω<。)

今回は、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、
長期にわたってかなり苦しい思いをしたので、
わぴちゃん、すっかり臆病になってしまってます...(ノ_・。)

今は落ち着いているけど、また出先で
突然あの咳込みが復活したら怖い…って
考えてしまって不安なのだ(^-^;)

なので、慌てないで、少しずつ活動レベルを
もとに戻していこうと思ってます
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

| | コメント (6)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »