« むかご(≧▽≦)ノ | トップページ | 雲のおふとん »

種子の中に潜むカメムシ(笑)

スベリヒユの果実は、
熟すとふたがぽろっと取れて、
中から種子が顔を出します。

その様子の写真資料を写していたのですが…

種子の粒々の中に、
ちゃっこいカメムシくんが1匹混じっていました。

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

2_
(※写真はクリックで拡大)

撮影時には全く気付きませんでした(^-^;)

さすがに、果実の右奥に映っている
少し大きめのカメムシくんには
気づいていましたけどね
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

|

« むかご(≧▽≦)ノ | トップページ | 雲のおふとん »

*雑記*」カテゴリの記事

コメント

おおースベリヒユ!最近よく食べてます~。
カメムシ、誤って口にしないよう気をつけます。

色んな本を読んでいると「灰汁が強い」とありますが、東南アジアではサラダにして食べるそうで……系統が違いますかね?

投稿: 幻日 | 2013/09/08 00:53

◆幻日さん

幻日さん、こんばんは☆

スベリヒユはわぴちゃんも食べたことあります☆
あの独特のぬめりが癖になりますね(*´▽`*)

そういえば、スベリヒユの変種に
タチスベリヒユというものがあって、
それを食用に栽培する…というらしいのですが、
このタチスベリヒユも実態のわからない不思議な存在です。

手持ちの野菜図鑑では、ヨーロッパでも
「プルピエ」の名で食用にされていて、
生のままサラダにという記述もあります。

もしかしたら、分類学上は同一種でも、
いわゆる園芸品種レベルでの個体変異というか
系統のちがいがあるのかもしれませんね。

投稿: わぴちゃん☆ | 2013/09/10 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« むかご(≧▽≦)ノ | トップページ | 雲のおふとん »