« 眼下に広がる霧の海☆ | トップページ | 今夜ひそかにテレビ出演(*v_v)o »

早春の白い花3種☆

今日は、発達しながら
日本海を進む低気圧の影響で、
南寄りの風が吹き荒れました。

関東地方・中国地方・四国地方・九州北部では、
春一番となったようですね。

低気圧通過後は、
ふたたび冬型の気圧配置となって
冷たい北西風が吹き荒れる見込みなので
さすがにこのまま春と言うわけには
いかないですけどね。

でも、行きつ戻りつしながら、
季節は着実に春へと向かっています☆

今週撮影した写真の中から、
早春の野の花を3つ
ピックアップして紹介しますね☆

ナズナ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※春の七草のひとつです。別名ぺんぺん草。
「ぺんぺん草も生えない」という表現があるほど、
どこにでも生えている身近な野草です。


タネツケバナ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※田んぼの周辺や水辺に自生する野草です☆
本格的な花期は3月下旬~4月ですが、
陽だまりの暖かい場所では
真冬でもちらほらと花をつけていることがあります。


ミチタネツケバナ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


※市街地を中心に急増中の外来種です。
この写真は所用で都内に出た時に撮影したものです。
たくさんの人が行き交う中、
道の隅で人知れずひっそりと花を咲かせていました。

|

« 眼下に広がる霧の海☆ | トップページ | 今夜ひそかにテレビ出演(*v_v)o »

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

Wikipediaにぺんぺん草について以下の記述がありました。

「子供のおもちゃとしての利用もある。果実が付いた花茎を折り取り、果実の柄を持って下に引くと、柄がちぎれて皮でぶら下がった状態になる。このように多数の果実をぶら下げた状態にして、花茎を持ってくるくる回す(でんでん太鼓を鳴らすように)と、果実が触れ合ってちゃらちゃらと小さな音がするのを楽しむ、というものである。」

幼少のころ誰に教わったか覚えていませんが
同じことをやっていました。
ほかにもオオバコの花茎をクロスして引っ張り合い
どちらが切れるかなどの遊びもありましたね。

投稿: K.o | 2013/03/02 11:51


K.oさん、こんばんは☆

わぴちゃんも、幼少期は、
ぺんぺん草にずいぶんお世話になりました。

…あ、大人になった今も…か(^-^;)

オオバコも、オオバコ相撲や、
葉脈の筋を切らないで
抜き取る遊びをよくやりました(*´▽`*)

…これも、大人になった今も…ですけど(^-^;)

余談ですが、ナズナ以外で
似たような穂をつけるものは
しゃらしゃら鳴るのか
…いろいろ試したことがありました。

たしか、イヌナズナ等いくつかの種類で
ナズナ同様に鳴ったような記憶があります。

投稿: わぴちゃん☆ | 2013/03/05 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 眼下に広がる霧の海☆ | トップページ | 今夜ひそかにテレビ出演(*v_v)o »