« タンポポ探し-東北編- | トップページ | てふてふ3種 »

センダイタンポポ(Taraxacum sendaicum)

昨日、仙台市内で
タンポポを見ていたのですが…。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

(・_・*)にゃ?

東北地方にこんなタンポポ
あって良かったんだっけ?

エゾタンポポとはちがい、
総苞外片にはっきりと突起があります。
カントウタンポポにそっくりです。

帰宅後、手持ちの文献で調べたところ、
これがセンダイタンポポ(Taraxacum sendaicum)と
呼ばれるものだと判明しました。

原色日本植物図鑑(保育社)から
センダイタンポポの特徴を抜粋すると、
----------------
・総苞外片は内片の2/3に達する
・総苞片には中位の小角凸起がある。
・開花時の花茎の長さ ≧ 葉の長さ
・分布:宮城県
----------------
とのことです。

ちなみに、
「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)では、
センダイタンポポは、
埼玉県の安行付近から苗木とともに
移入されたという説を採用して、
カントウタンポポと同一種扱いをしています

|

« タンポポ探し-東北編- | トップページ | てふてふ3種 »

*マイナー植物*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タンポポ探し-東北編- | トップページ | てふてふ3種 »