« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

ハマヒサカキの花

ハマヒサカキは、公園の生垣として
よく見かけるツバキ科の樹木です。

Photo
(※写真はクリックで拡大)


ガス漏れ臭がする花として有名な
ヒサカキと同じ仲間です。

このハマヒサカキの花を見ようと
毎年思っていたのですが、
なぜかいつもチャンスを逃してしまい、
今まで写真が撮れずじまいでした。

今日、とうとう撮影に成功しましたよー(≧▽≦)ノ

雌雄別株なので、雄花と雌花があります。

まず雄花☆
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

それから雌花☆
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


マクロで撮影するのに、顔を花に近づけたのですが、
ヒサカキ同様、なかなかの臭いを放っていました(^-^;)


そういえば、まもなく12月ですね。

街はすっかりクリスマスに毒され…
コホン。失礼しました。

すっかりクリスマスモードに突入ですね(>ω<。)

さぁ、今年はどうやって耐え抜こうか(なぞ)

| | コメント (0)

イスノキ笛☆

↓のわぴちゃんの自分撮りの写真だけだと、
せっかく見に来てくださった方に申し訳ないので、
有用なネタも載せておきますね(*v_v)o

ちょっと前の話になりますが、
イスノキの虫こぶが落ちていたので、
それを使って笛をつくってみました☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)

まず、虫こぶの表面を軽く削って汚れを落とします。
そして、穴の部分の形も整えます。これで完成☆

もし、目に見える穴がない場合も
表面を軽く削ると皮の薄い部分が破けて穴ができます。

オカリナの要領で軽く吹いてみると、
ホーホーと確かに笛の音がしました(*´▽`*)

虫こぶなので、吹いた途端に中から
いろんな粉みたいなのとか飛び出してくるのでは?

…なんて考えたのですが、
中は空っぽで、吹いても何も出てきませんでしたよ~(笑)

イスノキは、マンサク科の常緑高木で、
暖地に自生するほか、
公園などにも植栽されています。

いくつかの種類の虫こぶがつくことで有名で、
オカリナのような硬く大きなものは、
こうやって笛にすることができます。

イスノキでつくった笛の音がヒョウと聞こえることから、
ヒョンノキの別名があります☆

| | コメント (2)

劣化予防…?(笑)

ひさ~しぶりに
自分を撮ってみたくなったので
撮ってみました(^-^;)
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

2

こうやってたまに自分撮りの機会を持つことで、
結果として劣化予防につながるのでは…
とこっそり期待してみるわぴちゃんです

( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

…あと、こうやってたまに
自分撮りをしておかないと
アルバムに空白域ができてしまうのだ。

| | コメント (3)

☆期間限定のコラボ☆

今日は天気が悪くて、
しかも肌寒かったですね(>ω<。)

みなさん、濡れて風邪を引かないように
気をつけてくださいね(>ω<。)

わぴちゃん、今日は一日部屋に籠もって
PCに向かって原稿書きをしていました☆

なので、在庫写真から…☆

コマツヨイグサの花と霜
Photo
(※写真はクリックで拡大)


オオイヌタデと霜
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


カンエンガヤツリと霜
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


この季節は、夏から秋にかけてが
最盛期の草花たちが
まだ生き残っていることがあります。

そこに急な冷え込みがあって霜が降りると、
思いがけない組み合わせの
写真が撮れることがあります(*´▽`*)

もちろん、季節が進んで気温が下がってくると
生き残っていた草花もやがて枯れてしまうので、
まさに期間限定のコラボと言ったところでしょうか☆

| | コメント (2)

今季初の霜結晶撮り☆

今朝はこの秋一番の冷え込みとなり、
あたり一面霜で真っ白になりました。

こういう日のわぴちゃんは、
日の出前から早朝散策に出かけるのですが、
車がガッチガチに凍りついていて、
今シーズン初めて解氷スプレーを使いました。

肝心の気温…ですが、
温度計を置いたものの、ただ置いただけで
数値を記録するのを忘れたため不明です(^-^;)

たぶん氷点下だったと思います
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

今朝は、霜の結晶を撮影したので載せますね☆

11252
(※写真はクリックで拡大)

11253
(※写真はクリックで拡大)

11254
(※写真はクリックで拡大)


結晶の付着部から先端までほぼ同じ太さの
角柱型の霜結晶が多かったです。

あと、日の出とともに急速に気温が上がってきたため、
一部融けかかって結晶構造が崩れています。

でも、11月中に撮影した霜の結晶としては
立派なものだと思います☆

| | コメント (3)

ハナアブの仲間3種☆

今日は、買い出しの帰りに、
ちょこっとだけ農道を散策しました。

そこでお花に来ていたハナアブの仲間を
3種ほど載せますね(*v_v)o


ナミハナアブ
2
(※写真はクリックで拡大)

※ハナアブ科の代表的存在の種で
全国的にごく普通に見られます。
ずんぐりむっくりの姿が可愛らしいです(*´▽`*)


ホソヒラタアブ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※厳冬期を除いてほぼ1年じゅう見られる子で、
都市部の公園でも花によく来ています。
気温の低い時期に育ったものは
体色が黒っぽくなる傾向があります。


キゴシハナアブ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※複眼のぶち模様が
チャームポイントのハナアブの仲間です。
わぴちゃんところでは晩秋になると
特に多く見かける気がします。

| | コメント (0)

層積雲の蜂の巣状雲(Sc la)

昨日は、仕事の打ち合わせのため、
車で千葉市へと行ってきました。

ところが、道路が猛烈に渋滞していて、
行きは3時間、帰りは4時間半もかかりました(>ω<。)

所要時間だけ聞いたら、
同じ県内が目的地だったとは
とても思えないですよね…(^-^;)

22時過ぎに帰宅し遅めの夕食をとったあと、
そのまま…o_ _)oパタ

気づいたら朝になっていました。

昨日のPAで休憩中に見つけた
層積雲にできた蜂の巣状雲(Sc la)
載せておきますね(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)

蜂の巣状雲(la)は、
雲にいくつもの穴が開いて
典型的なものでは
まるで蜂の巣のように見えるものです。

写真では層積雲の雲底に
いくつもの穴が開いています。

穴ができた部分は
雲がうすくなっているため、
色はやや明るい灰色になっています。

層積雲にできた蜂の巣状雲は、
そこそこ珍しい雲なので、まぁ、いいか☆

| | コメント (0)

シブイロカヤキリモドキ(Xestophrys javanicus)

この前、シブイロカヤキリモドキを
見つけたので載せておきますね☆

シブイロカヤキリモドキは、
バッタ目キリギリス科の昆虫です。
クビキリギスとともに成虫で越冬します。

からだは名前のとおりしぶーーい褐色です☆

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

クビキリギスの褐色型にそっくりですが、
体型がややずんぐりしており脚も短めです。

そして、顔は黒っぽいのも大きな特徴です。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

わぴちゃん、今までクビキリギスの褐色型と
区別がつかなかったのですが、
やっと見分けられるようになりました(≧▽≦)ノ

参考までに、春先に撮影した
クビキリギスの褐色型の写真を
載せておきますね☆

_
(※写真はクリックで拡大)

やっぱり後脚の長さに
かなり違いがありますね(^-^;)

| | コメント (2)

水溜りにできた結晶模様☆

今朝は冷え込みましたねー。

なので、お気に入りの
霜の観察スポットに行ってみました☆

冷気で喘息発作が出ないように
マイクをつけて行きましたよ(*v_v)o

まず、気温を測ってみました。
外部センサー使用なので、
内蔵センサー表示部は消してあります。

1120
(※写真はクリックで拡大)

やっぱり、霜の観察スポットは、
周辺に比べると気温が低く、
気温は-1.3℃まで下がっていました。

水たまりのところに
薄い氷もできてましたよー(≧▽≦)ノ

薄い氷が張ると、水たまりの表面に
ナイフでスパッスパッと切れ込みを入れたような
裂け目模様が見えるようになります。

今回も、裂け目模様を基調とした感じでしたが、
よく見ると、そこから氷の結晶が
シダの葉状に発達していました☆

1120_1
(※写真はクリックで拡大)

1120_2
(※写真はクリックで拡大)

1120_3
(※写真はクリックで拡大)

1120_4
(※写真はクリックで拡大)

なかなか美しいですね~(*´▽`*)

※注;
今回、霜の観察スポットでは氷を見ることができましたが、
わぴちゃんが初霜・初氷の定点観測している場所では、
残念ながら氷は張っていませんでした。
そのため、今回は初氷のたよりは見送りです。

| | コメント (3)

陽だまりに咲く小さな花

ちょっとブログを
ご無沙汰してしまいました(^-^;)

わぴちゃん、お疲れモードで
ちょっとぐったりしてますが、
なんとか生きてますよー(*v_v)o

今日はね。この1週間くらいの間に
撮影した在庫写真から…。

陽だまりで見つけた
小さな野の花を3つピックアップして
載せておきたいと思います。

野に咲く小さなお花は
どれもすごく可愛くて、
見ていると癒されます(*´▽`*)


ノミノフスマ
Photo
(※写真はクリックで拡大)


ゲンノショウコ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


カタバミ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (3)

千葉県最北端も初霜☆

今朝、わぴちゃんところも
気温が1℃台まで下がり、
2012年冬シーズンの
初霜を確認しました(≧▽≦)ノ

11161
(※写真はクリックで拡大)

11162
(※写真はクリックで拡大)

11164
(※写真はクリックで拡大)

まだまだ、
本当にうっすら…ですけどね。

あと、朝露が凍ってできる
凍露も見られました☆

1116
(※写真はクリックで拡大)

わぴちゃん、まだ、些細な刺激で
強烈な喘息発作に襲われる状態が続いています。

なので、早朝散策は、
冷気を吸い込まないように
マスク着用で完全防備です(^-^;)

あーあ。この喘息発作は
しばらく続くのかなぁ…(・_・、) グスン

| | コメント (3)

ハチの仲間3種☆

みなさん、わぴちゃんの身体のこと、
心配してくださってありがとうございます(*v_v)o

まだ、朝晩を中心に
強いぜんそく発作が出るのですが、
発症当初に比べたら元気になりました(≧▽≦)ノ

発作が出ているとき、呼吸困難で
会話がきちんとできなくなるため、
お仕事関係の電話などで
お聞き苦しいところがあったら
ゴメンナサイ...(>ω<。)

今日は、やらなきゃない仕事がたくさんあるので、
一日、おとなしく机に向かってお仕事を頑張りました。

なので、ここ数日で撮影した写真在庫から、
ハチの仲間を3種ほど載せますね☆


セイヨウミツバチ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※全体的に明るい
オレンジ色をしたミツバチさんです。
ヨーロッパ原産の昆虫で、
北アメリカ経由で養蜂用に導入された種です。


ニホンミツバチ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※もともと日本に生息している
在来種のミツバチです。
黒っぽい体色をはています。


キムネクマバチ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

※単にクマバチとも言います。
最近、キムネクマバチの和名を
使うことのほうが多くなってきたように思います。
ずんぐりむっくりの体型で
ブーンと派手な羽音を立てて飛びますが、
性格はきわめて温厚です。

| | コメント (4)

晩秋のイトトンボ

昨日のZip!出演関連で、
たくさんのコメントありがとうございました☆
あとでちゃんと返事を書きますね(*^▽^*)o

今日は、ここ数日の散策で撮影した
イトトンボちゃんを載せておきます☆

◆ホソミオツネントンボ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※成虫のまま越冬するトンボです。
冬のあいだは枝先にとまってじっと動かなくなり、
見事に風景に溶け込んでしまいます。
晩秋のうちはまだ動きまわっているので
見つけやすいんですけどね。


◆オオアオイトトンボ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※晩秋の雑木林周辺で
やたら多く見かける大型のイトトンボです。
この子は成虫越冬ではないので、
冬が来る前に天命を全うします。

| | コメント (0)

Zip!にちょっとだけ出演。

さきほど日本テレビで放送された「Zip!」で
モーニンググローリーの解説をしていた
気象予報士はわぴちゃんです☆(笑)

わぴちゃんも、あんなふうに
「真面目モード(*`・ω・´)キリッ!」
でお話するときがあるのですよ~(笑)

ドタバタしていて
すっかり忘れていました。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

見てくださった皆さん、
ありがとうございました(*v_v)o

| | コメント (9)

赤い草紅葉☆

じつは、また午後から
ちょっと熱が出ているのだ(^-^;)

まだ気管支炎がくすぶってます(>ω<。)

でも、これ以上お仕事を
溜めるわけにはいかないので、
今日は通常モードで頑張りました。

わぴちゃんが体調を崩している間にも、
季節はどんどん進んでいますね。

この週末のリハビリ散歩で撮影した
赤系の草紅葉を3つ載せておきますね☆

樹木の紅葉と同様に、
草花も赤や黄色に色づきます☆

時には息をのむような美しさに
なることもあるんですよ~(*´▽`*)

ヒメミソハギ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

シロザ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


オオイヌタデ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (2)

ポツンと咲くヒメスミレ

Photo
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

穏やかな小春日和の休日…。

たくさんの人々で賑わう公園のすみっこで
ひっそりと咲くヒメスミレ…。

そして、1人ポツンと公園で
ヒメスミレの花を眺めるわぴちゃん…。

…(・_・、) グスン

寂しいと感じる余裕が出てきたということは、
体調が良くなってきた証なのかもしれませんね。

| | コメント (4)

☆ハナアブ3種☆

ブログのほうも、
そろそろ通常モードへ(*v_v)o

今までどおり、まったりと自然ネタを
お送りしていきたいと思います☆

復活して最初の記事はハエ目です。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

今、菊の花とか、チャの花のところに
さまざまな種類のハナアブの仲間が
やってきています☆

ハナアブの仲間は、
ハチのような外見ですが、
顔をよく見るとハエの顔をしています(笑)

身体の大きな種類は
結構派手な羽音を立てて飛びますが、
刺したり襲ってくることはありません☆


ナミハナアブ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※ハナアブ科の代表種です。
単にハナアブとも言います。
数も多く、街中でもごく普通に見られます。


オオハナアブ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※ずんぐりむっくりのハナアブさんです。
春から秋にかけて見られ、
花の蜜を吸ったり、葉のところで
ひなたぼっこしたりしてます☆


アシブトハナアブ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※胸背部に入る黄色い縦線が
チャームポイントのハナアブさんです。
ハナアブの仲間では
もっとも多く見かける種のひとつです。

| | コメント (0)

復活に向けて少しずつ…。

ちょっとブログを
ご無沙汰してしまいましたが、
わぴちゃんは生きてますよ~(*^▽^*)o

心配してくださった皆さん、
ありがとうございました。

孤独に病魔と闘っていたので、
こうやって気にかけてくれる人がいた!
というのはすごく嬉しかったです(>ω<。)

一昨日は、病院で点滴・吸入…、
そしてひたすら寝ているという感じでした。

昨日は、布団をたたんで
休み休みながらも仕事しました☆

そして、今日は、午前中、
公民館の防災講座の講師をして、
午後からは仕事机に向かって仕事をしてました。

昨日からは散策の時間も
取れるようになってきました(*v_v)o

早く元気になりたぁーい(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (2)

過去10年の最高値

ブログにたくさんのコメント
ありがとうございます(*v_v)o

孤独に病魔と闘っているわぴちゃんにとって、
心の栄養ドリンクになってます
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

落ち着いたら、まとめてお返事いたしますね。

誰も知りたくはないであろうが、
昨日から今朝にかけてのわぴちゃんの様子を
以下に記しておきます(笑)

------------------
昨日は、あの後あれよあれよと体温が上昇し、
今朝まで39℃以上の高熱が続きました(^-^;)

395


今回記録した39.5℃は、
少なくともここ10年間での最高値です。

↑こういう記述をしたがるのは
気象予報士の職業病かも…。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

ただ、今朝は急速に熱が下がり、
お昼現在37.5℃にまで落ち着きました(*v_v)o

早く元気にならないと…。

| | コメント (11)

喘息で夜間外来へ…。

昨夜は、ひどい咳と呼吸困難で
しゃべるのもやっと、歩くのもやっと…。
しかも、39℃近い発熱(/||| ̄▽)/

あまりにもしんどくて
総合病院の夜間外来に行ってきました(>ω<。)

結果は
「重症のぜんそく発作」+「気管支炎」…。

お医者さんにも
「これはちょっと酷いね…」
と言われてしまった(^-^;)

それで、ぜんそく発作時の定番、
点滴と吸入を受けました。

そしたら、びっくり!
すごい効いたんですよね
さっきの呼吸困難はどこへやら…。

あ。でも、熱は下がってなくて、
この記事を書いている朝7:50の段階でも
38℃近くあります。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (3)

ベッコウバエ(Dryomyza formosa)

今日は一日机に向かって
お仕事を頑張ってました☆

ただね…(・_・、)

夕方から強烈な喘息発作に襲われ
しんどかったです(>ω<。)

最盛期には、会話もままならなくなって、
ぜぇぜぇ息が切れて、
動くのもしんどいほどでした(>ω<。)

やっと、落ち着いてきて、
楽になってきましたけどね
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

10代の頃、小児ぜんそくで
入退院を繰り返していたから、
なんか、当時のことを思い出すにゃぁ…(´・ω・`)

※からだに関することは
デリケートな話題でもあるので
お手柔らかにお願いしますねm(_”_)m


…ということで、これ以上
気持ちが落ち込まないように、
虫さんから癒しをもらいましょう★

3日くらい前に撮影した
ベッコウバエです…(^-^;)

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

ハエ目ベッコウバエ科の昆虫で、
べっこう飴のような身体の色が特徴的な子です。

雑木林の周辺に生息していて、樹液にくるほか、
一応ハエなので、
それなりの汚いものにも集まります(^-^;)

ベッコウバエは、わぴちゃんところでは、
秋口になると急に数が増えるように思います。

| | コメント (4)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »