« ハナアブ類3種☆ | トップページ | 初霜です☆(2013年) »

反薄明光線

今日は、午前中は、
ぽかぽかとおだやかな陽気でしたが、
午後に入って天気が急変しました。

13時半頃から、どす黒い雲が増えはじめ、
みるみるうちに気温が下がって
寒いくらいになりました。

14時頃には、にわか雨となり、
一時的に氷あられも降りました。

雨は1時間くらいであがり、
その後は急速に晴れました。

これは、強い寒気が南下する際に
しばしば見られる天気の流れです。

にわか雨のあとは、
北風が強まり、気温も一気に下がります。

雨あがりに、反薄明光線という
やや珍しい現象を見ることができたので、
その写真を載せておきますね(*v_v)o

反薄明光線は、光や影のすじが、
太陽と反対側にまで長くのびて、
地平線の1点に収束して見える現象です。

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


典型的な場合、
太陽側にある雲からのびる影が
長くのびて反対側の地平線に達する形になります。

ただ、今回の反薄明光線は、
ちょっと変わり種パターンですね。
太陽と反対側にある雲の列からのびる影のすじが、
そのまま地面の1点へと収束していました。

« ハナアブ類3種☆ | トップページ | 初霜です☆(2013年) »

*ハロ・光学現象*」カテゴリの記事

コメント

わぴちゃんの後頭部が写っているね。
太陽の光が直線で平行だというのが理解しづらくて、まっすぐな線路。
二本の線路が向こうの点から足元に広がって両脇に。
後ろを振り向くと、また両脇から向こうで点に集束される。
そんなものと理解した。
こりゃそれだね。

このところ外で自然に触れる機会が少なくて,大好きな反薄明光線にも出会えていなかったから,わぴちゃんブログで出会えてうれしい。

我が家の周辺は反薄明光線(と薄明光線)を観察しやすいスポットがあって,「今日は会えるかな」と,そこに行くのが楽しみなのです。

幻日もそこで初めて出会えたので,お気に入りスポットです。
そこに住みたいくらい…。

◆ポンチさん

ポンチさん、こんばんは☆

( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

まさに仰る通りなのですにゃ。

空は地上から観察している限りでは、
平面のように見えてしまうけど、
実際は3次元の立体空間として
とらえなければならないから難しいですよね。

あと、地球が丸いというのも
日常生活では忘れがちだけど、
空の表情の中には、それがしっかりと
反映されている現象も多々あります。

◆hal-coさん

hal-coさん、こんばんは☆

反薄明光線は、わぴちゃんも、
すごくひさしぶりに見ました☆

観察しやすいスポット、良いなぁ(*´▽`*)

もしかして、全方位
見通しの良い場所…なのかな?

この記事へのコメントは終了しました。

« ハナアブ類3種☆ | トップページ | 初霜です☆(2013年) »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ