« シュンギクの花 | トップページ | ネバリノミノツヅリ(Arenaria serpyllifolia var. viscida) »

水辺のスゲたち☆

4~5月にかけては、
スゲの仲間がいっせいに穂をつける季節です。

スゲの仲間は地味で目立たないながらも
1冊の図鑑ができるくらい種類数が多いため、
マニア心をくすぐる分類群です。

一度その魅力に取りつかれると、
ずぶずぶとマニアックな世界へ
足を踏み入れることとなるでしょう
(ΦωΦ)ふふふ・・・

そんなわぴちゃんも、
すっかり魅力に
取りつかれてしまった1人です
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

今日は、ここ数日中に撮影した
湿地性のスゲ類の中から
3種ほどピックアップして紹介します(*v_v)o


カサスゲ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※湿地性スゲの代表的な種で
水辺に群生している姿をよく見かけます。
葉は菅笠や蓑をつくる材料となります。


ウマスゲ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※河川敷や湿地に生える大型のスゲです。
緑色のゴツゴツとした大きな雌小穂が目立ち、
なかなか見応えのある種です。


オニナルコスゲ
2
(※写真はクリックで拡大)

※このスゲ、わぴちゃんは初めて見ました。
寒冷地を中心に分布している湿地性スゲのようですね。

|

« シュンギクの花 | トップページ | ネバリノミノツヅリ(Arenaria serpyllifolia var. viscida) »

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

スゲ、カヤ?
そう言えば、科?属?
今頃になって調べ始めたらたら、自然環境研究センターにまで行ってしまい、益々ややこしくなってきた^^;

茶色のが雄小穂で下についている緑の雌小穂・・ヘェ~

あと、ず~っと謎だった、道端の草。
ピンクの5弁花が咲いてわぴちゃんの本にあった
”アメリカフウロだと分かって嬉しかった・・スッキリ
葉は赤い縁取りや、全体紅葉したりしてずっと気になっていた。
次は、パチッと弾ける角果を楽しみにしています。

ノミノツヅリも気をつけて観察してみたいと思います。

腰、お大事にして下さい。
痛いとき程動かす!(ゆっくり)を心がけています。
なかなか理解されないけど・・治るんだなこれが・・^^;

投稿: つくね | 2013/05/10 10:24

◆つくねさん

つくねさん、こんばんは☆

アメリカフウロ、
判明して良かったですね(*´▽`*)

アメリカフウロは、こちらでも、
あちこちで可愛い花をつけてます(*v_v)o

腰ありがとうございます☆

どうやら、腰痛はあまり安静にし過ぎても
筋力が低下してかえって良くないみたいですね。

早く治して、また野山を元気に
歩き回りたいのにゃ(*´▽`*)

投稿: わぴちゃん☆ | 2013/05/10 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シュンギクの花 | トップページ | ネバリノミノツヅリ(Arenaria serpyllifolia var. viscida) »