« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

フタホシテントウ(Hyperaspis japonica)

昨日、ひさしぶりに初撮影種の
テントウムシに出逢いました(*v_v)o

フタホシテントウ(Hyperaspis japonica)です。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

黒地に丸い橙色の斑紋が2つある子です。

模様の雰囲気は、ナミテントウ(二紋型)や
ヒメアカボシテントテウに似ますが、
斑紋の位置がやや後ろにずれているのが特徴です。


あと、からだがやや縦長の楕円形です。

そして何より、とにかく小さいです!

2-3mmくらいしかありません。
最初見つけたとき、あまりに小さくて
どちらが頭か分からないほどでした。

背景の緑色はオニノゲシの花の総苞なので、
いかに小さいか分かるかと思います(^-^;)

極小な上、そこそこの奥行きのあるものって、
カメラマン泣かせなんですよね(>ω<。)


※検索かけてみると、案の定、
ナミテントウ二紋型やヒメアカボシテントウを
フタホシテントウと誤同定して
載せているものが多く見られましたので、
調べるときは注意をしてくださいね。


…そして、わぴちゃんの左足ですが、
相変わらず痛いままです(>ω<。)

じっとしているとそれほどでもないのですが、
歩き始めると急に痛みが強くなって、
最終的には激痛になります(>ω<。)

でも。。。この激痛。。。
なんか、嫌いじゃないというか、
病み付きになりそうな感覚。。。(なぞ)

わぴちゃんって、もしかして、
そういう趣味があったのかな??(^-^;)

| | コメント (2)

11月28日の複合ハロ

お昼頃外に出て、
ふと空を見上げたら!!(≧▽≦)ノ

内がさ、幻日、幻日環が…☆

写真にハロの出現位置を書きこみした
解説図とともに並べておきますね☆

1128
1128_
(※写真はクリックで拡大)

11282
11282_
(※写真はクリックで拡大)

1128_2
1128__2
(※写真はクリックで拡大)

…昨日の筋肉痛は、
一晩寝たらだいぶ良くなりました。
一部地域を除いて…(^-^;)

一部地域とは左足です(>ω<。)

わずかに体重をかけただけで
激痛が走るので、引きづりながら
一日過ごしました(>ω<。)

明朝起きたら
治っていてほしいのですが、
どうだろう…(>ω<。)

| | コメント (2)

ソヨゴ

今日は所用で都内に出ていました。

街路樹としてソヨゴが植えられていて、
実をつけていたので載せますね(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


ソヨゴはモチノキ科の樹木で、
山野に自生しますが、
都市部の緑化にもよく使われるようです。

果実は長い柄の先に
ぶらーーーんとつくのが特徴です。

そうそう。以前ブログにも書いたとおり、
ここのところ筋肉痛気味で、
今朝もあちこち痛いなかの都内遠征でしたが…

都内の人混みにもまれ…!

人工的な「硬い」地面を歩き続け…!

列車内で長時間立ち続け…!

今は、わずかに身体を動かしただけで

∑( ̄∇ ̄;)ヴッ!

…な、状態です。 

ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


これでは、いけませんね(^-^;)
もっとアクティブに動きまわって
筋力をつけないとなぁ…(^-^;)

| | コメント (3)

タコノアシの果実

タコノアシの果実が
裂開した様子を写しました(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)


風などで揺さぶられたときに、
すき間の部分から細かいタネが
パラパラとこぼれ落ちる仕組みになっています。

しかし、この形(*´▽`*)
なんとも言えない造形美ですね(*´▽`*)

タコノアシはタコノアシ科の多年草で
湿地に生えます。

名前のとおり、穂がタコの脚を
ひっくり返したような形をしています。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


…そういえば、
埼玉県羽生市で開催された
ゆるキャラさみっとが話題になっていますね。

じつは、わぴちゃんも「ふわぴかちゃん」という
キャラクターを使って活動しています。

着ぐるみは作ってませんが…(笑)

その「ふわぴかちゃん」が、
来年2014年12月24日で生誕10周年となります。

は、早いもんですのぅ…(^-^;)
どおりでわぴちゃんも…(^-^;)

まだ構想段階ですが、来年は10周年を記念して、
なにかグッズでもつくろうかなぁと企んでいます。

って、今年12月24日の生誕9周年もまだなのに、
鬼に笑われてしまいますね(笑)
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

なぜ、ふわぴかちゃんを
12月24日にリリースしたのか…(^-^;)

き、聞かないでぇーー(笑)

| | コメント (2)

ナナホシテントウの蛹集団

ここのところデスクワークが
続いたからかなぁ…
それとも、気疲れのせいかなぁ…

目の疲れ、肩こり、腰痛に
悩まされています(>ω<。)

目の疲れを取るツボも、
軽くさわっただけで悶絶級の痛み(/||| ̄▽)/

あまりにひどくてPC作業がままならないので、
昨日・今日と、目の疲れ解消と気分転換を兼ねて、
日中は外に出て散策をしていました(^-^;)

朝は霜で真っ白ですが、
日中日差しのある時間はぽかぽか(*´▽`*)
まさに小春日和でした(*´▽`*)

そんな中、コンクリートの壁のところに
ナナホシテントウのさなぎの集団を発見☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)

南側に面していて太陽光が
しっかり当たるので暖かいのでしょうね(*´▽`*)

ナナホシテントウは、今、羽化したとしても、
成虫越冬できるので安心してくださいね☆

| | コメント (0)

菜っ葉系仕込中。

ここ3年くらい、アブラナ属の研究に
どっぷりはまってしまったわぴちゃん…(^-^;)

今シーズンも、研究は継続中です。

10月に5種類の菜っ葉のタネを蒔き、
現在順調に生育中です(*v_v)o


アブラナ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※今、「菜の花」として見かけるのは
ほとんどがセイヨウアブラナですが、
これは、頭に何もつかない本家アブラナです。
和種ナタネとも呼ばれています。
セイヨウアブラナとどう違うのか、
今年こそ、見分けられるように頑張るぞ☆


ノザワナ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※「つけな」と呼ばれる系統の代表種です。
分類学上はカブの変種扱いになるのかな?
葉柄が長くなるのが特徴です。


カイラン
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※キャベツの変種で
比較的暑さに強い菜っ葉です。
アブラナ属には珍しく
白い花を咲かせる傾向があります。


サイシン
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※中国野菜のひとつで、
季節を問わずトウ立ちする傾向があり、
そのトウを摘んで食用にします。


サントウサイ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

※山東菜は半結球型のハクサイです。
葉は黄色がかって柔らかいので、
他の菜っ葉類に比べると、
比較的見分けやすいかなぁと思いました。

…そして余談。
これは菜っ葉ではありませんが、
3月に種をまいたあと、約3ヶ月で開花してくれた
西洋野菜のセリバオオバコ(エルバステラ)。

Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

日本の夏の高温多湿で枯れるかと思いきや、
今も元気にわさわさ茂っています。

| | コメント (3)

オオイヌタデの枯れ姿

オオイヌタデは、
茎の節々が大きく膨らむという性質があります。

なもんで、晩秋に葉が枯れて
茎だけになってくると、
抜群の存在感があります(≧▽≦)ノ

Photo
(※写真はクリックで拡大)

写真は一部分だけ切り出していますが、
このボコボコとした赤く太い茎が1m以上にも達します。

| | コメント (2)

キクイモの痩果

昨日、道ばたでキクイモの残骸を見つけました。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

そういえば、キクイモの果実って
ちゃんと観察したことないなぁ…。

なので、残骸の先にある球みたいな部分を
十数個ほど採取し、ばらばらに分解して、
果実を探してみました。

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

うーーーーーん。
キクイモってあまり結実率が
良くないみたいですね。
ほとんどがシイナでした。

それでも、根気よく探すと、
ちゃんと成熟した果実を3粒発見できました(笑)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


もっとも、根茎でどんどんふえるから、
結実率が悪くても、繁殖には
あまり支障はないんでしょうけどね。

むしろ、繁殖力が強くて
害草化していますから…(^-^;)

| | コメント (0)

ナツヅタの果実

昨日、たまたま立ち寄った公園で、
ナツヅタの果実を見つけました(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


ナツヅタの果実…。
昨年の「散歩の樹木図鑑」を執筆期間中は、
血眼になって探していたのに結局見つからず…。

今さら感たっぷりですが、
あっさり撮影完了しました(^-^;)

きっと、これからはナツヅタの果実を
飽きるくらい目にするんだろうなぁ…(笑)

これって、

「出先で、のどが渇いたから
コンビニないかな…と思っていると
なかなかコンビニが見つからず。

やっとの思いでコンビニを見つけ、
飲み物をゲットしたあとは、
いやと言うくらいコンビニを見かける…」

という現象の亜型と言ったところでしょうか(笑)

| | コメント (2)

初霜です☆(2013年)

今朝、外に出てみると、
臨時に設置した温度計の数値が0.7℃。

1113
(※写真はクリックで拡大)

畑や草地は真っ白!
車の窓ガラスも凍ってる!

…ということで、本日(11/13)千葉県最北端は、
待望の初霜を確認しました(≧▽≦)ノ

1113_2
(※写真はクリックで拡大)

1113_3
(※写真はクリックで拡大)

それから、
霜柱の初見も確認しました。

1113__2
(※写真はクリックで拡大)

ただ、残念ながら、
今回は初氷は見送りでした(´・ω・`)


---
気象庁観測の公式データによると、
昨日(11/12)は北関東3県から、

 ◆水戸…初霜・初氷、
 ◆前橋…初霜・初氷、
 ◆宇都宮…初霜・初氷

のたよりが届いており、残念ながら、
これらの地点と肩を並べることはできませんでした。

でも、熊谷は11/13現在まだなので、
初霜は、熊谷に勝ったぞー!(なぞ)

ヾ( ̄∇ ̄*) オイオイ。競ってどうする。

( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

---
参考までに、千葉県最北端での
わぴちゃんの独自観測の過去記録では…

【初 霜】
2013年(本年)…11月13日
2012年…11月16日
2011年…11月16日
2010年…11月5日

【霜柱の初見】
2013年(本年)…11月13日
2012年…11月25日
2011年…11月26日
2010年…12月17日

【初 氷】
2013年(本年)…まだ
2012年…12月2日
2011年…12月10日
2010年…12月17日

| | コメント (4)

反薄明光線

今日は、午前中は、
ぽかぽかとおだやかな陽気でしたが、
午後に入って天気が急変しました。

13時半頃から、どす黒い雲が増えはじめ、
みるみるうちに気温が下がって
寒いくらいになりました。

14時頃には、にわか雨となり、
一時的に氷あられも降りました。

雨は1時間くらいであがり、
その後は急速に晴れました。

これは、強い寒気が南下する際に
しばしば見られる天気の流れです。

にわか雨のあとは、
北風が強まり、気温も一気に下がります。

雨あがりに、反薄明光線という
やや珍しい現象を見ることができたので、
その写真を載せておきますね(*v_v)o

反薄明光線は、光や影のすじが、
太陽と反対側にまで長くのびて、
地平線の1点に収束して見える現象です。

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


典型的な場合、
太陽側にある雲からのびる影が
長くのびて反対側の地平線に達する形になります。

ただ、今回の反薄明光線は、
ちょっと変わり種パターンですね。
太陽と反対側にある雲の列からのびる影のすじが、
そのまま地面の1点へと収束していました。

| | コメント (3)

ハナアブ類3種☆

晩秋から初冬にかけて、
晴れて暖かい日は、
ハナアブ科の昆虫を観察するのに
最適なシーズンです☆

アブ…というと刺してくる
あぶない虫というイメージがありますが、
ハナアブ科の昆虫は人畜無害です(*´▽`*)

それどころか、虫の少ない季節の
「貴重なポリネーター」として
重要な役割を果たしています☆

今日は、この数日の間に見つけた
ハナアブ科の昆虫を
3種ピックアップして紹介しますね☆

アシブトハナアブ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※1年中いて、個体数も多くて、
都市部でも普通に見かける子です。
後脚の付け根が
マッチョな感じになっています(^-^;)


キゴシハナアブ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※複眼の模様がおしゃれな子です☆
春~夏はほとんど見かけませんが、
秋になると急に数が増えます。


フタスジヒラタアブ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※腹部の模様がユニークな子です(*´▽`*)
あまり数の多い種類ではないので、
見つけるとテンションが上がります
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

| | コメント (6)

かなりご無沙汰の…。

そういえば、今年はカメムシネタを
4回しか投稿していないのに気がつきました。

カメムシ類の写真そのものは
ずいぶん撮っているのですが、
なんやかんやで載せそびれていました。

これは、いかん!
自称カメムシ国親善大使の名が
廃るではありませんか!

ということで、今日見つけた
カメムシくん3種を載せますね(*v_v)o

もっとも、これから冬になって他の昆虫類の姿がなくなると、
成虫越冬のカメムシ類が目立つようになってくるので、
冬場はカメムシネタが増えるかもしれませんけどね(^-^;)


マルカメムシ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※マルカメムシファンの皆さんは、
クズのつるを観察してみよう!

わりと高い確率で、ぎっしり群がる
マルカメムシくんたちをゲットできます。
今秋は、家の壁とかでやたらマルカメムシを見るのですが、
例年よりも発生数が多めなのかな?


シラホシカメムシ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※この仲間は、外見がよく似た種が何種類かいるため、
見分け難易度は高めです。この子は頭に何もつかない
シラホシカメムシで良いと思います。


ブチヒゲカメムシ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※夏から秋にかけてごくごく普通に見かける
おしゃれな色彩のカメムシです。

この子も成虫越冬のはずですが、
他のカメムシ類とちがって、
冬はなかなか遭遇しないんですよねぇ…。

| | コメント (3)

ヤナギタデの紅葉

ヤナギタデの草もみじが
とても鮮やかでした…(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

11月に入りましたね☆

朝晩は寒いくらいになって、
朝露や朝霧も頻繁に出現するようになってきました。

さすがに、まだ霜が降りるほどではありませんけどね。

でも、過去にわぴちゃんが自宅近くで
確認した初霜の記録では、

2012年…11月16日
2011年…11月16日
2010年…11月5日
2009年…11月4日
2008年…11月20日

…という感じなので、
もうまもなく、このブログで
初霜の記事を扱うことになるのかな?
とも思っています。

霜や氷の季節が近づくのは楽しみですが、
その一方でアレも近づくわけですね(^-^;)

じつは、今日買い出しに行った先で…。
とうとう、クリス○スツリーの姿を発見(/||| ̄▽)/

ついに、アレの季節が近づいてきたか…(/||| ̄▽)/

わぴちゃん、以前ブログに書いたとおり、
プライベートでいろんなことがあって、
完全に自分に自信をなくしてしまい、
本格的な心身不調に陥っています…(>ω<。)

わぴちゃんは、毎年、クリス○スを
必死な思いで耐え抜いてますが、
今年はすでに気力体力がほとんどゼロなので、
無事年を越せるかが非常に不安です…(^-^;)

| | コメント (6)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »