« トチノキとマロニエの果実 | トップページ | 元気が出ない…。 »

初撮影!フヨウの花

じつは、激務期間の疲れを
思いっきり引きずっています…(^-^;)

身体じゅう痛いし…(^-^;)
動くのがしんどいし…(^-^;)

そんなわぴちゃんですが、
気づいたら、また1つ年を重ねるまで
1ヶ月を切ってしまいました(^-^;)

困ったもんで、年を重ねるごとに、
5年後、10年後の自分について、
悲観的な状況しか考えられなくなっています(^-^;)

おーっといけない。また愚痴が…(笑)
こほん、こほん。

さて、話は変わって、本日、フヨウの花を初めて
撮影することができたので紹介しますね☆

フヨウは中国原産の花木で、
夏の花としておなじみです。

しかし、あまりにもおなじみすぎて、
いつでも撮影できるからいいやと
後回しにしつづけてしまったのです。

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

じつは、今春出版した
「散歩の樹木図鑑(新星出版)」には、
本当はフヨウも載せる予定でした。

ところが、いざ写真を探してみると、
「花の写真がない!!」(/||| ̄▽)/

写真があったのは、近縁のアメリカフヨウや
交雑種系の園芸種ばかりでした。

なので泣く泣く、掲載種から外したのでした…(^-^;)

今年は、この反省から
フヨウの花を重点撮影リストに加えて、
探しまわっていたのですが、
いざ探し始めると案外ないもんですね。

どこを見ても、植えられているのは、
花が大きく、花色も豊富なアメリカフヨウや
交雑種系ばかりです。

探しに探して今日やっと昔ながらの(?)、
フヨウの花を写せました(*v_v)o

« トチノキとマロニエの果実 | トップページ | 元気が出ない…。 »

*樹木*」カテゴリの記事

コメント

図鑑目的なら実も撮らなくっちゃね。
ヽ(´ー`)ノ

外来種はなぜに(・・?

あんなに繁殖能力が高いのでしょう

◆アライグマさん

アライグマさん、こんばんは☆

なぜか知らないけど、
果実だけは2007年に撮影済みだったのだ(笑)

でも、そのときよりもカメラの性能がアップして、
より高解像度で写せるから、
また撮り直さないとだね☆


◆にゃん♪さん

にゃん♪さん、こんばんは☆

たくさん入ってくる外来種の中で、
生命力と繁殖力と適応力が
強いものだけが生き残って
日本に定着しているからだよ。

自然界の生物は生態系でつながりあっていて
特定の生物だけが殖えすぎないように
うまく調節される機能が備わっているよ。

だけど、外来種が生態系のつながりの
すき間部分に入りこんでしまうと、
そのバランスが崩れてしまって、
結果として特定の外来種だけが
一気に殖えてしまう…と言うこともあるよ。

うーーん
人間だけが増えすぎている。
淘汰じゃーーーー
ψ(`∇´)ψ 抹殺ーーーー
という事で生態系のバランスを取ると
人間界では大量虐殺と呼ばれる。
(_△_;)

◆アライグマさん

アライグマさん、こんばんは☆

そういえば、地球上で生活できる生命の数には
限界があると聞いたことがあるけど、
人間も増えすぎてしまうとある程度のところで
何らかの抑制パワーがはたらいてしまうのかな?

もし、わぴちゃんが自然界の一員だったら
真っ先に淘汰されるグループなんだろうなぁ…(>ω<。)

この記事へのコメントは終了しました。

« トチノキとマロニエの果実 | トップページ | 元気が出ない…。 »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ