« ☆秋のイネ科3種☆ | トップページ | トラマルハナバチ »

晩秋のチョウ3種☆

10月も終わりに近づき、
野山は次第に冬の装いへと移ろいつつあります。

朝晩はもう寒いくらいですね。
みなさん、元気にしてますか?

昆虫の種類も
だんだん少なくなってきましたが、
まだまだ楽しめます☆★

今日は、晩秋のチョウを3つほど
ピックアップしてみました☆

ウラナミシジミ
_2
(※写真はクリックで拡大)

※西南日本の暖かい地域に生息するチョウで、
夏から秋にかけて日本列島をどんどん北上していきます。
でも、北上したチョウは冬の寒さでやられてしまいます。

翌年、生息地で新たに発生したチョウは、
また懲りずに日本列島を北上していき冬の寒さに…(以下省略)
これを毎年繰り返しています(^-^;)


ムラサキシジミ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※夏の終わりから晩秋にかけて
遭遇頻度が高くなるチョウです。
翅を閉じた状態だととても地味ですが、
広げるとモルフォチョウのような美しい青紫色です☆
成虫のまま越冬します。


ヒメアカタテハ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※春からちらほらと姿を見かけるのですが、
秋になると急に数が増えるチョウです☆
ほぼ世界中に分布しています。

|

« ☆秋のイネ科3種☆ | トップページ | トラマルハナバチ »

*チョウ・ガ*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆秋のイネ科3種☆ | トップページ | トラマルハナバチ »