« シロバナモジズリ | トップページ | ホウネンエビ(*v_v)o »

セリバオオバコ(Plantago coronopus)

またマニアックな野菜ネタです(^-^;)

4月に種をまいたセリバオオバコが
ここに来て穂をつけ始めましたので紹介しますね☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)

セリバオオバコ(Plantago coronopus)は、
オオバコ科オオバコ属の多年草です。

日本では全く馴染みのない植物ですが、
イタリアでは野菜としてサラダ用に栽培されるそうです。

どちらかというと和名のセリバオオバコよりも、
イタリア語のエルバステラのほうが
知名度は高いのかもしれませんね。

エルバステラには
「星の草」という意味があるようです。

最初わぴちゃんはエルバステラのことを
レタスか何かの一種と勘違いしていたのですが、
購入した種子袋にはPlantagoの文字が!

え、Plantago?
オオバコ属??
…とびっくりしたのを覚えています。

穂の形は確かにオオバコ属ですね(^-^;)

ちなみに、オオバコ属の鑑別ポイントとして、
おしべの先(葯)の色があります。
本種は葯の色が黄色ですね。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

葉は毛が生えていてさわると少し
べたべたした感じがします。
また、葉には切れ込みがあり独特の形をしています。

2
(※写真はクリックで拡大)

モデルさんになってもらうため、
収穫よりも開花を優先しましたが、
こちらも折を見て味見をしたいと思います
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

野菜の図鑑によれば、
しゃきしゃきとした歯触りと
ほろ苦さが特徴…らしいです。

|

« シロバナモジズリ | トップページ | ホウネンエビ(*v_v)o »

*野菜・有用作物*」カテゴリの記事

コメント

スマートなオオバコって感じ(^^)
食べられるんですね。

茎を引っ掛けて相撲をとった、懐かしのオオバコは
あまり見かけなくなったような気がします。
あることはあるけど・・・
河原にヘラオオバコはどっしり目立ってました。

投稿: つくね | 2013/06/25 21:23

◆つくねさん

つくねさん、こんばんは☆

はぁーい。野菜として
サラダで食べられるようです☆

オオバコは、どちらかというと
目の敵にされることが多いので、
公園とかだと草むしりの対象に
なりやすいからなぁ…。

ヘラオオバコはすごいですね。
やつは花粉症の原因になりますが、
一方で原産地ではハーブとしても
利用されているようです☆

投稿: わぴちゃん☆ | 2013/06/27 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シロバナモジズリ | トップページ | ホウネンエビ(*v_v)o »